itachiramen01

厚い灰色の雲が空を覆い霧雨のような滴がとめどもなく降り注いでいた、如何にも梅雨時らしい雨に赤紫色の花々が映える、そんな六月水無月下旬二十八日の休日火曜日だった。

渋谷109の裏路地に位置するITACHIなる鉄板焼き&ビアバーのランチタイムに、その名もITACHI RAMENと言う店名で先月の2016年5月4日からオープンし、こだわり清湯醤油を提供しているらしい。

しばらく前からネットでその情報を見つけて気になっていたが、本日こそとなって雨そぼ降るなか出掛けることにした。ランチタイムの厨房に立つ方は、家系ラーメン店や鶏白湯ラーメン店で、豊富な修業経験があるらしい。

itachiramen02

itachiramen04

itachiramen05

そんなわけで都営新宿線電車で神保町に出て、そこから地下鉄東京メトロ半蔵門線電車に乗り換えて渋谷へやって来た。

改札を抜けて地下通路を歩いて行き渋谷109脇の出口3aから外に出て、右側の文化村通りを左手へ進み東急百貨店のY字路を左手へ。

その先の二つ目の左路地を入り30mほど歩いた程度だろうか、建物の入口にラーメンの文字が刻まれた、そんな赤提灯が斜めに吊されて、ここがそうかとその前で立ち止まった。左側の階段で二階へ上がって行くと、来店客が気軽に入れるようこちらの扉が開いていた。

itachiramen06

itachiramen07

itachiramen08

さっそく入店して行けば、ビアバーらしい雰囲気のあるフロアで、何処かオリエンタルな面持ちだった。奥の窓際から昼間だけに、バーには似合わない明るい陽の明かりがさしていて、その光線の所為でウィスキーのボトルがわずかに煌めいていた。

厨房には冒頭で触れた、好青年な店長さんが一人おられた。挨拶すると丁寧な接客で迎え入れてくれた。

カウンターテーブルに用意されていたメニューリストを手にして、そこから中華そばを中200gで全部のせでお願いして、無料らしいライスをお願いすることにした。全部のせとは、味玉・のり・メンマ・青ネギ・チャーシューが乗る特製仕様であることが綴られていた。

話しかけると普段夜営業している、こちらのスタッフの方であることを教えてくれた。間借り営業している店主なのかとも思ったがそうではないようだ。思わず麺処けんじ@四ッ谷と同じケースであることに気づいた。

やはりラーメン店での修業経験が豊富な方のようで、系列店が都内に2店舗ある豊洲の麺屋けんゆうの東雲店に1年おられそこで店長もされていたそう。

そしてさらに博多鶏炊き濃厚らーめんひのとり東陽町本店にも2年居て、やはりそこでも店長を経験されていたそうだ。

ひのとりと言えば東京御茶ノ水店を訪ねており、けんゆうと言えばつい先日に菊川で某店にフラれた際に実は訪問店とどちらに入店するか悩んだラーメン店だった。

卓上にはギャバン小型スチール缶のブラックペッパーと、エスビー食品の一味唐辛子が用意されていた。鉄板焼きの大きなプレートに板を敷き、それを厨房テーブルよろしく調理台にして、ラーメンを仕上げる際に利用しているのだそう。程なく到着。

itachiramen09

itachiramen10

itachiramen11

itachiramen12

itachiramen13

itachiramen14

itachiramen15

木製らしきやや大きめの四角いトレーに、白い陶製のラーメンどんぶりの中華そばが乗せられて、そこに箸置きに乗せられた黒塗りの箸と白いレンゲが添えられていた。

全部のせの中華そばには先述したように、炙られた豚バラ肉のチャーシューが3枚横たわり、味玉半裁と刻まれた青ネギに多めのメンマと斜めに刺した海苔が具材として入っていた。

それではと行かせて貰えば、たまらん味わいに心躍るしかなかった。数口だけズズッと啜ると判るその独特ながらも王道感さえ在る、何とも素敵な持ち味にまず驚かされるその味わい。

鶏ガラベースで豚骨も入れて6~7時間コトコトと炊いたスープだそうで、口に含めばしみじみとした風合いは心洗われる如くの素敵な美味しさと言えた。

菅野製麺所謹製の中太麺以外は、カエシなど全て手作りの中華そばだそう。炙られた所為で脂滴る豚チャーシューで、食感も含めてこれがまた良かった。

香味油もネギなどの食材で作り上げた自家製だそうで、メンマも塩漬け仕様のものを味付けしたものらしい。もちもちした麺は特注麺ではないものの、他の店では現在卸していない仕様のものだそう。

itachiramen16

itachiramen17

itachiramen18

こちらでも後半になってからブラックペッパーと一味唐辛子を振りかけて愉しみ、麺が消えてから無料ライスに残った具材を乗せてからスープを投入してオジヤのようにして喰らえばこれまた良かった。

それだけに、気がつけば完食だった。いや、光彩奪目・誠歓誠喜・風味絶佳・観感興起の素晴らしさで、質実剛健・胸襟秀麗・隠忍自重の果てに生じた美味しさと言うしかなかった。

itachiramen19

itachiramen20

★ ITACHI RAMEN (イタチラーメン)

提供メニュー/中華そば 並150g・中200g ※ライス無料サービス
住所/東京都渋谷区円山町1-3 SKビル2階 TEL03-3770-3315 定休日/月曜日 営業時間/11:00~14:30
※アクセス
渋谷駅下車。地下通路の渋谷109脇の出口3aから外に出て、右側の文化村通りを左手へ進み東急百貨店のY字路を左手へ。その先の二つ目の左路地を入り、30mほど歩いた右側の雑居ビルの左側の階段を上がった2階にあり。徒歩およそ7分。
          
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m