niboshiitto01

白く霞んだ青空から目を下ろせば建ち並ぶ遠くのビルも白く霞んで、春霞に包まれた街に朝方らしい淡い陽射しが煌めいていた三月弥生四日の金曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、やや冷え込むものの穏やかな心地よい夜風がそよぐ、そんな午後七時過ぎだった。

niboshiitto02

niboshiitto03

実は先月オープンしたばかりの麺喰屋澤NEW小岩店に仕事帰り立ち寄って見るかとなって、その店頭に立つと何とこれが残念ながら臨時休業中で、しばらくの間だけだろう休まれることが案内されていた。

それならばやむなしとなって、小岩駅周辺にも新店がオープンしているだけにそちらにするかとも考えたが、そう言えばこの一月にPARADE@都立大学を訪れて一燈出身の店主にお会いしてそう言えばとなっていた。

2015年10月16日オープン初日に訪れて細麺の淡麗煮干しつけ麺を食して、まもない10月27日に再度訪ねて太麺の濃厚煮干しつけ麺も愉しみ、濃厚煮干しラーメンが気になっていただけに、そこからそう遠くないその店頭へやって来た。

niboshiitto04

niboshiitto05

niboshiitto06

niboshiitto07

さっそく入店して行くと佐久間さんがネギを切っている最中で、ご挨拶しつつも券売機の前に立った。周囲に案内されていた今だけの限定が気になりながらも、特製極濃煮干しラーメンとハーフサイズ俺のフォアグラ丼を選んだ。

以前伺った際にあったメレンゲのボタンが無かったのでお聞きすると、その提供をオープンしてそうしない内にやめてしまったそうだ。

時間を掛けて膨らました割には、ちょっとした衝撃を与えただけで、しぼんでしまうことが続発したからだそうで、そんなやむを得ない事情が原因だったようだ。

少し遅れてから肉汁餃子3個のチケットも買い足した。後続客が続いてさらに盛況さが増して行くフロアながら、回転が良い所為か外に列が出来ることは無かった。程なく到着。

niboshiitto08

niboshiitto09

niboshiitto10

niboshiitto11

niboshiitto12

niboshiitto13

niboshiitto14

niboshiitto15

セメント色に鈍く光るそれは濃厚そうな、煮干しスープのラーメンがやって来た。それではと行かせて貰えば、その濃厚極まる煮干しスープの持ち味が、これまた素敵で実にたまらないもの。厚みのある角煮風のチャーシューがまた素晴らしくて泣けた。

やはりその元祖は煮干中華ソバイチカワさんらしく、そちらに端を発するセメント色の超濃厚煮干しそばだそう。

中太麺の風合いもかなり満足出来るもので、フォアグラ丼と肉汁餃子も大変に美味しく、それだけに気がつけば完食だった。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、怒涛の如く猛烈に素晴らしく、確実に名実に明確に明瞭に的確に何処までも良かった。

niboshiitto16

niboshiitto17

★ 煮干し中華そば一燈

※公式サイト~http://www.menya-itto.com/

ラーメン麺量~並130g・中180g・大230g/つけめん麺量~並200g・中300g・大400g

住所/東京都葛飾区新小岩1-23-7 TEL03-5879-5920 定休日/月曜日 営業時間/11:00~15:00中休18:00~23:00
※アクセス
JR総武線新小岩駅南口下車。ロータリー奥の道路を右手へ進んで行き二つ目の左路地を入り、その新小岩仲通り会商店街通りを50mほど歩いた右側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m