bluedragon01

北陸地方が昨日一足早く梅雨明けして上空を見上げれば陽射しが時折り煌めくものの、蒼白に灰色が鈍く混じる雲が覆いかぶさり北寄りの風が気温を気持ち下げていた七月文月二十三日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、周辺は雨落ちることもなく関東地方が梅雨明けすることもなかったそんな午後七時過ぎだった。

JR本八幡駅高架下のシャポー本八幡は、しばらく前から耐震補強工事により休業していたが、今回そのレストラン街ゾーンが第1期再開エリアとなって2016年7月12日にリニューアルオープンを果たした。

株式会社ジェイアール東日本都市開発が運営する商業施設で、今回の再開でタリーズコーヒーなどもオープンしてより便利になりそうだ。

ベビールームや多目的トイレが新設されただけでなく、各飲食店では昨今要望が多いと言われている持ち込み離乳食の温めサービスにも対応していると言う。

そんなレストラン街と共に開業した一店となるこちらで、中国に留まらず台湾とベトナムの麺料理に、見た目に華やかな生春巻や熱々で美味しい小籠包等の点心も提供するアジアン中華ダイニングだそう。

青龍と言えばその昔に秋葉原駅前に在ったラーメン店いすずの味をプロデュースしたラーメン小林が移転した先で名乗った店名 で、今は店主が引退してしまい閉店してしまいその店は存在していない。

それでも何処かでひっそりと営業していないか、ネットで探してしまう店名だけに、それだけに余計心引かれてしまいそれが際コーポレーション系列店ならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

bluedragon03

bluedragon04

bluedragon05

bluedragon19

そんなわけで自宅最寄り駅の本八幡に降り立ち、少し前まで閉鎖されて最近また通れるようになったシャポー改札口から抜け出て、前方のエスカレーターを降りて行った先にあるその店頭へやって来た。

bluedragon08

bluedragon09

bluedragon10

さっそく入店して行くとカウンター席のないテーブル席が並ぶフロアが広がっていた。それだけに単身客ながら左手奥のテーブル席に案内されてそこに腰を下ろした。

メニューリストがテーブルに置かれていて、それを広げると様々な提供メニューが用意されていた。思わずしばし何にするか、悩むところとなった。

これにするかと決めて来られたスタッフに厚切り牛バラのせパワー麺が気になりながらも、選べる麺とハーフ炒飯セットを希望して麺は鶏ねぎ麺を選んだ。そして点心も行くかとなって、ドラゴン焼き餃子を一緒にお願いすることにした。

bluedragon06

bluedragon07

こちらのブランドのファーストオープン店は、2013年12月20日に開業したイオンモール幕張新都心店だそう。その後に2016年2月25日にイオンモール水戸内原店がオープンして、3番目に開業した店舗になるようだった。

青龍ORIENTALのロゴに被るように、BlueDragonの文字があしらわれた店名表記で、その名もブルードラゴンオリエンタルだそう。

紅虎餃子房や万豚記に蒼龍唐玉堂など数々の人気中華店を国内で展開する際コーポレーションだが、その創業第一号店は米軍横田基地脇で1991年6月16日に開業した韮菜万頭と言う中華店らしい。程なく到着。

bluedragon11

bluedragon12

bluedragon13

bluedragon14

bluedragon15

bluedragon16

bluedragon17

bluedragon18

それではと行かせて貰えば、そこはやはり際グループらしい持ち味が素敵な風情を示す中華醤油スープ。具材と細麺の風合いも、またとてもなかなか良かった。

チャーハンや餃子にデザートの杏仁豆腐も実に美味しく、それだけに気がつけば完食だった。いや、確実に明確に的確に明瞭に素晴らしかった。

bluedragon20

★ ブルードラゴンオリエンタル シャポー本八幡店

※公式サイト~http://www.kiwa-group.co.jp/
住所/千葉県市川市八幡2-17-1シャポー本八幡レストラン街エリア内 TEL047-712-5444 定休日/不定休 ※施設に準ずる 営業時間/11:00~22:00(21:30LO)
※アクセス
JR本八幡駅シャポー改札口下車。前方のエスカレーターを降りて直進して行った、横断道路先レストラン街エリア奥の左側にあり。
            
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
m ( _ _ ) m