ginzakazami01

灰色の薄い雲が広がり青空が陽射しと共に顔を出しては隠して、雨の予報もあり何処かジメジメとして大気が不安定な様子の七月文月二日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば雨が降ったのか判らないほどに、やや乾いた夜風が夜の街角を駆け抜けていたそんな午後七時過ぎだった。

こちらもまた昨日の2016年7月1日に都内でオープンしたラーメン店で、銀座も話題店ひしめくラーメン激戦区となって、その普段あまり足を踏み入れることのない路地裏で開業しただけに気になるしかなかった。

仕事帰りに立ち寄れる営業時間の案内をネットで見つけて、数寄屋橋界隈であればアクセス的にも問題ないエリアで、それならば一日遅れで訪ねるかとなった次第だった。

ginzakazami02

ginzakazami03

ginzakazami04

そんなわけで通勤帰り中央線快速電車で神田まで行き、やって来た京浜東北線電車に乗り換えて有楽町で下車。

銀座口の改札を抜けてガード下の左下道路から数寄屋橋に向かい、東急プラザ銀座の裏通りを入り進んで行き、ぐるっと遠回りした形で店頭にやって来た。

後で気がついたが、日本料理むとうの狭い左路地の近道を潜って行けば、すぐ辿り着く場所だった。35年前から銀座を歩いて来たが、こんな路地裏があったとは、つゆぞ知らなかった。

ginzakazami05

ginzakazami06

ginzakazami08

ginzakazami07

ginzakazami09

ginzakazami10

ともあれ入店して行くと、白木の木目が美しい、客席フロアが目前に広がっていた。その風情にみとれていると、背中にある券売機でチケットを購入するよう促されて、振り返ると小型券売機が入口左手に設けられていた。

そこで予定通りに、無化調スープと添え書きされていた、醤油そば黒を選んだ。サイドメニューは考えていた海鮮系丼ものが無く、気まぐれごはんと言うのがあったので、何か判らぬままそのボタンを連打した。どうやらそれは、鶏そぼろごはんだった。入口に明示されていたが見過ごしていた。

こちらのウリは酒粕濃厚そばで、鶏・豚・あさり・牡蛎・酒粕入りスープらしいが、醤油そばの方をあえて選んでみた。ちなみに無化調スープは塩そばバージョンも用意されている。

麺は京都の老舗製麺所だそうで、そう聞けばピンと来るもので、やはり麺屋棣鄂謹製の特注麺だそう。

味変用に用意された高級食材で知られるポルチーニ茸をピューレにしたものが、生姜のピューレと共に仕切りのある小型角皿に添えられて来た。程なく到着。

ginzakazami11

ginzakazami12

ginzakazami13

ginzakazami14

ginzakazami15

ginzakazami16

通常の3倍の大きさで芯までふっくらとなる新潟長岡名物の栃尾の油揚げを口にし易い大きさにカットして素焼きしたものが乗せられてまずそれが目につくらーめんがやって来た。

それではと行かせて貰えば、無化調らしく瑞々しい持ち味が、なかなか実にたまらないもの。栃尾の油揚げはなるほど素敵な美味しさ。

群馬県産上州せせらぎポークによる真空低温調理豚コンフィチャーシューと豚ローストチャーシューもこれまた素晴らしかった。

カタクチと平子の煮干しに鰺干しと鰹・鯖・鯛干し・真昆布の水出しを弱火で炊き込んだ、そんなこだわり抜いた無化調スープのダシだそう。

細麺は北海道小麦きたほなみ100%使用したもので、ちなみに酒粕濃厚そばの中太麺はそれに三重県産あやひかりをブレンドしたものらしい。

醤油のカエシは茨城県産熟成醤油のお常陸に、四国産貝醤油2種と埼玉県産再仕込み醤油、そこにローストポークのタレ、どんこと鰹と蛤も利用して仕上げたものと言う。

そこに塩ダレ同様にフランス産白ワインに香草や香辛料を配合したドライ・ベルモットのフレーバードワインであるノイリー・プラットを加え、全体的にまろやかな風合いを持たせたものだそう。

そして玉ねぎとセロリを鶏脂とその他に2種類の油脂を加えた香味油を使用したことによって、無化調スープに厚みと奥深さを持たせたのだそう。

本日の野菜は小松菜だそうで、今後様々な野菜に変えて行く予定だそうで、その度にその色を変えた中華そばになるそうだ。

後半になってから先述したポルチーニ茸を投入すれば、ふくよかな風合いになるほどと唸るしかなかった。

ginzakazami17

本日の気まぐれごはんの鶏そぼろごはんも、青々とした大葉らしきものが乗って、甘辛く煮付けた鶏そぼろがまた良かった。

それだけに、気がつけば完食だった。銀座にまたこだわりの新店が開業したと言えるこちらだ、いや、もう確実に的確に明確に途轍もなく猛烈に、怒涛の如く実に何処までもなかなか素晴らしかった。

ginzakazami18

ginzakazami19

★ 銀座 風見 - Kazami -

住所/東京都中央区銀座6-4-13  あさぎビル1階 TEL03-3572-0737 定休日/日曜日 営業時間/11:30~15:30中休17:30~22:30LO
※アクセス
JR有楽町駅銀座口下車。東急プラザ銀座の裏手通りを入って行き、二つ目の十字路の40m手前の日本料理むとうの狭い左路地を進み抜けたら右路地を曲がり10mほど歩いた右側にあり。
 
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m