maruichiokubo01

勤務先に向かうため外へ出ると雨が降り頻り、アジサイの花がその色を取り戻したように灰色の空の下で映えていた、梅雨時らしいそんな七月文月九日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、暗い雲が浮遊するものの雨はしばらく前に止んでいて、おぼろげな三日月が夜空に見え隠れしていたそんな午後七時過ぎだった。

北赤羽店が2007年7月29日に開業して以来、首都圏の大ターミナル駅周辺を中心に着実に店舗展開の裾野を広げている大勝軒まるいちさんで、これまでに新宿店 新宿東南口店 閉店した川口店 を訪れて来た。

株式会社エゴイプセなる企業が運営する東池袋大勝軒系のラーメンチェーンだが、このところ他店の攻勢もあってか2011年3月20日にオープンした新宿東南口店以降新しい系列店のオープンが見受けられなかった。

しかし今年になって、その快進撃の火蓋が切って落とされたかのように渋谷店が2016年3月1日に開業して、さらに新大久保店のこちらが2016年6月25日プレオープンし、今月初めの2016年7月1日にグランドオープンした。

それだけでなく大勝軒丸一の屋号で海外初進出となる香港店を先月オープンさせており、こうなると新たなる系列店のオープンがあるのか気になるしかなかった。

少し前からそう思うようになって土曜日でがっつり気分もあって、今夜こそ仕事帰り立ち寄って見るかと訪ねることにした。ちなみにそれ以前の変遷は、新宿東南口店レポートで触れている通りだ。

maruichiokubo02

maruichiokubo17

maruichiokubo03

maruichiokubo04

maruichiokubo05

そんなわけで通勤で利用する中央線快速電車を大久保で途中下車して、少し歩いてJR山手線新大久保駅前ガード下のすぐ傍に佇むその店頭へやって来た。

十字路を挟んで大久保コリアンタウンがすぐ目の前にある立地で、韓国の方々に多く目が触れそうな場所と言えそうだ。それもあってか店頭には韓国語の文字も見受けられた。

店頭に券売機が設置されており、その前に立ちラーメン気分だったので特製らーめんのボタンを選んで、この際だからとなってチャーシューマヨ丼のボタンを連打した。

maruichiokubo16

maruichiokubo06

さっそく入店して行き奥寄りのカウンター席に腰掛けつつ、チケットをカウンタトップに置いた。多くの席が埋まって盛況なフロアで、やはり流行っている様子だった。

今後も系列店のオープンが続くのかお聞きして見ると、特に具体的なことは聞いてないそう。これまでの店舗展開の状況を見ても、急進的なことはしていないだけに当分はまた落ち着くところなのだろう。程なく到着。

maruichiokubo07

maruichiokubo08

maruichiokubo10

maruichiokubo09

maruichiokubo11

maruichiokubo12

maruichiokubo13

それではと行かせて貰えば、そこはまるいちさんらしい持ち味の素晴らしい風合いが怒涛の如く押し寄せてそれは実にたまらないもの。

大量の豚骨と鶏ガラを通常の倍以上に及ぶ時間炊き込むことによって旨味をより引き出しているそう。

そこに煮干しやサバ節等の魚介を独自の手法で投入させたものだそうで、独特な太麺もあってそのよりパンチのある持ち味に酔いしれるしかなかった。

その玉子をふんだんに使った多加水ストレートの太麺は、生地を伸ばす際に圧力をゆっくりかける方式を採用して、もっちりしながらもツルツルした持ち味を実現させたものだそう。

そしてトロチャーシューとメニューに案内しているやたらデカいチャーシューがこれまた大号泣のサイズと美味しさでその世界観にひたすら引き込まれてその海に溺れるしかなかった。

思わずそのチャーシューの大きさをスタッフに驚いて見せると、オーダーを受けてから一つ一つ直前に切って提供しているそうで、切り方は人によって違うそうでいわゆるところの運が良かったと言うところだろうか。

maruichiokubo14

maruichiokubo15

チャーシューマヨ丼も絶妙な酸味のマヨマヨ感で、チャーシューとネギが適度に入っていてこれまたかなり素敵なサイドメニューと言えた。

並盛ながら満足出来る相変わらずのボリュームで、卓上調味料にもこだわりがあるこちらだけに味変も思うように愉しめて、それだけに気がつけば完食だった。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく怒涛の如くの素晴らしさで、猛烈に嬉しい風情と風合いに今夜も大いにとっても実に良かった。

maruichiokubo18

★ 大勝軒まるいち 新大久保店

※公式サイト~http://tk01.jp/index.html
住所/東京都新宿区百人町2-3-25  TEL非公開 定休日/無休 営業時間/10:00~23:00
※アクセス
JR山手線新大久保駅下車。改札前の大久保通りを横断歩道を渡ってから右手に進んで行き、ガードを潜り切った十字路交差点の手前左側にあり。
 
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m