shiotaizen01

白んだ青空から注ぐ陽射しが紅い寒椿の花を照らしていた、寒気が緩んでやや春めく二月如月下旬28日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、やはりそれほどの冷え込みを感じない、そんな午後七時過ぎだった。

昨日はムジャキフーズさんが運営する浅草橋新店 を訪れたものだが、そちらで利用される麺は店頭の麺箱でカネジン食品さんであることが判った。

よく麻生製麺の麺箱を見ていただけに、それを見てあながち麻生さんだからムジャキさんとは限らないことが理解出来たものだった。

麻生製麺さんと言えば、2012年8月25日オープンした豚骨醤油ラーメン太善 が、昨年の2015年11月2日しおらーめん塩たいぜんへリニューアルして気になっていた。

そこで今夜こそとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。2009年3月設立された株式会社GRAST なる企業が運営しているこちらだそう。

完全手作りラーメンをウリにしている企業で、当初委託業務でラーメン店を運営していた経緯がある企業らしかった。思わず豚骨醤油ラーメン太善が、かごしまラーメン我流風 の閉店した跡地にオープンしたことを思い出した。

直営第1号店は2010年5月1日竹ノ塚にオープンした、わんたんめんの店しお福だそう。その後、2010年7月16日に熟成味噌タンメン蔵味噌屋@北千住、2011年7月13日に手作りの味噌らーめん味噌樽@豊洲、2011年7月14日塩らーめんしお丸@新橋がオープンしている。

さらに2012年4月1日竹ノ塚で営業していたしお福が、味噌らーめんと中華てつまるにリニューアルした。そして2013年10月10日わんたんめんの店しお福が、竹ノ塚から新橋へ移転してリ・スタートしたようだ。

昨年もさらに新店がスタートしており、まんぷく商店@錦糸町が2015年8月21日に、北海道らーめんみそ熊@王子が2015年9月21日に、味噌らーめんの店しなり丸@八丁堀が2015年10月25日にオープンしている。

ネットでさらに追って見ると、どうやら昨年10月池袋にオープン予定の北海道らーめん竜王軒なるラーメン店の開業が遅れているようで、こちらが運営する企業の次なる新店はそちらとなるところだろうか。

shiotaizen02

shiotaizen03

shiotaizen04

そんなわけで秋葉原でまた途中下車して、昭和通り口の改札を通り抜けて直ぐ傍の横断歩道前に立つ。

信号が青に変わったのでそこを横断して行き、高架線の左手側道を入って行くと程ない左側で風情良く営業していたこちらだった。

shiotaizen05

shiotaizen06

shiotaizen07

さっそく入店して行くとお店の方々の挨拶に出迎えられ、右手に券売機があったのでその前に立ち尽くした。そこでラーメンは味玉塩らーめんを選んで、チャーシューを多めにするかとチャーシュー増しに半チャーハンも行ってしまえとそれらのボタンを連打した。

振り返るとお店の方がこちらでも待ち受けていて、チケットをその方に手渡しつつ、中ほどのカウンター席に腰掛けさせて頂いた。すると厨房の中に一人だけいる方にオーダー内容が伝わって、ラーメンが手早く出来上がり程なく目の前にやって来た。

shiotaizen08

shiotaizen09

shiotaizen10

shiotaizen11

shiotaizen12

shiotaizen13

shiotaizen14

shiotaizen15

それではと行かせて貰えば、あっさりした風合いで透明感のあるスープに、やや手もみしたような細麺が泳ぐラーメンで、適度な味わいの面持ちがとても優雅に映るもので実に良かった。

チャーシューや味玉も美味しく、程なくしてやって来た半チャーハンも素敵だった。

後半になってから卓上にあった様々な調味料や加工食材を投入して、そんな風にして愉しませる戦略のこちらで、とろろ昆布やエシャロットを素揚げした揚げネギに魚粉等を入れ満足感を押し上げるサービスと言えた。

鶏ガラベースのスープにサバ節を効かせた味わいのスープは、あっさりしながらも良く麺に絡んで実にとても素晴らしかった。それだけに、気がつけば完食だった。

麻生製麺さんの麺を使うこちらながら、どうやらムジャキフーズさんとは無関係のようだった。ともあれこちらのラーメンもなかなかの出来栄えで、明確に名実に的確に絶妙でとても良かった。

shiotaizen16

★ しおらーめん 塩たいぜん

※企業公式サイト~http://www.grast2009.co.jp/

住所/東京都千代田区神田平河町4-8 平河町山崎ビル1階 TEL03-3865-1224 定休日/無休 営業時間/11:00~翌5:00 ※日曜のみ0~22:30
※アクセス
JR秋葉原駅昭和通り口下車。前方の昭和通り横断歩道を渡って高架線左手側道を進んで行き程ない左側にあり。