jinanboakb01

サクラ舞い散る時季となり木の根元に花びらの絨毯が見られるようになって、霞みがちながらも淡い青空からは爽やかな陽射しが注いでいた、春麗らかな四月卯月八日の金曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、春らしい穏やかな夜風がそよぐ、そんな午後七時過ぎだった。

秋葉原UDXアキバ・イチのリニューアルにともない、本日の2016年4月8日より秋葉原拉麺劇場と命名されたフードコート内に、ラーメン店が三軒がオープンするとして気になっていた。

ラーメン凪と揚州商人と共に未だ訪れたことのない、らーめん二男坊のこちらも一緒にオープンするとして、それならばと仕事帰りその初日に訪ねることにした。

福岡で2005年8月にカレーManMaを開業させた梅本二郎店主が2009年5月にオープンさせて、その年末の福岡ラーメン総選挙第一位受賞実績を持つ、福岡を中心に展開している博多豚骨ラーメン店だそう。

関東でも2013年3月28日に海老名店をオープンさせており、今年初頭の2016年1月11日まではお台場のラーメン国技館にもセカンドブランドの西江商店と共に出店していたようだ。

店名通り二男になる方が店主のようで、あっさりしてクリーミーで豚骨臭くない博多豚骨らーめんを提供しているらしい。

ちなみに武蔵小金井で営業しているらーめん次男坊は、たまぞうを継承する濃厚豚骨らーめんで、読み方は同じでも漢字が一文字だけ違い最初は思わずそちらなのかと思ってしまった。

jinanboakb02

jinanboakb03

jinanboakb04

jinanboakb05

jinanboakb06

jinanboakb07

そんなわけで帰りの通勤電車を秋葉原で途中下車して、電気街口を抜けて右手の広場に出て、前方のエスカレーターを上がって行った。

そしてスカイウォークを進んで行き、秋葉原UDX左手奥のアキバ・イチ入口を入りその一番奥側に歩いて行くと、フードコートの秋葉原拉麺劇場があった。

中央通り寄りにタッチパネル式の券売機が壮観に並ぶ入口で、そこで各店のチケットが全て購入出来るようになっていた。まず初期画面で3店舗の一つを選んで、今回こちらの店舗を選ぶとその提供メニューが出て来た。

そこで半熟煮玉子らーめんとチャーハンのセットメニューを選んで、ラーメンをチャーシュー増しにするかとなって追加トッピングからチャーシューを選択。

精算画面に進んで支払いを済ませると引換番号が記されたチケットが出て来て、それを手にしてフードコート内へ。

jinanboakb08

jinanboakb09

jinanboakb10

jinanboakb11

席を確保してそこで待機していると、調理中と調理完了のモニターがそれぞれ壁面に据え付けられており、出来上がると店名と番号がアナウンスされるスタイルとなっていた。

ふと見るとこちらの店舗には、替玉用の券売機が設けられていた。冷水は何処と思えば窓寄りのコインビールサーバーの左手に冷水機がありその右側面にある紙コップを取って冷水を注いで喉を潤した。

そう待たない内に調理中の画面に自分の番号が出て来て、それからまもなくして調理完了に番号が表示されアナウンスで店名と番号が呼ばれた。

店舗の前に行ってチケットを手渡し、券売機で注文したラーメンとチャーハンのセットメニューを受け取り、そこに用意されていた紅生姜を気まぐれでラーメンに乗せて確保した席に戻る。

jinanboakb12

jinanboakb13

jinanboakb14

jinanboakb15

jinanboakb16

jinanboakb17

それではとラーメンから行かせて貰えば、なるほどクリーミーでありながらもあっさりした風合いの博多豚骨らーめんで、なかなかの風情ある持ち味が実に素敵と言えた。

アキバ・イチの入口に豊華食品からこちら宛ての開店祝いのフラワースタンドが来ていただけに、細ストレートの麺はそちら謹製のものだろうか。この麺がまた良い風合いだった。

チャーシューも上質な豚ロース肉で実に美味しく煮玉子もいい感じで、チャーハンを口にすればこれが何とも言えない満足感に満たされこれまた素晴らしかった。それだけに、気がつけば完食。

目指したのは男性も満足、女性にも愛される、新しくてなじみ深い博多豚骨ラーメンと言うことらしい。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなくなく、怒涛の如く猛烈に途轍もなく確実に明確に明瞭に的確に何処までも実になかなかとっても良かった。

jinanboakb18

jinanboakb19

★ らーめん二男坊 秋葉原店

※公式サイト~http://r-jnb.jp/

住所/東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX アキバ・イチ2階秋葉原拉麺劇場内 TEL03-5295-2212 定休日/無休 営業時間/11:00~23:00
※アクセス
JR秋葉原駅電気街口下車。右手の広場に出て前方のエスカレーターを上がりスカイウォークを進んで行き、秋葉原UDX左手奥のアキバ・イチ入口を入りその一番奥側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m