kaikuramae19

やや雲が出ている青空ながら何処かいつもより青々とした天空に思えた、節気は立春を迎えたものの未だ冷え込みが続くそんな二月如月上旬の休日木曜日だった。

いつ樹@青梅出身の方が台東区蔵前に新店を2016年2月2日オープンさせたと知って気になるところとなり、開業まもなく夜閉店が不安定だけにそれならばと休日を利用して昼頃出掛けることにした。

渡なべ@高田馬場で修行した店主の伊藤真啓氏が2007年7月25日に福生市五ノ神の地で創業した、「らーめんいつ樹」出身店主の独立店になるこちらのようだ。

その青梅本店に三年ほどおられてから、2010年12月24日にオープンしたつけ麺五ノ神製作所にも半年ほどおられた方のようだ。

オープン当初は貝塩らーめんのみ提供して、もう一つの主力商品となる煮干しらーめんは、来週から提供して行く予定だそう。

kaikuramae02

kaikuramae03

kaikuramae05

そんなわけで好天で立春の日射しが街角にふり注ぐなか、都営地下鉄大江戸線などを利用して、久しぶりに台東区蔵前にやって来た。

少し歩けば隅田川が流れている周辺で、そこまで行けば東京スカイツリーも容易に眺めることが出来た。国際通りに出てしばし歩いて行くと、その通り沿いの蔵前小学校交差点そばでこちらが営業していた。

その店頭に到着すると、ネットや関連店のメルマガで知った方々だろう、店先のドアから七人の方が並んでいた。その後ろに就くと、程なくして数人がさらに来られて、オープンまもない新店らしくさらに列が伸びて行った。

開店して30分ほどした頃に到着しただけに先客がちょうど何人も帰って行く頃で、やはりこの時間帯が比較的スムーズに入店出来るベストな時間帯の一つと言えそう。

kaikuramae06

kaikuramae07

kaikuramae08

kaikuramae09

案の定そうしない内に入店出来て、券売機で予定通り味玉貝塩らーめんを選んで、サイドメニューも行くかとなってチャーシューご飯のボタンを連打することにした。

チケットを買い終えてその前で待っていると、食事が済んだ先客が帰って行き、その空いたカウンター席に促されてそこへ腰を下ろした。シンプルな内装でやや狭い店内ながら、狭すぎることも殺風景過ぎることもなく良い雰囲気があるこちらと言えた。

冒頭の方で先述したように本店で三年修業して、新宿タカシマヤ裏手のつけ麺五ノ神製作所に半年おられたそうだ。

たまに大久保周辺に位置する2013年7月8日オープンのらーめん五ノ神製作所にも、ヘルプで厨房に立っておられたらしい。ちなみにその関連店に2013年12月18日オープンの鮮魚らーめん五ノ神水産がある。

またいつ樹系と言うと、2009年9月19日にたま館でオープンして2010年7月20日から路面店としてオープンした煮干しらーめん青樹や、その青樹系列店で2014年12月23日本オープンの五丁目煮干しが思い出される。

なお2012年3月24日にカッパヌードルとしてオープンし、その7月から店名改称したカッパ64もやはりいつ樹出身店で、その2号店が2014年3月8日に完熟としてオープンしてその7月からカッパハウスとなっている。

さらには2009年5月30日オープンの極濃つけ麺ブンブンマル、青樹出身店主が2013年4月12日オープンさせた麺処いし川、2015年7月20日オープンの貝出汁しっぽりラーメン純子もその系統となるようだ。程なく到着。

kaikuramae10

kaikuramae11

kaikuramae12

kaikuramae13

kaikuramae14

kaikuramae15

それではと行かせて貰えば、干し貝柱や昆布に煮干しをバランスよく効かせた動物系スープだそうで、これまた素材の持ち味がシンプルに主張しながらも素晴らしい風合いで実にたまらないもの。具としてのるワカメがこうなると、何とも新鮮に感じるから不思議だ。

奥行きのある味わいにその持ち味が良く出ていて、チャーシューがこちらも低温調理のしっとりしたもので、麺は建物の二階にある製麺機械で国産小麦を利用して製麺したものらしくその極太縮れ麺がまた良かった。

先客とお店の方のやり取りで替玉も提供していることに気づいて、100円を差し出してお願いすると細麺であることを案内受けて承諾してその細麺も愉しんだが、もうその風情の違いのギャップに面白さがあった。

kaikuramae16

kaikuramae17

kaikuramae18

チャーシューご飯も実に泣ける美味しさで、後半になってから残ったスープを入れてオジヤ風にしてこれまた良かった。それだけに、気がつけば完食だった。

乾燥した貝柱を利用している案内に思わずなるほど唸るところで、それ由来の旨味が怒濤の如く押し寄せて感じられ、さすが中国四千年が産んだ食材と言うしかなかった。

いや、粉骨砕身の果てに生まれたような森羅万象の旨味ほとばしる感慨無量の味わいで、それは歓天喜地の美味しさと気宇壮大の果ての風情だけに何処か泰然自若としていてさすが意気軒昂の系統店と言うしかなかった。

kaikuramae20

kaikuramae01

★ 自家製麺 らーめん改 Homemade noodles Ra-men Kai

※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/ra_menkai

住所/東京都台東区蔵前4-20-10宮内ビル1階 TEL03-3864-6055 定休日/未定 営業時間/11:00~15:00中休17:30~スープ終了まで(21:00頃)
※アクセス
都営地下鉄蔵前駅下車。国際通り沿い蔵前小学校交差点そば。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m