kishu01

朝方より夏の陽射しが青空から容赦なく煌めいて、また最高気温の記録を上げかねない天候の七月文月七日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、笹の葉がさらさらと聴こえて来そうな夜風がそよぐ、そんな梅雨明けが待ち遠しい七夕の日の午後七時過ぎだった。

らーめんの提供をやめて営業していた和菜一献生粋本八幡店が、どうやら2016年6月26日に残念ながら移転予定で閉店してしまったようだ。

そしてそこに生粋の関連グループ店になる、ラーメン専門店の喜和なる店舗を開業させる予定だった。


しかしながらそのオープン前に戦略の見直しがあったらしく、その店名を輝宗と変更して昨日の2016年7月6日オープンさせていた。

新たなる生粋系列のラーメン店が、地元本八幡にオープンしたとして、そこは気にならないわけがなかった。

kishu03

kishu04

kishu05

kishu06

そんなわけで仕事帰り地元最寄り駅の本八幡まで真っ直ぐ戻ってその店頭に立てば、本八幡で背脂ラーメン店のオープン翌日だけにおよそ10人くらいの外列が待っていた。

その後ろに就いてしばし待っていると同じスタッフが幾度となくあと何人並んでいるかチェックしていて、案の定しばらくするとスープ切れにより最後尾近くのラストの人の後ろの方に提供出来ないことを告げていた。

kishu07

kishu08

kishu09

kishu10

kishu12

それからしばし待っていると自分の番となって、入店を促され中へ入ると左手に券売機が設置されていた。プレ営業の麺メニューは背脂しょうゆとつけ麺背脂しょうゆのみで、来週から通常メニューの提供が始まる予定のようだった。

そこでラーメン気分だったので特製仕様らし特選しょうゆラーメンを選んで、ギョーザ3ケにライスが付くBセットなるボタンもあったのでそれも連打することにした。

促された空いたカウンター席に、チケットを手渡しながら腰掛けた。すると細麺と中太麺が選べるそうで、そこはやはり中太麺の方にして頂くことにした。

また背脂量調整対応の案内を見つけたが、とりあえずデフォルト量知りたさにそこは流すことに。しっかり覚えていないが、店内はほぼかなり前に訪れた生粋本八幡店のままだった。

株式会社オービスが運営する浦安に系列店がある2003年4月に開業した焼き秋刀魚が入るラーメンで知られる創新麺庵生粋池袋本店の関連店になるこちらだ。

生粋で背脂ラーメンはこれまで聞かなかったことを話すと、あくまでも生粋のグループ企業によるラーメン店であることを教えてくれた。

これ幸いとそこをネタにして色々とお聞きして行くと、なりたけ麺屋亥龍で修業経験がある店長の輝さんと、スタッフの宗親さんのお二人の名前をミックスさせた店名であること等が判った。

オープン初日と翌日の本日に限り、ラーメン1杯無料となるチケットを来店者全員に進呈してくれるそうで、オーダーした品物が到着する前にそれを貰った。

九日土曜日だけ休業だそう。今月はその日以外は無休の予定だそう。そう言えば大成食品から開店祝いのフラワーが店頭に飾られていたから、こちらの麺はそちら謹製らしかった。程なく到着。

kishu13

kishu14

kishu15

kishu16

kishu17

kishu18

それではと行かせて貰えば、号泣したくなるほど実に素敵でたまらないもの。麺はなりたけよりも太く醤油のカエシが強めで、スープは麺屋亥龍さんのレシピに近いものと言えた。

薄切りチャーシューはミートスライサーで丁寧に切られたものでこれがまた素晴らしかった。味玉にメンマも実に美味しく、焼き餃子も美味しかった。

kishu19

kishu20

ラストに背脂醤油スープをライスに入れオジヤにして愉しみ、それだけに気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、怒涛の如く猛烈に猛攻に何処までも何処までもとても良かった。

kishu21

★ 本八幡らーめん 輝宗 - KISHU -

住所/千葉県市川市南八幡4-4-22 グリーンターフ南八幡1階 TEL047-393-2730 定休日/不定休 営業時間/11:00~翌1:30
※アクセス
JR総武線本八幡駅南口下車。ロータリーから延伸する道を進み、程ないマクドナルドがある十字路を右折してしばらく進み突き当り少し前の左側の建物の1階にあり。
  
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m