konshinya01

青い表層が夏の煌めきにシンクロして、やや曇りがちながらも陽射しが爽やかに輝いていた、そんな午後から局所的に大雨が見込まれた七月文月四日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、勤務先周辺も一時的に豪雨が降ったものの、とうに止んで穏やかな夜風が濡れたアスファルトを乾かしていた午後七時過ぎだった。

先日は神田厨房さんを訪れたものだが、その際にその運営先が壱六家修業店主の壱七家と同じ企業である、株式会社トイダックであることを知ったものだった。

しかも近年その系列店が増殖している、そんなこちらである家系チェーンの魂心家も営業しているようだった。少し前の2016年5月30日にオープンしたばかりの神田店のようだ。

これだけ展開しているラーメンチェーンながらまだ何処の魂心家にも訪れていなかっただけに、そんな新しい魂心家の今が現れていることだろうと仕事帰り神田店へ立ち寄ることにした次第だった。

第一号店は2010年10月28日にオープンした目黒店だろうか、現在都内に8店の他、神奈川に4店、静岡に3店、大阪に2店、石川と愛知にそれぞれ1店の合計19店舗が営業しているようだ。

konshinya02

そんなわけで先日訪れたばかりの神田厨房の目の前で営業しているそんなこちらにやって来た。さっそく入店して行くと先客が一人に、アジア系らしき女性スタッフが二人居る静かなフロアが広がっていた。

konshinya03

konshinya04

konshinya05

konshinya06

入口の左手に券売機が待ち受けていて、その前に立ってさて何にするかとなったが、醤油と塩が選べて海苔6枚・チャーシュー3枚・味玉1個が乗る631ラーメンを選ぶことにした。

サイドメニューも行くかとなって、チャーシュー丼か白髪ネギ丼かチャーマヨ丼どれかに出来る200円の丼セットのボタンを連打した。

奥へ進もうとすると、コップが置かれた場所に促されて、そのカウンター席へ。チケットを手渡すと好みを聞かれたので、それならばと麺カタメ味コイメ脂オオメを希望。選べる丼ものは、チャーシュー丼でお願いすることにした。

先月の2016年6月18日には立川店がさらにオープンしており、着実に系列店の数が増えているこちらだった。程なく到着。

konshinya07

konshinya08

konshinya09

konshinya10

konshinya11

konshinya12

それではと行かせて貰えば、そこはなかなかの美味しい家系ラーメンと言えるもの。口にし易い分だけ良かった。

最後の一滴までとことん旨いオリジナルの濃まろ豚骨スープに、こだわり行き着いた特注の切り刃十八番自家製中太ストレート麺が絡み付いてクセになる家系最強の味!と言うことらしい。

konshinya13

konshinya14

konshinya15

konshinya16

チャーシュー丼も美味しく、ライス無料のこちらでジャーから自由によそえるようになっていて、さらにライスを貰ってチャーシューを乗せてオジヤにして頂いたがこれまた良かった。

チャーシューも実に美味しく、それだけに気がつけば完食だった。それにしても家系ラーメンにしては、ひたすら静かなフロアだった。落ち着いて食したい方には、打ってつけな店内と言えた。

スープ完飲すると貰えるまくり証明書があると言うことで、ラーメン完食後に頂いて見た。すると壱七家でも利用出来る一ヶ月有効の追加トッピング一品サービス券になっていた。

22枚貯めるとラーメン一杯かラーメンどんぶりが貰えることが記されていた。いや、なかなかとても実に素晴らしく良かった。

konshinya18

konshinya19

konshinya20

★ 横浜家系ラーメン 神田 魂心家

※公式サイト~http://www.konshinya.com/
住所/東京都千代田区神田鍛治町3-3-1カリガネビル1階 TEL03-3254-4822 定休日/日曜日 営業時間/11:00~翌4:00
※アクセス
JR神田駅北口下車。北口正面の道路を進んで行き、神田警察通りに出たら横断歩道を渡って右斜め前方にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m