matsujiro01

それは白くふっくらとした白雲が浮く爽やかな青空から初夏の陽射しが煌めいて、やや強いそよ風が色に深みが出て来た木々の新緑を揺らしていた、そんな六月水無月上旬の休日木曜日だった。

本日は幾つかの所用があり松戸駅周辺にも出掛ける用事があった日で、二郎気分もあってそれならまたこちらでラーメン するかとなった次第だった。

2002年5月13日に現在の赤羽店主の奥村氏によって開業した松戸駅前店で、2011年9月29日までその初代店主によって営業していた。ちなみに赤羽店は2012年1月29日にオープンしている。

そして池袋東口店出身らしい二代目の渡邉店主体制が2012年3月20日からスタートしたが、店主地元凱旋店オープンのため2015年7月26日を最後に松戸駅前店主の役割を終えた。

なお凱旋店となった新潟店は2015年11月8日にオープンしたが、その開業当日は夜明け前から100人を超える長蛇の列が出来たと言う。

そして松戸駅前店主と言う名のバトンを受け取ったのが、二代目店主と一緒に厨房に立っていた現店主の福田氏だ。

今春店主が強盗に襲われ大変だった八王子野猿街道店の時代も入れて合計六年半の修業経験を持つ方だそうで、2015年8月9日松戸駅前店が新たな店主を迎えて三代目時代が始まりそのまもない頃に訪れたものだった。

matsujiro02

matsujiro03

matsujiro04

matsujiro09

matsujiro08

matsujiro05

そんなわけで三代目のラーメンを愉しむべく、松戸駅西口周辺で営業しているその店頭へやって来た。

数人だけが店頭に並んでいる状況で、その後ろに着くと前に並んでいた方がチケットを券売機で先行購入して戻って来たところで、先にチケット購入かと入店して券売機の前に。

するとその券売機に張り紙が幾つか、まるで陰陽師の護符のように貼られていた。

その一つにはトッピングコールの際にマシと希望すると無しと聞こえてしまう恐れがあるとして、ヤサイオオメと告げて欲しいような文言があった。

その他にも豚入りラーメンのチケットを購入した後で、豚の規定数が無くなって対応出来ないケースがあった場合、その際は返金で対応するので了承して欲しい旨の案内もなされていた。

ともあれ豚入りラーメンのつもりで来たが、午後一時前ながら既に売り切れになっており、やけに早いなと念のため確認すると既に終了だそうで、残念がっていると傍におられた先客の方から通常でも二枚が入っていますよと親切に教えて頂いた。

ここ最近二郎系店や都内系列店ばかりだったが、そう言えば松戸駅前店の肉量・麺量・野菜量は以前からハンパでないだけに、その伝統は今も変わらないだろうからそれでちょうどいいことに気づいた。

と言うことでラーメンのチケットを購入して外列に戻り、爽やかな青空から燦々とそそぐ陽射しを浴びながら順番を待った。

matsujiro06

matsujiro07

しばらくすると、そこは大半が常連客のこちらだけに、そう待つこともなく店内手前右手で待つよう促されそこへ移動。

そこに居ると程なくして一番奥の空いたカウンター席に座るよう案内を受けて、冷水をコップに汲んでそれを持ちながら進み、チケットプレートをカウンタトップへ置きながら腰掛けた。

自ら場所を移動しているその様は、まるで自分がベルトコンベヤの組み立てラインに乗った家電製品のように見えた。

なお公式ツィッターによれば、今月11日土曜日は都合により休業する予定だそう。ツィッターは一番単純にアカウントが作れて、リアルタイムにスマートな情報が送れるだけに、店舗一つに一つのアカウントを作ってくれると嬉しいものだ。

定休日が決まっている外食店でも、食材未入荷や冠婚葬祭などで急遽臨時休業となり、それを知らずに訪れてシャッターとにらめっこする羽目にならないだけにやはりありがたい。便利な時代になったと思う。

ニンニク入れますか?とコールの段となり、肉増しが出来ないならと久しぶりに、ゼンマシニンニクスクナメでお願いすることに。

いつも呪文のようにコールを希望するわけだが、これもある意味バイリンガルになるのかと考えていると、程なく到着。

matsujiro10

matsujiro11

いつものようにカウンタトップから、ラーメン丼をそっと下ろして、麗しきビジュアルのラーメンを撮影。するとヤサイがかなり盛られていたこともあり、その重みで野菜が沈んで行きスープが徐々に溢れて来た。

一番奥のカウンターテーブル付近は入口付近よりも傾斜があるため、そうしない内に脂ギッシュなスープが垂れて来た。

そこで撮影もそこそこにして、雑巾でダムを作りながらも口にして行った。思わず黒部の太陽か、と思うしかなかった。

matsujiro12

matsujiro13

matsujiro14

matsujiro15

matsujiro16

そんなわけでそれではと行かせて貰えば貰えば、二郎のMAXな風情が怒涛の如く襲って来る味わいで実にたまらないもの。

もはやラーメンながら何処よりもチャーシューメンの持ち味に、思わずぶた入りにしなくて良かったと思ったし、これをぶたダブルにしたらと考えると震え上がるしかなかった。

その豚の塊に号泣しながらも、そう言えばレンゲがないなと気づきつつ、一味唐辛子とホワイトペッパーで風合いを変えてさらに愉しみつつ、そこは気がつけば完食だった。これで700円は、もはやおそるべしと言えた。

厨房の店主と一人居るスタッフの方に、軽く会釈して挨拶しながらも店を後にした。

matsujiro18

松戸駅に戻り周辺を歩いていると西口駅前に星乃珈琲店の看板があり、どうやら明日オープンするその系列店だった。思わず本八幡はまだかと思うしかなかった。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、猛烈に壮絶で猛攻の猛爆な持ち味に只々もう途轍もなく大満足するしかなかった。

matsujiro17

matsujiro19

★ ラーメン二郎 松戸駅前店Ⅲ

※公式ツィッター~https://twitter.com/matsudojiro3
住所/千葉県松戸市本町17-9  TEL非公開 定休日/月曜日・祝日不定休 営業時間/11:00~14:00中休18:00~21:00 ※日曜11:00~17:00
※アクセス
JR松戸駅西口下車。スカイウォーク右奥のE階段を下りて行き、前方のまもない左路地を入って行く。十字路を越えて次の右路地を曲がり、150mほど歩いた通り直前手前の右側にあり。
      
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m