chanpontei01

青空が顔を出すものの灰色の雲が俄に広がり始めて、曇りがちな天候となりそうだった南寄りの風が木々を軽く揺らす六月水無月十九日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夜半から降雨も見られるようだった、そんな梅雨時らしい午後七時過ぎだった。

近江ちゃんぽん発祥店らしい滋賀県を中心に展開しているこちらの系列店が、一昨日の2016年6月17日から61店舗目となる水道橋店をオープンさせたとして気になっていた。

1963年の昭和38年に彦根の銀座商店街の路地裏で創業したうどん食堂の麺類をかべに端を発するこちらのようだ。1985年にドリームフーズ創業者の山本一氏がその運営を引き継ぎ、その変遷を経て今日に至る彦根発祥の近江ちゃんぽん専門店だそう。

1986年市内にその系列店を開業させて1988年に店名をちゃんぽん亭をかべに改称。その後滋賀県内に系列店を幾つも開業させて行き、2004年に店名をさらに現在のちゃんぽん亭総本家とさせた。

1996年に設立したちゃんぽん亭株式会社も、新業態店をオープン等させて行きながらも、2005年にドリームフーズ株式会社と商号変更させた。ちなみに彦根の銀座商店街の路地裏で営業していた、創業店となる麺類をかべは残念ながら2012年6月30日に閉店してしまったそうだ。

首都圏では2013年4月23日にオープンした同じ店名のイオンモール東久留米店が都内に先行営業しているらしい。

また今回の本格首都圏進出で気がついたが、どうやらイオンモール幕張新都心で2013年12月20日オープンしたご当地ちゃんぽん研究所はドリームフーズが運営しているようだった。そこでは水俣チャンポンや平戸ちゃんぽんなど、各地のチャンポンと共に近江ちゃんぽんが提供されているらしかった。

なお2013年9月11日にオープンした学芸大学駅前店は、諸般の事情で残念ながら閉店させて、つい先日の2016年6月10日にイオンタウンユーカリが丘店もオープンして、首都圏だと4店舗目で都内だと2店舗目となる、そんな同企業の系列店となるこちららのようだ。

どうやら長崎チャンポンとはまた違う、そんなシフトの近江ちゃんぽんらしい。見た目はタンメンのようだがそれではタンメンとどんな違いがあるのか、気になるところとなって仕事帰り立ち寄ることにした。

chanpontei02

chanpontei03

chanpontei04

chanpontei05

chanpontei06

chanpontei07

chanpontei08

chanpontei09

chanpontei10

chanpontei18

そんなわけでまた通勤路線の途中駅となる水道橋で下車して、飯田橋寄りの西口改札を抜けて前方の道路を左手に400m近く歩いて行くと、左手に風情も良くオープンまもないこちらが営業していた。

さっそく入店して行くと券売機が左手に待ち受けていて、その前に立って少し悩んでからこれで行くかとなって、近江ちゃんぽんスペシャルに半チャーハンセットのボタンを連打することにした。

すると券売機の釣銭切れで思うようにならないでいると、スタッフの方が直ぐに来てくれて調整してくれた。

チケットを手にして振り返ると盛況なフロアが広がっていた。傍のカウンター席に腰掛けながらチケットを手渡して、注文した品物を待つ。程なく到着。

chanpontei11

chanpontei12

chanpontei13

chanpontei14

chanpontei15

chanpontei16

chanpontei17

それではと行かせて貰えば、なるほどなかなかの持ち味が、実に素敵でたまらないもの。鶏のあっさりした清湯スープに、節類と昆布の旨味を合わせた風味のいわゆる鶏魚介だしのタンメンで、中細ストレートの麺がまた素晴らしかった。

野菜がそれにしてもたっぷりと入っており豚バラ肉に味玉も入って何ともボリューミーで、半チャーハンもこれまた美味しくそれだけに気がつけば完食だった。

10年ほど前から店舗運営に参画していた二代目社長が五年位前から経営を継承しているこちらだそうで、豚そばは二代目が考案した自信作であるらしく気になるしかなかった。

来月の2016年7月7日には、さらに銀座店がオープンする予定だそう。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、怒涛の如く猛烈に満足出来たそんな近江ちゃんぽんと半チャーハンと言うしかなかった。

chanpontei19

★ ちゃんぽん亭総本家 水道橋店

※公式サイト~http://www.chanpontei.com/
住所/東京都千代田区三崎町2-4-6 千代田第一ビル1階 TEL03-3237-1172 定休日/無休 営業時間/11:00~23:00
※アクセス
JR中央線水道橋駅西口下車。前方の道路を左手に400m近く歩いた左側にあり。
  
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m