86tamazou01

これまでに跡地店・修業店・本家店の関与しているその全てを訪ねているだけに、西八王子ながらその新店まで足を伸ばして、予定通りもう一軒の気になるこちらに移動して訪ねて見ることにした六月六日の二軒目だった。

こちらもまた、移転前旧店舗修業本家店主店元直営店・関連店の多くを訪ねているだけに、そこは気になる一店となっていた。

86tamazou02

86tamazou03

86tamazou04

86tamazou05

そんなわけで先月の2016年5月26日にオープンしたばかりの八王子駅からそう遠くないこちらの店頭へやって来た。

系列店は市内高倉町の2012年6月28日にオープンした十八製麺と、市内柚木に2015年10月16日オープンした半チャンラーメンたまぞうらしい。

ぐうたら@三鷹大沢は以前訪れた時はたまぞう直営だったが、現在はそのスタッフが独立して違う運営によるいわゆる暖簾分け店となって営業しているのだそう。これまで本店があった場所の店舗も同様の独立店舗らしい。

ランチタイムだけラーメン店として営業して、ナイトタイムは生ハムBARとなって愉しめるこちらのようだった。

86tamazou06

86tamazou07

86tamazou08

86tamazou09

さっそく入店して行くと店主は不在で、ぐうたら@三鷹大沢で確かお会いしているベテランスタッフの方が厨房を任されていた。

カウンター席の奥に冷蔵ショーケースがあり、その中になるほど生ハムらしき原木が二つも吊されていて、お聞きすると白豚のハモン(=ハム)・セラーノと黒豚のハモン・イベリコのようだった。

ハモン・セラーノと言えば、イタリア・パルマでホエー豚によって作られるプロシュートと、中国金華地区で金華豚によって作られる金華ハムと共に名立たる世界三大ハムの一つだ。

思わず金華ハムでとるスープで一躍有名店となって、今やミシュラン東京のビブグルマン店に数えられている麺尊RAGE@西荻窪のことが思い浮かんだ。

ともあれカウンター席に腰掛けてオーダーするかとメニューリストを見て、やはりこれで行くかとイベリコ塩らーめんのチャーシュー増しでお願いすることにした。

肉入り炊き込みご飯が付くそうで、しばしすると乾燥バジルが振られたそれが先に来て目の前に置いてくれた。そしてラーメンも程なく到着。

86tamazou10

86tamazou11

86tamazou12

86tamazou13

86tamazou14

豚チャーシューはかなり良い豚のバラ肉の部位を使用したものだそうで、豚ガラ等と共にイベリコ豚ハムの利用出来ない端材をスープに利用したラーメンだそう。

それではと行かせて貰えば、猛烈で怒濤の絶大なる味わいが、実に実にもう実にたまらないもの。なんて美味いのか。これはおそるべしと言うしかなかった。

麺は自家製でなく某製麺所の特注麺だそう。青ネギと茹でられた青菜に穂先メンマがまた良かった。そしてやはりチャーシューは圧巻以外の何物でもなく、涙腺崩壊の猛攻スペシャルな味わいだった。

86tamazou15

86tamazou16

残ったスープを肉入り炊き込みご飯に流して入れて口にすれば、初代 巨人の星のオープニングで出て来る、扇子を両手で振る応援団長が目の前に出て来る素晴らしさと言うしかなかった。

それだけに、気がつけば完食。いや、感慨無量・歓天喜地・有頂天外・明鏡止水・欣喜雀躍の怒濤感に何処までも果てなく泣けた。

86tamazou17

86tamazou18

★ TAMAZOU-86

住所/東京都八王子市中町12-12 TEL非公開 定休日/日曜日 
営業時間/11:30~14:30中休17:00~24:00
※アクセス
JR八王子駅北口下車。西放射線ユーロードを進んで行き、300mほど歩いた場所の左斜めの路地を入って行き野猿街道を右に行きすぐ左折して一つ目の十字路を右折して程ない左側にあり。
  
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m