nakagawakaihonten01

朝方は青空さえ見えて陽射しも注ぐもののネットの天気予報サイトを開けば、これから一日中雨が降る予報が出ていた二月如月後半の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、予報通りの雨が日暮れても滴り続けていた、節気の雨水が過ぎたことを思わせたそんな午後七時過ぎだった。

2011年4月19日に江東区住吉で開業したこちらのようで、以前はサラリーマンをされていた店主らしく、独学で編み出したスープは二口コンロで開発したものらしい。

麺屋頂中川會なる曳舟店が2012年9月8日に、麺屋神中川會なる神保町店が2013年10月13日に、これまで直営店をそれぞれオープンさせて来たらしい。

そんなこちらの1号店となる住吉で営業していた本店を五年に及んだ営業をつい先日の2月17日に終了させて、昨日の2016年2月19日から錦糸町駅南口の周辺に移転させてリニューアルオープンを果たしたらしい。

その定評ある人気のメニューは、豚ガラ・鶏ガラ・牛ガラ・宗田節・かつお節・昆布・野菜・フルーツ類をバランスを考慮して投入し27時間以上かけて作る、マイルドでクリーミーな仕上げ感が好評らしい魚介鶏豚骨スープを、人気製麺所浅草開化楼の特注極太麺で愉しむ濃厚魚介つけ麺だそう。

そしてオプションでつけ麺のラストに愉しむ、カレーパウダーで残ったつけ汁をカレールーに変貌させて、ライスに絡めて食すカレ変ライスが人気となっているようだ。

昨秋開催された大つけ麺博2015では、第三陣つけ麺軍の人気店の一店として参加されており、それだけに気になるつけ麺店となっていた。

通勤途中駅の錦糸町からほど近い場所で夜10時まで営業しているのであればと、オープン初日は混雑するだろからと回避して、一日おいてさっそく仕事帰り立ち寄ることにした。

nakagawakaihonten20

nakagawakaihonten03

nakagawakaihonten04

そんなわけでまた錦糸町駅に降り立ち南口側へ降り立った。そこを左手に進んで前方の横断歩道を渡って行く。地図を見ると楽天地ビルの裏手にあるこちらで、それならばその中央通路を入って通り抜けるかとなるもの。

通り抜け出てそのままその前方の道路を直進して行くと、突き当たりの左斜め前方にオープンしたばかりのこちらが佇んでいた。

土曜日の夜の雨そぼ降る界隈で、天気予報が場合によっては大雨が懸念されていることを伝えていた所為か、外を出歩く人も比較的少なめで店頭に到着すると特に混雑していることもなかった。

nakagawakaihonten05

nakagawakaihonten07

nakagawakaihonten08

nakagawakaihonten09

nakagawakaihonten19

入店して行くと右手に券売機が設置されており、その前に立って予定通り予め考えていた濃厚魚介つけ麺を選んで、さらに特製トッピング①と件のカレ変ライスのボタンを連打した。

そして一番奥にある厨房前のカウンター席に、腰掛けながらチケットをお店の方に手渡した。お聞きすると残念ながら、店主もその奥様も御不在だった。

本日は限定提供の曜日らしく特製トッピングのチャーシューが、なんとレアチャーシューにすることが出来るそうで、そこはそれならば是非ともとなってお願いすることにした。

ちなみに昨年の2015年4月1日から改名した不死鳥カラス氏が考案した、そんな小麦粉を利用して餃子の皮を作り上げたこちらの自家製餃子らしい。程なく到着。

nakagawakaihonten10

nakagawakaihonten11

nakagawakaihonten12

nakagawakaihonten13

nakagawakaihonten14

nakagawakaihonten15

nakagawakaihonten16

nakagawakaihonten17

nakagawakaihonten18

それではと行かせて貰えば、なるほどこれはなかなかの持ち味が実に素晴らしくたまらないもの。つけ汁の中にも大きな煮豚チャーシューが入ってそれも実に美味しかった。

何とも瀞み豊かな魚介鶏豚骨のつけ汁で、それをくゆらす麺は浅草開化楼の特注極太麺だけに悪いわけがなく、怒涛の風情に只々圧倒されるしかなかった。

レアチャーシューがこれまた泣ける風合いで鶏チャーシューもしっとりしており、味玉の半熟加減の風情も素敵でそれだけに瞬く間に麺が消えて行った。

そこでカレ変ライスのチケットと共にスープが残った椀を差し出して、それを希望すると程なくガラムマサラを効かせたようなスープが戻って来た。

一緒に来たご飯を入れて口にすれば、カレー好きにはたまらない味わいがなるほど実に良かった。それだけに、気がつけば完食。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、怒涛の如く果てなく泣ける持ち味で、猛烈に激烈に熱烈に明確に名実に的確に明瞭に確かに素晴らしかった。

nakagawakaihonten21

★ 麺屋中川會 錦糸町本店

※公式サイト~http://menyanakagawakai.info/
※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/kaidai11

住所/東京都墨田区江東橋4-30-15 三成ビル1階 TEL03-6240-2440 定休日/無休 営業時間/11:30~15:00中休18:00~22:00
※アクセス
JR錦糸町駅南口下車。南口を出たら左手に進んで前方の横断歩道を渡り楽天地ビルの中央通路を入って行く。通り抜け出たらそのまま道路を直進して、突き当たりの左斜め前方にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m