bistrohikaru01

夏の色をすっかり取り戻した青空から燦々と陽射しが煌めいて、白くふっくらとした雲が浮遊するものの、天気予報は梅雨時らしく曇りがちになるようだったそんな六月水無月十四日の火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば穏やかな夜風がそよいで、見上げれば雲間から月が顔を出していたそんな午後七時過ぎだった。

先日は今年の二月に下井草から阿佐ヶ谷に移転して来られたらーめん大慶 さんを訪ねたものだが、その際にこちらも同じ涌井@西新井出身の店主であることに気づいてそこは気になるところとなっていた。

石神井公園で1997年にらーめん耀として創業して、2002年に現在の地に移転した来たこちらだそう。

現在は居酒屋営業を前面に打ち出しているようだが、公式サイト を見れば通常通りラーメンだけでも普通に愉しめるそうで、それならばと仕事帰り立ち寄って見ることにした。

bistrohikaru02

bistrohikaru03

bistrohikaru04

bistrohikaru05

そんなわけでまたしても通勤電車を東中野で途中下車。中野寄りの西口改札を出たら直ぐ右手に進み突き当たり右手の階段を下りて行く。

外に出たら左手に歩いて程ない右手建物の東中野アパートメンツの建物入口からこちらの店頭が見える半地下部入口に在った。

いわゆるレトロ居酒屋調のこちらの入口で、麺の文字を取ったら居酒屋以外の何物でもないそんな店先だった。

bistrohikaru06

bistrohikaru07

bistrohikaru08

さっそく入店して行くと店内も紛れも無い大衆酒場のフロアで、単身客であることを告げると厨房前のカウンター席に促された。すると一番左端の椅子が空いていたので、そこに腰掛けながらメニューリストを手にしてさて何にするかとなった。

悩んだ末にその冒頭に紹介されていた生姜風味の濃口醤油中華そばらしい、越後長岡らーめんなる提供メニューを肩ロースチャーシュー増しでお願いしつつ、サイドメニューも行くかとなってミニ牛すじカレーセットも一緒にオーダーすることにした。

その他にも様々な提供メニューが並ぶこちらで、鰹だしが効いたあっさり魚介スープに豚バラ肉が乗る大江戸醤油らーめんと大江戸味噌らーめん。また桜えびと肩ロース肉が乗る海老香味油が浮くはんなりらーめんなるメニューも。

そして涌井系本領発揮であろう豚バラ肉が乗る背脂醤油らーめんと背脂味噌らーめんがあり、モヤシ山盛りの二郎を彷彿とする肩ロース肉が乗るG麺系ガッツリらーめんなるものも。ご時世である。

さらに汁なし油そばに耀流つけ麺なる、そんな提供メニューもラインナップされていた。

現在はなんと初代オーナー店主から店舗を譲り受けた、元スタッフの方が独立して営業しているこちらだそう。

その創業店主は2015年2月2日に中野北口に大衆酒場 耀(ひかる)を開業させてそちらに普段おられるそうだ。ちなみにそちらではラーメンを提供していないらしく純然たる居酒屋のようだった。程なく到着。

bistrohikaru09

bistrohikaru10

bistrohikaru11

bistrohikaru12

bistrohikaru13

bistrohikaru14

それではと行かせて貰えば、生姜はそれほど前に出る事なく穏やかな持ち味が好印象のもので、まさしく濃口醤油中華そばと言う表示が似合うそんな素敵なラーメンだった。

スープは鶏100%らしく脂はそこから染み出たものだけだそうで、麺は埼玉県戸田市の北星製麺なる製麺所のものを使用しているそうだ。

肩ロース肉のチャーシューがまたかなり素晴らしいもので、サイドメニューの牛すじカレーがサラダも付いて来てこれまた美味しかった。それだけに、気がつけば完食だった。

そこに驚きやインパクトが無くても安堵とノスタルジーがあれば、人は心解きほぐされ癒されて明日の糧になると言うものだ。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、怒涛の如く猛烈に途轍もなくなんともなかなか実に良かった。

bistrohikaru15

bistrohikaru16

★ ビストロde麺酒場 耀 - hikaru -

※公式サイト~https://plus.google.com/117371938924826816567/about
※公式ツィッター~https://twitter.com/mensakabahikaru
住所/東京都中野区東中野4-4-5 東中野アパートメンツB1階 TEL03-3363-2235 定休日/無休 営業時間/11:30~14:00(13:50LO)中休17:00~翌1:00(0:40LO) ※日祝は11:30~22:00
※アクセス
JR東中野駅西口下車。西口改札を出たら直ぐ右手に進み突き当たり右手の階段を下りて行く。外に出たら左手に歩いて程ない右手建物の東中野アパートメンツの建物入口から店頭が見える半地下部入口にあり。
   
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m