yarouakb01

ライトグレーに霞む青空から淡い陽射しが注いで、西高東低の寒気を北寄りの風が運んでいた、本格的な春が近づいては遠のくそんな三月弥生中旬の十二日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風がそよぐそんな午後七時過ぎだった。

土曜日だけに今夜もがっつりモードにスイッチが入りそれで何処かの二郎系となって、それならばまた秋葉原のこちらを訪ねて見るかとなって立ち寄ることにした。

2010年3月29日神田本店が開業して始まった野郎ラーメンさんで、株式会社Team86が運営する二郎系を標榜する人気店だ。これまでも秋葉原店以外の、何店かの系列店にも訪れている。

昨年の2015年8月に20店舗出店達成を記念して、三軒茶屋・恵比寿西口・中目黒から始まった新生野郎ラーメンらしく、そこで提供されている豚骨野郎が人気メニューになっているようだ。

大量の豚骨のみを使用したコクと旨味あるハイクラスなスープに、箸でも切れる柔らかく美味しいチャーシューとなったようで、大幅に改良した極太ちぢれ麺のコラボレーションでさらに素敵になったそうだ。

一度訪ねた秋葉原店 もどうやら今月初めの2016年3月1日からメニューを一新させたようで、公式サイトによれば「秋葉原店が新生野郎へ!」と言うことらしい。

yarouakb02

yarouakb03


昨年の12月に西武新宿駅前店で汁無しを食して以来の野郎ラーメンで、そんなわけで秋葉原で途中下車して2012年8月11日にオープンした秋葉原店のそんな店頭へやって来た。

店先には大量の煮干しから絞り出した、純生和風醤油味の煮干し野郎もラインナップに加わっていたビジュアルメニューがあった。

yarouakb04

yarouakb05

yarouakb06

yarouakb07

yarouakb08

yarouakb09

さっそく入店して行くと右手に直ぐ券売機が待ち受けていて、予定通り豚骨豚野郎のボタンを選んで、チケットを掴んで奥へ進むと階段前のカウンター席にお店の方から促されてそこへチケットを手渡しながら腰掛けた。

すると焼き野菜か茹で野菜が選べるそうで、秋葉原店は以前は焼き野菜オンリーだったが今月のスープ一新から茹で野菜も選べるようになったらしく、そこは焼き野菜でお願いすることにした。

なおスープ一新にともない、メガ豚野郎らーめんや子豚野郎らーめんに贅沢汁なしらーめんなど、平打ち麺全般の提供商品が終了になったそうだ。

これまでは豚骨と背ガラとモミジと豚足に数種類の野菜を、じっくり煮込んで抽出したエキスのスープだったそうだ。程なく到着。

yarouakb10

yarouakb11

yarouakb12

yarouakb13

yarouakb14

それではと行かせて貰えば、何とも瀞み豊かで味わい深い風情も素敵なスープが実にたまらないもの。なるほどあさひや謹製の極太ちぢれ麺もなかなかの風合いで、バラロールのチャーシューも正しく柔らかで良かった。

また一味唐辛子と黒胡椒を入れて喰らえば、これまたその素敵な風情ゆえに、手に持つ箸の速度が次第に高まって行った。

直ぐ傍の案内には、豚骨野郎の替え玉と煮干し野郎の花鰹茶漬けなる提供メニューが紹介されていて、今日の〆(シメ)はどちらでしょう?と追加オーダー誘っていた。

残ったスープに細麺の替え玉を入れて博多ラーメンが愉しめるような添え書きに、思わず百円玉を渡して麺カタメでお願いすることにした。

yarouakb15

yarouakb16

yarouakb17

yarouakb18

細麺の上に青ネギが散らされた皿が到着してスープに投入して口にすれば、なるほどかなり太さの違う麺の持ち味が愉しめて、後半になってから卓上のカレー粉を多めに入れて喰らえばこれまた素晴らしかった。

残ったカレー粉がたっぷり入った豚骨スープを何とかしようと味玉ごはんをさらにオーダー。来たそれにカレー豚骨スープを入れて口にすればもうその至福のひとときと言ったらなかった。

それだけに、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなくて、怒涛の如く猛烈至極に素晴らしく実に良かった。

yarouakb19

★ 野郎ラーメン 秋葉原店

※公式サイト~http://www.yaroramen.com/

住所/東京都千代田区外神田3-2-11  TEL03-5296-8690 定休日/年中無休 営業時間/11:00~22:00
※アクセス
JR秋葉原駅電気街口下車。中央通りを上野方面に進み、住友不動産秋葉原ビルの交差点を左折。一つ目の右路地を入ってその先の十字路の左奥にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m