iyasaka01

遥かに広がる蒼い表層からそよぐ夜風は手がかじかむほどに冷え込んで、今日は寒気が強まって関東地方でも降雪が見られそんなネットのニュースを開けて見ていた、冬めく二月如月下旬休日25日木曜日の夜の帳が下りた午後七時過ぎだった。

夜のみ営業して煮干しラーメンを提供しているラーメン店が新京成線みのり台駅の周辺に2016年2月1日オープンしたようで、実はここしばらくいつ頃訪ねるかそのタイミングを図っていたここ数日だった。

何度かその訪問を試みようとすると仕事が残業になったり、ツィッターに営業していない情報が何度か書き込まれていたりだった。そんなわけで今夜ならば大丈夫だろうと、出掛けることにした。

iyasaka02

iyasaka03

iyasaka04

と言うことで、日暮れてから自宅を出発。東松戸から武蔵野電車に乗りこちらへ向かった。新八柱で新京成電車に乗り換え、みのり台へ久しぶりやって来た。

改札口を出て目の前の踏切り道路を右手に進んで行く。程ない十字路を右折して、少し歩いた一つ目の右路地を入って行くと、間もない炭火焼きしちりんの手前左側に風情も良く佇んでいた。

iyasaka05

iyasaka06

iyasaka07

さっそく入店して行くと比較的広い店内で、厨房には体格の良い成田店主らしき方がおられ、先客一人が奥寄りの方でラーメンを啜っていた。

右手に券売機が設けられていたので、その前にさりげなく立つ。ふと見ると入口付近の直ぐ傍に、勇壮な弘前ねぷたと青森ねぶたの大判観光ポスターが貼られてあったのが目に入った。

そして店舗右手の壁面にも奥までびっしりと、同様に大判サイズの観光ポスターが貼られて青森色を強めたフロアとなっていた。

ともあれ券売機を見るとメインメニューは、にぼしそば・とろにぼ・支那そばのようで、中濃ニボに弥栄式味噌と記述されたボタンもあったが、それらは押せないようになっていた

セメント色っぽい濃厚煮干しは、とろにぼなのか店主にお聞きすると、それは確かにとろにぼではあるが、煮干しをより利用しているのはにぼしそばであることを教えてくれた。

そうお聞きするとそちらがかなり気になってしまったが、やはりこっちで行くかととろにぼを選ぶことにした。なお支那そばの方は、煮干しを利かせていないそうだ。

そしてチャーシュー・味玉・ネギと添え書きされた全部入りなるボタンがあったので、思わず小ライスのボタンと共に連打した。なお券売機の上には、極彩色のねぶた絵と従業員募集の貼紙があった。

先客の手前のカウンター席に腰掛けて、店主にチケットを手渡した。営業時間についてお聞きすると、従業員募集中で良い方が来れば、直ぐにでも昼営業を始めたいそうだった。

世間話しに花が咲く店内となった。ラーメン店での修業経験はないそうで、全て独学で開発したラーメンだそう。長い間外食店におられた方のようだった。

途中取引業者の方が来られて、入口の弘前ねぷたのポスターが気に入っている様子だった。程なく到着。

iyasaka08

iyasaka09

iyasaka10

iyasaka11

iyasaka12

iyasaka13

それではと行かせて貰えば、もう絶大に素敵な味わいが実にたまらないもの。菅野製麺所の中細麺も良い風合いで、紅色麗しい低温調理チャーシューがこれまた良かった。

濃厚煮干しスープは煮詰めている所為だからなのだろう、かなり量が少なめで瀞みもあってやはり後半前から和えそば状態で食す感じだった。

全部入りの分は別皿で来ていて、そちらは後で濃厚煮干しスープを絡めて小ライスに乗せて愉しんだ。

それを食し終えてまだ行けるかとなって、こうなればにぼしそばも行くかとなって券売機でチケットを買い足して店主に手渡した。

その頃になると後続客が何人か来ていて、店主の以前の仕事仲間らしき方々も来られている様子だった。

そんなやり取りを隣りで聞いていると、以前おられた外食店は比較的大きい企業のようで、店長経験もあるこちらの店主のようだった。にぼしそばが、程なくしてやって来た。

iyasaka14

iyasaka15

iyasaka16

iyasaka17

色鮮やかな麩が入っており、お聞きすると青森県黒石市ご出身の店主らしく、その地元のラーメンには一般的な具として入っているのだそう。

それではとそちらも行かせて貰えば、これまた風情も豊かな味わいが実にたまらないもの。

青森清湯醤油系の煮干しラーメンだそうで、スープは鶏がらベースで豚骨も入れて炊いたものだそう。それにしても奥行きのあるスープが何ともいい方向性でかなり良かった。

こちらのイチ押しのラーメンは、この青森系のにぼしそばになるそうだ。周囲を取り囲んでいた青森の観光ポスターが、そのことを物語っているようだった。気がつけば完食。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく怒涛の如く猛烈に素晴らしく、質実剛健で純情可憐な新進気鋭の拍手喝采したい眉目秀麗で不言実行の煮干し系ラーメンと言うしかなかった。

iyasaka18

iyasaka19

★ にぼしそば 麺屋弥栄 (イヤサカ)

※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/menya_iyasaka
※公式Facebook~https://www.facebook.com/menyaiyasaka/

住所/千葉県松戸市松戸新田573 TEL047-331-6622 定休日/不定休 営業時間/18:00~24:00
※アクセス
新京成線みのり台駅下車。踏切り道路を右手に進んで行き程ない十字路を右折して、少し歩いた一つ目の右路地を入って間もない左側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m