kagura01

青空を隠す灰色混じる雲が覆う空模様ながら、陽射しが時折り街にふり注いで咲き綻び出した紫陽花の花を鮮やかにして、午後から回復する予報となっていた五月皐月後半の二十日金曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば穏やかな夜風が街を行き来して、やや雲が出て白い月が見え隠れしていたそんな月夜の午後七時過ぎだった。

味の十番が営業している東中野ギンザ通り沿いに、肉が多めに乗る豚骨ラーメン店のこちらが月明けの2016年5月1日からオープンしたと知り、気になる所となっていてさっそく仕事帰り立ち寄ることにした。

kagura03

kagura04

kagura05

そんなわけで帰りの通勤電車を、また東中野で途中下車。西口改札を抜けて前方の山手通りに出て、やや右寄りの横断歩道を渡って行く。

そしてその前にある東中野銀座商店街の東中野ギンザ通りを進んで行き、300mほど歩いた頃だろうか比較的派手な外観となっていたこちらが営業していた。

kagura06

kagura07

kagura08

kagura09

kagura10

入店して行くと、こちらのフロアもまた、派手な面持ちになっていた。奥寄りに先客がおられたので、入口寄りのカウンター席に腰を下ろす。厨房には色々と教えて頂いた柴田店長さんと、もう一人の方がおられるこちらだった。

さて何を選ぶかとなって手元にあったメニューを手に取ると、豚骨ラーメン一本ながらトッピングを変えて様々なメニューがあるこちらとなっていた。

バラ肉が入る29らぁめんBARAに角煮が入る29らぁめんKAKU、そのバラ肉と角煮が両方とも乗る名物29らぁめんスペシャル。

さらにはジャンクMAXにジャンク29まぜそば、超辛MAXと謳われていたファイヤー29らぁめん、そして鶏の唐揚げメニューもあり、肉ざんまいが愉しめるこちらのようだった。

そんなメニューの中から悩んだ末に、肉肉気分だったので名物29らぁめんスペシャルと、こちらのねぎチャーシューご飯になる男の29めしをオーダーすることにした。

静岡ご出身の社長が代表を務める2005年設立の有限会社KAWATAが運営するこちらだそうで、そのメインブランド店は静岡おでんがウリの「酒道ハナクラしぞ~かおでん」だそう。

三鷹店が1号店らしく2007年にオープンしたようで、荻窪にも系列店が営業しているそうだ。以前は八王子に系列店があったようで、この場所も少し前まではその東中野店が営業していたそうだ。

また国分寺店は少し前に店長が独立して暖簾分け店となって、居酒屋雅と改称して営業しているようだ。

ちなみに創業当時の店舗名は、和風居酒屋花と蔵と言う店名だったそうで、現在の基本的な店名はそこから来ているところなのだろう。

そんな居酒屋を営業している会社のラーメン店であるようだが、さらにお聞きして行くと海外で営業しているラーメン店の逆輸入ブランド店であることが判った。

スペインのマドリードに在る店だそうで、ネットで調べるとセントロ地区の地下鉄オペラ駅周辺に2014年にオープンさせたようだ。向こうの店名もかぐらで、そこの2号店になるようだ。どちらも直営店らしく国内凱旋店とも言えるこちらのようだった。

ふと見ると傍にご飯の友と記された容器があり、蓋を開けて見ると椎茸の煮付けが入っていた。自家製のカエシに利用したものを、こうして提供しているのだそう。

ちなみに店長さんから後で名刺を頂くと、そこには店長ならぬオニクーランド園長と言う肩書きが記されていた。程なく到着。

kagura11

kagura12

kagura13

kagura14

kagura15

それではと行かせて貰えば単に肉を喰らわせるだけでない、豚骨スープとそこに泳ぐ細ストレート麺の風情も豊かな持ち味が何とも実にたまらないもの。

そしてそのバラ肉も角肉も甘辛い濃い味付けが成されていて、そうしたスープと麺の良き友となってこれまた素敵と言うしかなかった。

豚のゲンコツに背ガラと豚頭も使用した豚100%スープだそうで、背脂もデフォルトで比較的多めに入っていた。背脂は希望すれば背脂ダブル・背脂トリプルにもしてくれるそうだ。

茹でキャベツと青ネギの風合いも良く、麺は神奈川のクリタと言う製麺所のものだそうでその麺もなかなか良かった。

博多豚骨ラーメンと横浜家系ラーメンを融合させたようなラーメンを狙っているのだそうで、食している内にそんな想いが浮かんで来てやはりそうだったのかと思うしかなかった。

kagura17

kagura18

kagura16

これは替玉も行ってしまえとなって、100円のガッツリ!替玉をメンカタで追加オーダー。卓上調味料のラー油と黒胡椒に、先述した椎茸をあしらって美味しく頂いた。それにしても豚骨スープは、良く出来ているシフトだった。

ねぎチャーシューご飯の男の29めしも、肉多めでこれまた実に良かった。それだけに、気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、途轍もなく猛烈にとってもなかなか素晴らしかった。

kagura19

kagura20

★ 東中野ONIKU-LAND 濃厚豚骨らぁめん かぐら

住所/東京都中野区東中野3-16-8 TEL03-5937-5635 定休日/無休 営業時間/11:00~15:00中休17:00~22:00
※アクセス
JR中央線東中野駅西口下車。改札口前方の山手通りに出て、やや右寄りの横断歩道を渡りその前にある東中野銀座商店街東中野ギンザ通りを250mほど歩いた右側にあり。
    
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m