ganjyaseimen01

春の表層が桜の開花と共にその色合いが濃くなって行き、青空がそれに追従するように日射しを街角に燦々と注がせていた、そんな春めく三月弥生下旬二十九日の休日火曜日だった。

これまでも幾つかの関連店を訪れて来た、本川越駅前で営業している極太濃厚魚介豚骨つけ麺のパイオニア店と言える、国内屈指の人気つけめん店である頑者の系列店となるこちらのようだ。

最近ご無沙汰だったこともあり、その新店となる新たなブランド店の開業を知り、本日はそんなこちらへ出掛けることにした。

つい先日の2016年3月25日東武東上本線成増駅改札前にグランドオープンしたエキア成増のテナントの一店として、改札外の南口前にオープンしたこちらでスタバや成城石井などの18店舗と共にオープンした。

EQUiAと表記してエキアと読むこの商業施設は、東武鉄道による駅ナカ商業施設リニューアル事業によるものらしく、先行オープンした寿司店も入れると19店舗に及ぶ延べ床面積706坪の駅構内建物施設だそう。

そのコンセプトは「よりみちキッチン」らしく、工事完成後はさらなるサービス向上を図り、地域の拠点として相応しい駅に生まれ変わるそうだ。

そんな人気店の頑者について、良い機会なのでざっくりと触れておきたい。1985年創業の製麺所であるひかり食品と言う製麺所を営んでいた、そんな両親の兄弟が始めたラーメン店だそう。

長男の大橋英貴氏が川越市新富町の頑者店主で、次男の大橋友幸氏が川越市鹿飼のラーメンひかり店主で、どちらも2000年に相次いでオープンしている。

その後2005年川越市今成にUNDERGROUND RAMEN(2016年4月13日閉店予定)、2010年新横浜ラーメン博物館に出店(2014年9月23日卒業・ちなみにそこで限定も食している)、2010年川越市脇田町にメガガンジャ、2011年池袋にTOKYO UNDERGROUND RAMENがオープン。

さらに2013年大宮にUNDERGROUND RAMEN REMIX、2014年10月11日そのREMIX移転店としてUNDERGROUND RAMEN さいたま新都心店が開業。

昨年の2015年はGAJYARAMENブランドで、トレッサ横浜店と圏央道菖蒲PA店がそれぞれオープンしている。

ganjyaseimen02

ganjyaseimen03

ganjyaseimen04

ganjyaseimen05

ganjyaseimen06

そんなわけで秋葉原に出て京浜東北線快速電車と山手線電車を乗り継いで池袋まで行き、東武東上線のホームに上がると停車していた準急電車に乗車。

まもなく発車すると次停車駅が成増で、改札口を出るとリニューアルして装いも新たなコンコースが出迎えてくれた。エキア成増の1階に位置するこちらだが、橋上駅商業施設だけに改札口が1階となる。

右手の南口側に少し足を踏み出せば、右手に行列が出来ているこちらの店頭が待っていた。さっそく7~8人が並ぶ外列の後ろに就いて順番を待った。

ganjyaseimen07

ganjyaseimen08

ganjyaseimen09

ganjyaseimen10


しばらくすると先客が相次いで出て来られて、そうしないうちに列の先頭になって程なく券売機に促されてその前に立った。

事前に何にするか検討していただけに、カルボナーラまぜそばが気になりながらも予定通り特製背脂醤油つけめんを選んで、麺量が並盛250gと言う案内に重い麺だけに大盛400gで丁度いいくらいだろうと大盛券を連打。

この際だからとなって、さらにチャーシュー丼のボタンも連打することにした。振り返ると厨房右寄りのカウンター席に案内されて、チケットを手渡しながらそこに腰掛けた。

通常のつけめんやラーメンは頑者の代名詞である魚介豚骨スープを、中濃テイストにチューニングして仕上げたものだそうで、頑者本店の夕方をイメージしたスープとも形容していた。

濃厚でありながら頑者本店のようなキレも味わえる、そんないいとこ取りを目指した後引き間違いなしの一杯だそう。

目の前には大橋友幸氏らしきお姿が。普段なら間違いないか確認するところだが、大いなるオーラに黙るしかなかった。程なく到着。

ganjyaseimen12

ganjyaseimen13

ganjyaseimen14

ganjyaseimen15

ganjyaseimen16

ganjyaseimen17

それではと行かせて貰えば、もう止まらない堪らないやめられない、それはナイアガラの滝のような涙が怒濤の如く流れる美味しさ。

その背脂醤油のつけめんは通常仕様に対して、大橋兄弟が頑者創業前の20代の若き頃に川越市月吉町で営業していた、1993年に開業したガンジャラーメンなるラーメン店のスープを再現したものだそう。

言わば頑者ルーツの味とも言えるスープだそうで、豚骨清湯にたっぷりの背脂を投入していて、そのコクと甘さが旨味の相乗効果をもたらす正にそれは病みつきスープと言うしかないもの。

厳選国産小麦粉を使用して季節や気温・湿度で微妙に変化する仕上がりにも考慮している自家製麺で、川越自社工場で毎朝丹精込めて作り上げているそうだ。

この太麺の面持ちがまた宇宙創世の歴史が紐解かれるような素晴らしさで、その絶大なる風情・風合い・色合い・艶・コシ・喉越し・香り・風味・オーラ、どれもが満足極まるものだった。

チャーシューや味玉にネギやメンマ、どれ一つとっても、しみじみとした持ち味が揺るぎない風合いに昇天するしかなかった。

ganjyaseimen18

ganjyaseimen20

一味唐辛子と黒胡椒と共に味わっても素敵で、チャーシュー丼がまた猛涙もので、まぜそばのように崩して口にすれば更なる号泣となった。

スープ割りがまた美味しくラストにそれでオジヤにすれば、これまた良かった。それだけに、気がつけば完食。

いや、感慨無量・羽化登仙・欣喜雀躍・有頂天外の美味しさで、それはもう勇気凛々瑠璃の色となる素晴らしきつけめんと言えて、兎に角とんでもなく絶大に猛烈に素晴らしかった。

ganjyaseimen22

★ 頑者製麺所 エキア成増店

※公式サイト~http://www.ganja.co.jp/
※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/GanjaRamen?ref_src=twsrc%5Etfw
※麺量~つけめん並盛250g・大盛400g・特盛550g/ラーメン並盛150g・大盛250g

住所/東京都板橋区成増2-13-1 エキア成増 橋上1階 TEL03-5998-1180 定休日/無休 営業時間/11:00~23:00(22:30LO)
※アクセス
東武東上線成増駅下車。改札口を右手に出て改札外駅構内の程ない右手にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m