naritaketokyo01

西高東低の北風がそよいで冷え冷えとした大気に青々とした空が広がり、注ぐ陽射しが小梅の小粒な白い花を照らしていた早春の二月如月上旬の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が街のネオンを瞬かせていた午後七時過ぎだった。

こちらのみそラーメンのカップ麺がエースコックよりファミリーマート限定で2016年1月26日から発売されたことを、つい先日勤務先の仕事仲間から聞いて思わずこちらの味噌ラーメンをまた食したくなってしまった。

そう言えば2010年8月13日にオープンしたそんな錦糸町店のこちらに、まだ訪れていなかっただけにそれならばと仕事帰り今回立ち寄ることにした次第だった。

弁慶で修業された方が1996年に津田沼店 を創業させて営業が始まったこちらで、その後に1997年に本八幡店 、1999年に千葉店 がオープンして行った。しかし昨年の2015年8月25日に、千葉店が諸般の事情により閉店してしまったようだ。

なおこちらがオープンした後はしばらく新しい店舗は開業していなかったが、2011年10月19日フランスパリ市内のオペラ地区に系列店がオープンして、2013年7月10日には名古屋市中区に栄店がさらにオープンしている。

naritaketokyo02

naritaketokyo03

naritaketokyo04

naritaketokyo05

そんなわけで錦糸町で途中下車して北口ロータリーの直ぐ傍で営業していたこちらの店頭へやって来た。道路の先には東京スカイツリーが、色を変えながら煌めいていた。

店先のガラス窓に様々な案内があり、その中には平日午後三時までの限定ランチセットとして、プラス150円で半ライスと餃子3ケが愉しめるインフォもあった。

naritaketokyo06

naritaketokyo07

naritaketokyo08

さっそく入店して行くと店内は半分以上のカウンター席が埋まって盛況なフロアが広がっていた。券売機の上には、先述した発売が始まって間もないカップ麺が紹介されていた。

それを横目にしながらも、みそラーメンのつもりで来たが「食欲を刺激するおすすめメニュー」と言う案内に、以前にも口にしたことがある特製辛旨みそらーめんを思わず選ぶことにした。

そしてサイドメニューも何かしら行くかとなって、餃子のボタンを連打した。それらのチケットを掴んで奥に進むと、中ほどの空席に促されてそこへ腰を下ろした。

背脂の量を聞かれて普通と言ったつもりだったが、言い方が悪かったみたいでギタギタで通ってしまったので普通と言い直してお願いした。

後続客が続いて活気が増す客席フロア。来月下旬頃に千葉店の移転営業店舗として、千葉市花見川区京葉道路の武石インターチェンジ周辺でこちらの新店がオープンする予定だそう。程なく到着。

naritaketokyo09

naritaketokyo10

naritaketokyo11

それではと行かせて貰えば、前半は辛旨ダレを溶かさず味噌らーめんとして愉しみ、怒涛の背脂に味噌のうま味が絡んで実にたまらないもの。やや太めの中太麺の風情がまた素晴らしかった。

後半はトマトソースシフトの赤いタレを、それはしっかりと掻き交ぜてから、その味わいの変化を愉しんで行った。それほど辛いと言うこともなく、むしろトマトの酸味が強めに感じられた。

naritaketokyo12

naritaketokyo13

餃子の風情もそれは素敵なもので、それだけに気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に泣ける風合いで、間違いなく途轍もなく確実に猛烈に明確に名実にとっても良かった。

naritaketokyo14

naritaketokyo15

★ こってりらーめん なりたけTOKYO 錦糸町店

住所/東京都墨田区錦糸3-3-2  TEL非公開 定休日/水曜日 営業時間/11:00~翌3:00
※アクセス
JR総武線錦糸町駅北口下車。北口ロータリー奥左寄りの横断歩道を渡って前方の道路を進んで程ない右側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m