ramenkin01

見上げた遥かな表層は切ない程にうらぶれた灰色の雲に覆われて、道路の隅に水たまりが点在し微量の小雨が落ちては止んでを繰り返していた、そんな梅雨明けを足踏みさせる天候が続く七月文月二十二日の休日金曜日だった。

また千葉市内に定期検診がある日で幾つかの気になるラーメン店の中から、今回は幕張駅周辺に2016年3月24日オープンしたこちらに立ち寄って見ることにした。

県内人気店のらーめん処まるはが深く関わっているらしい、そんな鶏白湯ラーメンがウリのラーメン店だそう。

以前は夜営業もやっていたが、現在は昼営業のみのようだった。製麺所はカネジン食品さんらしく、それもあってさらに気になるしかなかった。

ramenkin02

ramenkin03

ramenkin04

ramenkin07

そんなわけで千葉市内の所用を済ませた後で、京成電車に乗って久しぶり幕張で途中下車して駅からそう遠くないその店頭にやって来た。

ramenkin05

ramenkin17

ramenkin06

ramenkin10

ramenkin11

軽く店頭の撮影を済ませて入店して行くと、ランチタイムのいい時間もあってか常連さんらしき三人の先客に、厨房に店主が一人立つこちらだった。

あらかじめ鶏白湯のつもりで来たが、先客の一人が食されている混ぜそばが、思いのほか美味しそうなビジュアルにこれで行くかとなった。

メニュー名を確認しようと背中の壁面のメニューを見て、思わずはてなマークが頭の上に幾つも浮かぶしかなかった。そこにはなんと油そばと混ぜそばの、二つの提供メニューが記されていた。思わずどう違うのか、そこから入るしかなかった。

するとどちらもつけめん用の太ちぢれ麺で見た目は変わらないらしく、油そばは鶏白湯醤油ベースの汁なしで、混ぜそばの方はオイスターソースが味の決め手になっているものであることが判った。

先客の方が口にしているのが混ぜそばだそうで、オイスターソースのまぜそばはこれまで聞いたことがなかっただけに、とりあえずその混ぜそばを愉しむことに。すると辛さが選べるそうなので、少し辛めでお願いすることにした。

オープン時からしばらくの間だけ、らーめん処まるはのスタッフがサポートして手助けして貰い立ち上げられた、そんなラーメン店であることを教えてくれた。

以前は金のから揚げなるサイドメニューがあったようだが、現在はやめてしまったようだ。

オーダーした混ぜそばだけは、金店主が開発したオリジナルの提供メニューだそう。よく聞いて見ると調味料をうっかり間違えて入れたことがきっかけだったそうだ。

食べて見るとこれが実に美味しく、常連客にも好評を博したのでメニューに加えたそうだ。ベースの油を入れ忘れたから、これでは油そばと言えないから、それで単純に混ぜそばと命名したらしい。

当初は夜営業もしていたが、しばらく前から夜はこちらをオープンさせる前から、生業としていた整体師の仕事をしているそうだ。

昼はラーメン店主で夜は整体師と言う、韓国から来られた金(キム)店主だそうで、店名はそんな店主のお名前からのようだが、その店名の読み方は縁起等からキンと読ませていると言う。

混ぜそばを食していた方はテナント建物2階で営業している美容室ジャックと豆の木の方らしく、もう随分利用している様子で店主の人柄もあって既にそんな常連さんが多そうな感じだった。程なく到着。

ramenkin08

ramenkin09

官能的な太ちぢれ麺の上に、多めのザク切りチャーシューに半裁味玉と、白髪ネギ・茹でほうれん草・刻み海苔・みじん切りタマネギが乗せられていた。これだけ具沢山で500円は、かなりお得と言えた。

カネジン食品謹製らしい麺を良く掻き交ぜてからそれではと行かせて貰えば、絶大なるその素敵な美味しさに夢中になって喰らうしかなかった。

まぜそばなどの麺量は、つけめん共に、並盛で240gだそう。オイスターソースだけでなく、米酢や胡麻油が入って、それにしてもこれは素晴らしかった。

ramenkin12

ramenkin13

ramenkin14

ramenkin15

ramenkin16

やはり鶏白湯も行くかとなってそちらをお願いすると、しょうゆベースと塩ベースが選べるそうで、そこはしょうゆベースでオーダーすることに。ちなみに、ラーメン系の麺量は、およそ160gだそう。

若鶏のガラとモミジを8時間煮込んだコラーゲンたっぷりのスープに鶏油が比較的多めに浮いたもので、それでいて何とも味わい深い持ち味でこれまた美味しかった。

後半になってから味変用として、魚粉・韓国辛味噌ダレ・山椒油を入れて愉しめるそうで、頂いて試して見たがこれまた良かった。

こだわりと誠意が感じられる提供メニューと言えて、それだけに気がつけば完食だった。いや、誠心誠意・一所懸命・切磋琢磨と浮かんだ味わいだった。

ramenkin18

ramenkin19

★ ラーメン 金@幕張

住所/千葉県千葉市花見川区幕張町5-465-1リブポート幕張1階 TEL非公開 定休日/日曜日 営業時間/11:00~15:00 ※昼営業のみ

※アクセス
JR幕張駅または京成幕張駅下車。南口駅前から湾岸方面に延伸道路に出て進んで行き、幕張駅入口交差点を右折して80mほど歩いた平和交通バス幕張駅入口停留所前の左手建物の1階にあり。
           
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
m ( _ _ ) m