onisobafujiya01

春の足音がひたひたと聞こえて来るように、青い表層から小鳥のさえずりが聞こえて、天空からの目映ゆい陽射しがまた煌めいていた二月如月半ばの水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が街灯に据えられたフラッグを揺らし、街角のネオンを揺らめかせていたそんな午後七時過ぎだった。

物真似タレントで知られる人気芸人でラーメニストでもある、HEY!たくちゃんが手掛けるラーメン店が、渋谷センター街に2012年9月29日オープンしてそこは以前からかなり気になっていた。

しかしながら続く新店オープンに、老舗中華店への訪問もあったりして、未だその訪問が実現していなかった。北海道のホタテを出汁に使用した、芳香な面持ちが素敵らしい鬼塩ラーメンが人気だそう。

本名を藤谷拓廊と言われるらしく出身地は北海道小樽市のようで、特技は東京整体専門学院卒だけに整体になるそうで、2007年2月まで高円寺の接骨院に勤務されていたと言う。

2006年3月22日放送の日本テレビ系列番組「ものまねバトル」の「ものまねスター誕生」での優勝をきっかけに芸人の道に進まれたようだ。

2007年頃から始めた、顔のアゴでの物真似でブレイク。その後多くのテレビやラジオの番組に出演するようになったらしい。

ここのところ通勤帰宅時に遠回りして、山手線沿線の駅で途中下車してラーメン店を訪ねているが、そう言えばとなって今回こちらへ立ち寄って見ることにした。

なおこれまで勤務先の吉祥寺から新宿まで中央線快速電車に乗車したが、総武線緩行電車を利用した方が新宿駅でスムーズに乗り換えられることに気づいた。

onisobafujiya02

onisobafujiya03

onisobafujiya04

onisobafujiya05

onisobafujiya06

そんなわけで新宿で下りると、山手線内回り電車と同じプラットホームで、階段さえも使わず即来た電車に乗って渋谷で下車。

駅前スクランブル交差点を渡り渋谷センター街を進んで行き、二つ目の十字路右手前にあるこちらが入るビルの前にやって来た。

到着してから気がついたが、1階が金伝丸 で2階が味源熊祭 のビルで、その3階には2016年1月5日にオープンしたばかりの天辛なるラーメン店が営業していた。

ビルの奥にあったエレベーターに乗ると、そのエレベーター内にこちらの大きなポスターが貼られていた。

五階の行き先階ボタンを押すとドアが閉まり、到着してエレベーターのドアが開くと目の前にこちらの入口があった。営業中と知るされた札には、HEY!たくちゃんは外出中と案内されていた。

そして佐野実氏の最後の弟子とも言われている藤谷拓廊氏だけに、その関連店の案内などがそこに散見された。そう言えば以前はテレビなどで、佐野実氏の真似をした姿をよく見掛けたものだ。

onisobafujiya07

onisobafujiya08

onisobafujiya09

onisobafujiya10

さっそく入店して行くと、券売機の無いそんな客席フロアが広がるこちらだった。たまたまだろう、先客の居ない静かな店内だった。

入口傍の壁面に据え付けられたカウンターの席に促されて、そこに腰を降ろしてテーブルに置かれたメニューリストを見てさてどうするかとなった。

やはり鬼塩ラーメンで行こうとなって、そのチャーシューメンにするかとも思ったが、つるっと旨い肉ワンタンと添え書きがされていた鬼塩ワンタンラーメンを選ぶことにした。

そしてサイドメニューを行くかとなってキムチの辛味と肉汁旨味と添え書きされていた、鬼塩キムチチャーシュー丼が旨そうだったのでそれもお願いすることにした。

東京ラーメンショー2011のバトプリ選手権優勝、2012年のテレビ朝日「ぷっすま」芸能人おもてなし選手権準優勝、芸人HEY!たくちゃんの店、と言うことらしい。

目の前には新聞記事や表彰状などそうした関係のものが色々と貼られ飾ってあった。

また右手奥の白い壁面には、迫力のある筆で描かれた墨絵が貼られていた。その上には多くのサイン色紙が飾られてあった。程なく到着。

onisobafujiya11

onisobafujiya15

onisobafujiya12

onisobafujiya13

onisobafujiya14

onisobafujiya16

それではと行かせて貰えば、これがなかなかの持ち味が実にたまらないもの。魅惑感がある芳醇な塩スープで、中太気味の麺がまたかなり素晴らしかった。

店内の案内に寄れば、干貝柱・鯖節・枕崎鰹節・羅臼昆布・長崎焼アゴ・雪塩・麹塩・沖縄塩・アンデス紅塩・モンゴル塩・小笠原塩等の食材が利用されている塩ラーメンだそう。

日によってスープを変えているこちらだそうで、本日は豚と鶏による動物スープで提供していることを教えてくれた。

そして鬼塩キムチチャーシュー丼が、これまた絶妙の泣ける風合いのもので、それだけに気がつけば完食だった。

お聞きするとHEY!たくちゃんは結構来られて厨房に立つそうで、週に三日から四日来られて一日中いる時もあるそうだ。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく怒涛のインパクトある風情のもので、確実に猛烈に明確に名実に、もう何処までも途轍もなく素晴らしく良かった。

onisobafujiya17

onisobafujiya18

onisobafujiya19

★ 塩ラーメン 鬼そば藤谷 - Fujiya -

※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/heytakuchan2

住所/東京都渋谷区宇田川町24-6 渋ビルヂング5階 TEL03-5428-0821 定休日/木曜日 営業時間/11:30~15:00中休17:00~22:00
※アクセス
JR山手線渋谷駅ハチ公改札下車。駅前スクランブル交差点を渡り渋谷センター街を入って行き、二つ目の十字路右手前にあるビルの五階にエレベーターで上がり降りたら目の前に入口あり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m