nagisa01

アブラゼミの鳴き声が梅雨明け前の青空にこだまして、深緑と同化した煌めく陽射しが夏の装いを彩っていた、各紙とも参院選自民圧勝の見出し躍る七月文月十一日月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、暮れなずむ夜空に風流な三日月が浮かんでいた、穏やかな夜風そよぐそんな午後七時過ぎだった。

また中野に新店が本日の2016年7月11日からオープンするとして、そこは気になるしかなくそれならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

nagisa02

nagisa03

そんなわけでまた帰りの通勤電車を中野で途中下車し南口改札を出て、ロータリー手前左手のなかのZEROに向かう道路を歩いて行く。

以前にも歩いた通りで一度歩いているだけに、暗い周辺でもその場所は直ぐに判った。400mほど進んだ頃だろうか、通り沿いの右側に取引先からの開店祝いの花で埋まるこちらが営業していた。

入口はほとんどがガラス板で、店内の様子が手に取るように見えた。こだわりが高そうなラーメン店のオープン初日だけに、やはりほとんどの席が埋まっていた。

nagisa04

nagisa05

nagisa06

nagisa07

nagisa08

nagisa09

さっそく入店して行くと、直ぐ右手に券売機が待ち受けていた。本日はつけ麺のみの提供だそうで、それならばと贅沢濃厚つけ麺を選んだ。

贅沢トッピングはいわゆる特製仕様のようで、ローストチャーシューと半熟味玉に海苔があしらわれる旨が券売機に表記されていた。並盛の麺量は、200gとなるそうだ。

サイドメニューも行くかとなって、炙りチャーシュー丼のボタンを連打した。そのミニ仕様のボタンも用意されていたが、通常仕様でも小茶碗であることを教えて貰った後で実はそれにした。

振り返ると幸にも奥寄りに空いたカウンター席があったので、そこに腰掛けながらチケットを厨房の方に手渡した。

店頭のガラス板に表記された店名ロゴの右下に弍と刻まれており、新店ながら手慣れた動きで厨房を動き回るスタッフだけに、何処かで営業していた店舗のリニューアルして移転オープンした新店なのだろうか。

さりげなくお聞きしてもそこら辺は秘密のこちらだそうで、修業経験もそのようで提供メニューは独学で編み出したものであることだけを教えてくれた。

ちなみに店頭の開店祝いのフラワースタンドは三河屋製麺と株式会社エナジーと言う企業からのもので、後者はあまり聞かない企業だったのでネットでググると横浜の食肉卸をする所のようだった。

なお今後提供して行くあっさりらぁめんは国産小麦に全粒粉を配合させた麺で、九十九里産のカタクチをメインにアゴやアジを加えて時間と温度を徹底的に管理して旨味を最大限引き出した魚介100%のスープの予定だそう。
 

そんなあっさりらぁめんやまぜそばに、限定も提供して行くようだ。ふと見るとビネガーにカットライムが入ったライム酢が容器に入れられて置いてあった。

こうしたラーメン店に行くとスタンプカードが用意されているが、こちらではそれをスマホアプリで対応しており、その案内が目を引いた。程なく到着。

nagisa10

nagisa11

nagisa12

nagisa13

nagisa14

nagisa17

nagisa18

竹を模した麺の器は市販品の中から探して選んだものだそう。ライムが麺の上にも添えられていた。それではと行かせて貰えば、その独特にして絶大なる王道感溢れる味わいが実にたまらないもの。

神々しいまでの持ち味で、聖霊の歌声さえ頭上から聴こえて来そうな風合い。怒涛のフルスロットルな衝撃の美味しさとはこのこと言うしかなかった。

大量の国産丸鶏・豚骨・牛骨等を一緒に煮込んで、鶏・牛・豚の旨味バランスを究極と言えるまで合わせた濃厚こだわりスープだそう。

それに伊豆大島産の天日塩や愛知県産の白醤油に浅利や羅臼昆布と果実等の旨味を合わせた塩ダレを用いているらしい。

そして三河屋製麺謹製の極太麺がまた素晴らしく、風味とコシを重点に置いた国産小麦100%の力強い持ち味を目指したものと言う。

レアチャーシューは自家製塩麹にじっくり漬けた肩ロース肉を熟成させて、オーブンで安心出来る中心加熱仕上げのローストポークだそう。

スープ割りをお願いすると、フランスパンを口にし易いサイズに切って巨大なクルトンのように浮かして提供され、これがまた嬉しい美味しさだった。

nagisa19

nagisa20

炙りチャーシュー丼もやはり号泣出来るほど素敵で、それだけに気がつけば完食。いや、これぞ猛攻怒涛の猛烈号泣で炸裂激旨な素晴らしさの、新感覚濃厚魚介鶏牛豚つけめんと言うしかなかった。

nagisa21

★ めん処 渚 NAGISA

※公式ブログ~http://ameblo.jp/mendocoro-nagisa/
住所/東京都中野区中野2-14-20 TEL非公開 定休日/未定 営業時間/11:30~15:00中休18:30~22:00
※アクセス
JR中央線中野駅南口下車。ロータリー手前左手のなかのZEROに向かう道路を歩いて行き、400m進んだ通り沿いの右側にあり。
 
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m