shoshinatatsu01

穏やかな青空が朝方からたおやかに広がって、注ぐ陽射しはシルクイエローのような色合いに何処か夏空へシンクロしているように感じられた、民家の軒先に藤の花が垂れていた四月卯月十八日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、春らしい不安定な空模様に雨が降り出して、若葉濡れるそんな午後七時過ぎだった。

時に京急線品川駅高架下フードテーマパーク品達は、その正式名称は品達ラーメン麺達七人衆と言う。

その開業日は初日に訪れているだけに忘れもしない2004年12月1日で、何店かが今も営業していて何店かは入れ替わって来て今日に至っているようだ。

オープン初日だけでなくこれまで何度か足を運んだ品達だが2015年11月から耐震補強工事のため休業していたようで、この四月から各店の営業再開が始まったようだが、せたが屋だけまだ休業しており来月から再開する予定らしかった。

そんなフードテーマパークの品達だが、2016年4月25日京急線羽田空港国際線ターミナル駅の3階に、出張店と言う位置付けらしいその名も品達羽田がオープンする予定だそうで、せたが屋の系列店等が開業するらしい。

そうした品達に西新宿の人気ラーメン店麺屋翔 の2号店が、本日の2016年4月18日オープンするとして気になっていた。

しかしながらかなりの混雑が推測出来るだけに違う場所にするかと考えていたが、いざ仕事が終わって外に出て見ると雨が降っていたことも手伝ってやっぱり行くかとなった。

shoshinatatsu02

shoshinatatsu00

shoshinatatsu03

shoshinatatsu04

そんなわけでまた新宿で内回りの山手線電車に乗り換え、今夜は品川で下車して品達の敷地に久しぶりやって来た。

shoshinatatsu05

shoshinatatsu06

shoshinatatsu07

shoshinatatsu08

西新宿本店へ訪問した際に触れているようにかつて営業していた池袋ひかり町名作座で2004年2月3日に開業したひなのの跡地に2005年11月1日にオープンしたこちらだ。

北海道札幌ご出身の大橋望氏が店主のこちらで、10年ほど前に店主実姉の方が共同経営していたラーメン店ひなのに4年ほど修業でおられて、そこでラーメン作りを覚えて店長を歴任したこともあったそうだ。

2006年2月28日名作座閉館と共に一度閉店したが、2007年4月10日現在営業している西新宿の地で再出発を果たし、2011年2月27日放映の愛の貧乏脱出大作戦に出演した。

それ以降麺屋こうじグループの人気店として、良き先輩店主に見守られて営業していたこちらだった。


その営業手法はこれまでの品達で営業して来た店舗と違い、安定した提供を目指した結果から生じたものらしい昼夜で提供メニューが変わる、いわゆるニ毛作ビジネスによるスタイルの提供だそう。


開店時から夕方五時までは丸鶏と国産鶏ガラを贅沢に使用してじっくり時間を掛けて炊いた鶏清湯スープの香彩鶏だしの塩らーめんと醤油らーめんを提供。

そして夕方五時から閉店時間までは味噌らーめんで、その他に通し提供する丸鶏に鶏ガラやモミジと鶏油をたっぷり使用した濃厚鶏白湯スープを本店とは違う太麺で愉しめる鶏白湯つけ麺もラインナップしていた。

品達内で営業していた旭川ラーメンSaijo が残念ながら閉店してしまったそうで、その跡地にオープンしたようで大つけ麺博2015イベントにおいて第一位を受賞したことが謳われて店舗紹介がなされていた。

その店先に到着すると、やはり予想通り20人近い方々の行列が待ち受けていた。徐にその後ろに就くと、しばらくしてさらに続いた方々が先に並んだ方々と知り合い同志らしくやたら距離を置いて話し合っていた。

ともあれそう待たずに列が詰まって行き、30分ほどで先頭となって券売機でチケットを買うためその前に立った。

鶏白湯つけ麺が気になりながらも先述したように札幌出身の大橋店主だけに、夜限定とも言える味噌らーめんがそこは気になるもの。

それならとなってその特製仕様を選んでサイドメニューはやはりチャー丼かなと手を延ばせば、極豚飯と言う三文字の提供メニューにもはや今夜はそれしか考えられなかった。

shoshinatatsu09

shoshinatatsu10

程なく入店を促されて右手寄りのカウンター席に案内を受けてそこに腰を下ろすと、直ぐ傍に菅野製麺所の麺箱が見えたがどうやら複数の製麺所を利用するこちらのようだった。

厨房には八人ほどの方々がおられ忙しく立ち回っていて、ふと見ると左寄りの場所に店主と話し合う見覚えある後ろ姿に思わず声を掛けると、やはり中華蕎麦とみ田 の店主で思わず出筆された本ではないが、どうして人は開業初日の新店にこうも並んでしまうのかと思うしかなかった。

思わずまるでとみ田の店内にいるように、カウンターテーブルを挟んで世間話しに花を咲かせた店内だった。程なく到着。

shoshinatatsu11

shoshinatatsu12

shoshinatatsu13

shoshinatatsu15

shoshinatatsu16

shoshinatatsu17

先に極豚飯が来たのでそちらから行かせて貰えば、これが縦横無尽にとても素晴らしい絶妙な甘辛の味わいがたまらないもので、かなり良い豚肉に違いないとお聞きすると上州せせらぎポークと言う豚肉だそうでそれにしても美味しかった。

そして特製味噌らーめんが到着したので行かせて貰えば、猛烈至極の味わいに疾風怒涛の美味しさで、その持つ箸の速度が次第に高まるしかなかった。

米味噌・豆味噌・麦味噌の三種の味噌をブレンドした味噌だれを、鶏・豚・牛の旨味を余す事なく引き出した動物スープに合わせた、それは計り知れないこだわりの味噌らーめんと言えた。

豚チャーシューの冴え渡る旨味の素晴らしさに札幌味噌らしい持ち味が同化して思わず耳を澄ませば、恋の町札幌のメロディが聴こえて来そうなほどになかなかだった。

それだけに、気がつけば完食。思わずその素敵さから濃厚味噌スープを飲み干してしまい、完まく一丁と言いながら丼の底を店主に見せたらとてもウケてくれた。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、猛烈に怒涛の如く猛攻な風情がたまらなく良かった。

shoshinatatsu18

shoshinatatsu19

★ 麺屋 翔 品達店

※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/papamamatoget?lang=ja
住所/東京都港区高輪3-26-20  品達内 TEL03-6277-2521 定休日/無休 ※施設に準ずる 営業時間/11:00~23:00
※アクセス
JR品川駅高輪口下車。前方の第一京浜を左手に100mほど歩いた左側の京浜急行品川駅高架下フードテーマパーク品達内にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m