shimorenhimawari01

天色(あまいろ)の空から初夏に高原でそよぐような清々しい風が街を穏やかに駆け抜けて、清涼な笑みを浮かべるように爽快な日射しが煌めいていた、そんな五月皐月英語でメイの十二日休日木曜日だった。

現在改修工事のため7月15日まで長期休館中となっている三鷹の森ジプリ美術館の周辺に、本日オープンのラーメン店があるとネットで知り気になるところとなって出掛けることにした。

shimorenhimawari02

shimorenhimawari03

shimorenhimawari04

そんなわけで本日も休日ながら勤務地の吉祥寺まで出て、公園口の改札を抜けて前方の路地を入り井の頭通りへ。横断歩道を渡ってから右手に進み、吉祥寺駅南側バス乗り場へ。

その5番バス乗り場から小田急バス吉13系統である、杏林大学井の頭キャンパス行きに乗車。新緑の街路樹と左手に井の頭恩賜公園を見ながら、路線バスは吉祥寺通りをしばしひた走った。

次のバス停が日本無線前であることを告げるアナウンスに、ここかとなって降車ボタンを押した。そのバス停で降車して後方に100mほど駅に戻るように歩いて行くと、右手に開店祝いの花で埋まる本日が記念すべきオープン日となるこちらが営業していた。

shimorenhimawari05

shimorenhimawari06

shimorenhimawari07

shimorenhimawari08

shimorenhimawari09

さっそく入店して行くと、盛況なフロアが広がっていて、左手に券売機が設置されていた。どちらでも醤油と塩が選べる中華そばと煮干しそばがラインナップされていた。

単品追加トッピングも味玉・ネギにメンマ・チャーシューと用意されていて、そこにチャーシュー増しの味玉付きと解説する特製仕様も用意されていたので、こうなれば今回は鶏中華シフトを愉しむかとなった。

そこで特製中華そば醤油を選んで、唯一のサイドメニューである炊き込みご飯があったので、そのボタンを連打することに。

ほぼ満員の店内で少ない空いたカウンター席に、腰掛けながらもチケットを手渡してネットで気になって来たことを告げると快く迎えてくれた。

七日に関係者等でレセプションが行われたようで、先述したように本日の2016年5月12日から開業したこちらだ。券売機や席の周囲に様々な蘊蓄や案内が用意されていた。

中華そばは鳥取県銘柄鶏の大山鶏のガラとモミジでとった鶏100%のスープで、麺は全て三河屋製麺謹製の低加水極細ストレート麺だそうで、あっさりしながらもコクのある味わいの清湯鶏中華だそう。

またもう一つのメニューである煮干しそばは、九十九里産の脂が少ない片口イワシ・平子イワシ・鯵干しの煮干しをブレンドした煮干しスープだそうで、煮干しの旨味とほど良い苦みが合わさり優しく上品な味わいに仕上げているらしい。

お子様から御年配の方まで安心して召し上がって頂きたい思いから国産原料・化学調味料無添加のスープにこだわって、醤油ダレ・塩ダレ・チャーシューも全て国産・無添加の自家製で作り優しい味わいに仕上げたものだそう。

厨房とカウンターテーブルを仕切るカウンタトップには、フィンセント・ファン・ゴッホ作のひまわりの絵から抜け出たような花瓶に活けられたヒマワリがそれは鮮やかな面持ちで飾られていた。

女性店主のこちらで特に修行したラーメン店は無いそうで、独学で作り上げた提供メニューだそう。本日おられた旦那さんも外食店の店主らしく、周辺の三鷹台界隈で居酒屋を営んでいるそうだ。程なく到着。

shimorenhimawari10

shimorenhimawari11

shimorenhimawari12

shimorenhimawari13

shimorenhimawari14

shimorenhimawari15

ほんのりと紅みがかった低温調理チャーシューに味玉と共に穂先メンマ・白ネギがあしらわれて、その上にざく切りされた三つ葉が軽く添えられて何とも美しいビジュアルの中華そばがやって来た。

それではと行かせて貰えば、強い旨味と言うこともないそんなごまかしの効かないシンプルな風合いながら、それは実に絶妙で実に素敵なバランスと言えるもの。しっとりしたレアチャーシューがまた良かった。

普段から作られる手料理で鍛えたものだろう、これほどシンプルで、これほどしみじみとした心解れる美味しさを感じることが今まであったろうかと言う素晴らしさ。

全てが融合したその持ち味の素晴らしさは、途方もないどの長い歳月よりも、実に慈悲深い優しい風情を主張していた。

どの具材も手を抜くことなく丁寧に仕上げてあるもので、そのしみじみとした味わいが余すことなくそよ風のように舌の上を通り過ぎて行った。

shimorenhimawari16

shimorenhimawari17

帰る頃には提供を終えていた炊き込みごはんも、それは心揺れる絶大なる瑞々しい美味しさで、それだけに気がつけば完食だった。

冒頭で触れたように休館中となっている三鷹の森ジブリ美術館の周辺にオープンしたこちらで、もしかしたらトトログッズによく見受けられるヒマワリだけに、そんなところから名付けられたのかも知れない。

トトロやサツキにメイもこちらの無化調中華そばを口にしたら、きっと大泣きして喜ぶに違いないだろう。少しうるさそうだが…。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、猛烈に途徹もなく怒濤の如く素晴らしい美味しさで、どんな香美脆味・食前方丈の料理よりも満足出来た鶏醤油中華と言えて、感慨無量・歓天喜地の想いから大いに泣けた味わいで実に良かった。

shimorenhimawari18

shimorenhimawari19

★ 中華そば 向日葵 (ひまわり)

※公式ツィッター~https://twitter.com/c_himawari512
住所/東京都三鷹市下連雀1-4-19 TEL070-4199-8379 定休日/木・日・祝 営業時間/11:00~14:30 
※アクセス
JR吉祥寺駅公園口側前方の丸井前5番バス乗り場より小田急バス吉13系統・杏林大学井の頭キャンパス行きに乗車して日本無線前バス停で降車。後方に100mほど歩いた連雀通り添いの右側にあり。
     
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m