honjitsuseiten01

灰色の雲が空を覆うものの薄曇りながらごくわずかに陽射しを感じて、これから晴れ間も見られる予報が出ていた、初夏らしい夏の大気が梅雨もそう先ではないように思えた五月皐月下旬二十六日の休日木曜日だった。

人気らーめんブログサイトで、2016年5月17日にこちらがオープンしたことを知って、それは気になるところとなっていた。この周辺の二郎系ラーメン店と言うと、10年位前にぽっぽっ屋行徳店が営業していたものだ。

こちらが営業を始めた地名が市川市相之川と聞くと、16年前頃に初めて一人暮らしをした街だけに懐かしい想いがよみがえる。

honjitsuseiten02

honjitsuseiten03

honjitsuseiten04

honjitsuseiten05

そんなわけで本日こそとなって、また二郎系気分になったこともあって、今回こちらへ出掛けることにした。

今井橋の市川側の袂にあるアパートに当時住んでいて、秋葉原へ通勤した時は最寄り駅が一之江で、それもあって往きは本八幡から都営地下鉄電車で向かうことにした。

本八幡駅の都営新宿線ホームに降りると、各駅停車がまもなく出る所でそれに飛び乗り出発。そうしない内に一之江に到着して、上に上がり改札口を出て行徳街道を歩いて行く。

今井橋を渡り市川側にたどり着くと、当時住んでいた3階建てのアパートが、水色に塗られて今も建っていた。それを横目にして更に進んで行き、相之川交差点を左折。行徳バイパスをしばし歩いて行くと、右手にこちらが営業していた。

honjitsuseiten06

honjitsuseiten07

さっそく入店して行くと直ぐ右手に、券売機が待っていた。そこには中央辺りの位置に、野菜大盛無料の文字が大きく案内されていた。

味噌ラーメンやつけ麺等のボタンも用意されていたが、オープンまもない所為かそれらはまだ提供していない様子だった。

ともあれ予定通り二郎系らしい、本日晴天ラーメン玉子入りを選んで、チャーシューのボタンを連打することにした。振り返ると正午間近もあってか、そこそこに盛況なフロアが広がっていた。

道路寄りのカウンター席に腰掛けて、チケットを厨房に一人立つ店主らしき方に、ネットで気になって来たことを告げながら手渡した。

さりげなく店名由来についてお聞きすると、二年前まで都内京橋で立ち呑み居酒屋 本日開店 銀座一丁目店を営業させていた店主だそうで、そんなところから本日を引用した店名にしたのだそう。

しばらく前に錦糸町の麺屋三郎を訪れているが、その際に触れた麺屋荒井@茨城水戸の店主が展開している、新のれん分けプロジェクトで開業した41店舗目のこちらとなるようだ。

立ち呑み居酒屋を閉めた後、東京じゃんがら秋葉原店横浜家系ラーメン一刀家秋葉原店を掛け持ちで修業し、その後に水戸へ赴き麺屋荒井で更なる修業を果たしてこちらをオープンさせたそうだ。

野菜多めでいいですか?ニンニクどうします、と尋ねられ、コールの段に気づいて、ニンニク少な目のヤサイ多めアブラカラメを希望した。

麺量は茹で後で並盛320gの大盛480gだそうで、茹で前は大体半分だから並盛160gの大盛240g前後と言ったところだろう。

honjitsuseiten08

honjitsuseiten09

honjitsuseiten10

honjitsuseiten11

honjitsuseiten12

honjitsuseiten13

honjitsuseiten14

程なく到着。麺屋三郎と同様にレンゲが直立している、そんなラーメンがやって来た。これも一種のサプライズ演出なのだろう。

それではと行かせて貰えば、ほぼラーメン二郎の味わいに、店主の培って来たテクニックが余すことなく花開くその怒濤の味わいに、只々それはもう夢中になって喰らうしかなかった。

肉の風情も素敵なら、野菜の持ち味もなかなかと言えるもので、スープから感じられる二郎特有の豚臭さも再現されており、それが格段にハマる要素を造作させていた。

麺は埼玉県狭山市の大進食品謹製だそうで、平丸切中太やや太のストレートの本家とやや違う持ち味ながら、スープと良い相性だけに満足度のバロメーターが下がることはなかった。

honjitsuseiten15

二郎でラーメンを口にする場合ほかの中華そばと違い、量が多いだけに食べ進めて行く内にこの先どうなるのか判らなくなる或る種の不安を与えさせるサスペンス的な要素を感じさせるところがある。

こちらもそんな雰囲気を造作するものがあり、そうしたことがあってこそ二郎のラーメンと言えて、それは10分間におよぶサスペンスドラマと言えそう。

それだけに、気がつけば完食だった。店主にご挨拶して、店を後にする。帰りは南行徳駅から帰ることにした。東西線の高架下に出ると、サツキの花で周辺は紅く染まっていた。初夏の風さえも、紅く染まるほどに。

いや、威風堂々の気高さがあり、脂が疾風怒涛の激しさで、気韻生動の持ち味は誰もが惹かれてしまいそうで、これぞ円満具足・牛飲馬食・感慨無量・心満意足の美味しさだった。

honjitsuseiten16

honjitsuseiten17

★ 麺屋 本日も晴天です

※公式フェイスブックはこちらになります

住所/千葉県市川市相之川3-1-26 シリウス相之川1階 TEL非公開 定休日/月曜日 営業時間/11:30~14:00中休18:30~21:00
※アクセス
東京メトロ東西線南行徳駅下車。一之江寄り側に出て、ガード下道路を行徳方向へ進み、程ない信号交差点を左折。500mほど歩いて行徳バイパスに出たら、左折して100mほど先の左側にあり。徒歩およそ9分。
       
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m