526kojiro01

夜半から降り出したであろう梅雨前線がもたらした雨が首都圏のアスファルトを濡らして、灰色に染まる初夏の空の下に色とりどりの傘と言う名の花が開いていた六月水無月半ばの十三日月曜日だった。

二郎モードにまたスイッチが入って、ずっと宿題店にしていたこちらを先日久しぶりに思い出して、そう言えばとなってそれならばと訪ねることにした。

526kojiro02

526kojiro03

526kojiro04

526kojiro05

526kojiro00

そんなわけで秋葉原に出て、そこから品川経由で山手線電車で渋谷に向かった。途中何気なく乗っていると山手線新造車両とすれ違い、あれがそうかと初めて直に見ることが出来た。しかし雨が撮影した画像をピンぼけにさせて、まぁいいかとなった。

渋谷でホームに降り後方の南改札を抜けて、西口出口左手の歩道橋で国道246号の向こう側に渡って行き、山手線脇の道路を傘を広げて歩いて行く。途中で見掛けた紫色のアサガオが、梅雨入りした雨に映えていた。どうやらこの雨で、北東北まで全て梅雨入りしたようだ。

恵比寿方面に500mほど進んだ頃だろうか、突き当たりを左折して行くと程ない左手の奥寄りビルの1階にこちらの店名看板を見つけてあそこかとなった。

渋谷駅から結構歩いた場所で営業しているこちらで、線路の向こうに並木橋交差点があるエリアまで歩いていた。

526kojiro06

さっそく入店して行くと、この雨もあってか数人の先客が居るだけのフロアが広がっていた。入口の左手に券売機が設置されており、その前に立って汁なしらしい526正油が気になりながらも、正油豚増を選んで味玉らしきたまごなるボタンを連打することにした。

中ほどのカウンター席に腰掛けて、さりげなく世間話しをさせて頂いた。厨房におられる方が二郎武蔵小杉店を営業させていた方であることをそんな会話の中で知るところとなった。

526kojiro07

ラーメン二郎六番目の系列店として1996年5月に開業した同店の武蔵小杉店に端を発するこちらで、2006年6月3日雪が谷大塚にその二郎武蔵小杉店の関連店として開業させたラーメン店だ。

ラーメン二郎武蔵小杉店は2003年頃から将来全てを任せる予定である、店主二代目となる立派に育った息子さんが厨房に立つようになったそう。

それから3年経った頃だけに、任せられるようになったところで、満を持して新店を開業させたのだろう。街のラーメン店でもよくそんな営業店舗を見掛けており、ごくありがちなラーメン店の営業の筈だった。

しかしながら二郎には修業した店主が必ず厨房に立つと言う決まりごとがあるそうで、そんなところから二郎総帥からその指摘を受けた結果により二郎の看板を下ろすことになったようだ。

そのため2011年1月19日に二郎武蔵小杉店は、こじろう武蔵小杉店に改称して行った。そんな店舗へ四年前に訪れたのも、そんな事情をネットで知ったからだった。

その年の中頃の2011年6月4日に、雪が谷大塚で営業していた本店を、この渋谷に移転させて再開業させたこちらだ。

現在営業している系列店は、2013年11月16日にオープンした鶴見店と2015年2月15日にオープンした盛岡店で、そちらを営業させている店主はこの渋谷店で修業して行った方たちだそう。

武蔵小杉店を訪れた時に営業していた2010年5月29日開業の日暮里店は2014年3月頃、2011年9月10日開業の神田小川町店は2013年1月頃から休業して4月再開したものの2015年1月頃それぞれ残念ながら閉店して行った。

526kojiro08

先客のラーメンが目の前を通過して程なくしてコールとなって、アジコイメ・アブラオオメ・ニンニクスクナメ・ヤサイハセンキャクテイドとお願いすることにした。程なく到着。

奥様が徐に来られて、まずされたことは台拭きをドンブリの前に置いたことだった。

そしてその厨房側にデカ盛りラーメンがさりげなく置かれて、思わず先述ラーメン二郎松戸店で自分がした行動をして頂き嬉しい限りだった。

そう思う反面こちらのカウンターテーブルも、微妙に傾斜しているのかと思うしかなかった。

526kojiro09

526kojiro10

526kojiro11

526kojiro12

526kojiro13

ともあれそれではと行かせて貰えば、それはもう号泣怒濤の嵐が吹き荒れる猛攻の味わいが実にたまらないもの。

なんてとんでもなく素晴らしいのか。これはもう凄いを通り越して、ブラックホールが目の前に突如現れたような怖ささえ覚えるしかなかった。

豚がまた食べ易くて実に美味しく、自家製麺のゴワゴワした麺が優しくも攻めて来る風合いに泣けた。ほぼ脂によるスープは、やはりブラックホール並みの驚異以外の何物でもなかった。

それだけに、気がつけば完食。いや、疾風迅雷・電光石火の風情に、森羅万象・山紫水明の風合いを覚える素晴らしさで、何処よりも二郎の感動を覚えるそんなラーメンと言うしかなかった。

526kojiro14

526kojiro15

526kojiro16

★ らーめん526 こじろう 渋谷本店

※公式サイト~http://www.ramen-kojirou526.jp/
住所/東京都渋谷区猿楽町1-3 竜王ビルⅢ 1階 TEL非公開 定休日/日曜日 営業時間/11:30~15:00中休17:30~21:00 ※土曜~20:00 ※祝日昼営業のみ 
※JR渋谷駅南改札西口下車。左手の歩道橋で国道246号の向こう側に渡って行き、山手線脇の道路を恵比寿方面に500mほど進んだ突き当たりを左折。程ない左手の奥寄りビルの1階にあり。
  
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m