soranoiro22

青い表層が何処までも青く澄み渡って、南寄りの風が昨日よりも気温を上げさせ、春分間近を実感させるそんな春うららかな三月弥生中旬休日の17日木曜日だった。

過日ネットをしていると、昨夏訪ねたソラノイロ2号店 であるソルト&マッシュルームが年明けまもない2016年2月5日に閉店して、2月24日それはひっそりと「素良 Umami Dashi Noodle」としてリニューアルオープンを果たしていたことに気づかされた。

提供されるラーメンは、最近のトレンドとなりつつある鶏と貝だしの醤油ラーメンらしい。瀬戸のもち豚チャーシューと天草大王の鶏チャーシューが乗っているらしい。貝はハマグリとアサリを5キロずつ利用していると言う。

宮崎千尋店主が普段おられる店舗となるらしく、俺のLIVEと言うことらしい。先日は店主不在により、スタッフの方による店舗の麺屋岩瀬として営業していたようだ。

そこでは一つのルールがあり、なんと撮影が店内のみならずラーメンまでもお断りしているらしい。おそらくかなり美味しいラーメンなのだろうが、そう聞くと不思議と興味が湧かないもので致し方ないところだ。

そうしている内に昨秋も訪ねた3号店の東京駅ソラノイロNIPPON で、そちら初の限定メニューが始まったことを知った。どうやら肉がたっぷりと入ったラーメンであるらしく、思わずそれならばと出掛けることにした。

その名もスタッフ高野のトリプルチャーシューmisoだそうで、牛豚鶏3種類のチャーシューが乗った味噌らーめんだそう。

soranoiro02

と言うわけで秋葉原に出て山手線に乗り換え東京に着いて店頭に立てば、悲しくも券売機のボタンが売り切れになっていてチケットが購入出来ないようになっていた。

もうすでに規定数量が出てしまったのかと店頭のお店の方にお聞きすると、これがなんと午後二時からの提供だそう。

腕時計を見れば午前11時半を過ぎたばかりで、40食限定の今月末までの限定らしく、東京ラーメンストリートで営業している話題店だけにやむを得ないところだった。

こうなれば別の提供メニューで行くか、それとも気になるオープンまもない他店に流れるかをそこで検討。そこで出た答えがご無沙汰している2度訪れた麹町本店 への訪問だった。

soranoiro03

soranoiro04

soranoiro05

そんなわけで有楽町に出て、そこから地下鉄有楽町線に乗り換えて麹町に到着。駅からそう遠くない、こちらの店頭にやって来た。

店頭には5人の方々が並んでいて、その後ろに就いて入店出来るのを待つ。素良のオープンを知らせる案内が、さりげなくガラス板に貼られていた。

そうしない内に列の先頭となって、男性スタッフに念のため撮影制限がないかお聞きするとそれは2号店のみだそうで、本店と3号店は自由に撮影して大丈夫であることを教えてくれた。

実はこちらの店頭で並んでいる際にそう遠くない2号店にも、この際だからやはり訪ねて見るかとも考えた。

しかしながらラーメン食べ歩きが趣味であると同時に中学時代から写真も趣味であり、これが同時に出来るからこそ続いているこのサイトだけに、やはりその気にはなれなかった。

soranoiro06

soranoiro07

soranoiro08

soranoiro09

程なく入店を促されて右手の券売機の前に立ち、予定通り未食の塩中華そばの特製仕様を選んで、やはりサイドメニューも選ぶかとなって、食べる野菜に数量限定の角煮丼のボタンを連打した。

ちなみにこちらでは岩塩で煮込んだ牛すじ肉などもトッピングされる、三陸わかめの牛白湯ラーメンと言う限定メニューが提供されていた。

今年のミシュランガイドブックにも紹介されたこちらで、券売機の上にそのアクリル製の表彰楯が昨年のものと一緒に並べられていた。振り返ると入口寄り奥のカウンター席に促されてそこへ腰掛けた。

ランチタイムもあって、なかなか盛況な店内。手元に提供メニューに関する蘊蓄インフォが「ソラノイロのこだわり」として用意されていた。程なく到着。

soranoiro11

soranoiro12

soranoiro13

soranoiro14

soranoiro15

それではと行かせて貰えば、そこはさすがソラノイロらしい独特な世界観が素晴らしい、こちらのラーメンと言えてもうかなり実にたまらないもの。

スープは熊本地鶏天草大王の鶏ガラ・モミジ・膝軟骨・ぼんじりと豚ゲンコツの動物系に、時間差でキャベツ・玉ネギ・人参などの香味野菜と片口鰯・昆布・鰹節の厚削りの魚介類を投入したものだそう。

塩だれは2種類の塩をブレンドして、活けムール貝を煮詰めて干しエビ・イタヤ貝・昆布・サバ節などの食材も利用したものらしい。

麺は2種類の二等粉をブレンドしてカリウムかん水を加水率40パーセントで練り上げた食感にこだわって仕上げたものだそうで、確かにその風合いの中太麺でしみじみと味わうしかなかった。

soranoiro16

soranoiro17

soranoiro18

soranoiro19

食べる野菜は大根の酢の物で風情の良さがこれまた光っていて、角煮はご飯の上に一つだけながらかなり大きいものでラーメン同様大いに泣ける持ち味だった。それだけに気がつけば完食だった。

いや、かなりとんでもなく絶大に素晴らしく、敢為邁往・千射万箭・外柔内剛・一意専心・気宇壮大な思いが見えて来る美味しさで、怒濤の如く途轍もなく猛烈に激烈に熾烈に良かった。

soranoiro21

★ ソラノイロ Japanese soup free style

公式サイト/http://soranoiro.towapla.jp/
店主ツィッター公式アカウント/https://twitter.com/miyachihi

住所/東京都千代田区平河町1-3-10 ブルービル本館1階 TEL03-3263-5460 定休日/土曜日 営業時間/11:00~15:30中休18:00~22:00LO ※日祝11:00~17:00 ※祝日はHappy Veggie Holiday!として営業
※アクセス
東京メトロ有楽町線麹町駅出口1下車。目の前の路地を右手に進んで行き、二つ目の十字路を左折して次の十字路を越えた右側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m