ayamya01

霞みがちながら仰ぐ空は青く梅雨明けの様相を感じるものの気象庁はその宣言を躊躇していた、そう言われて見れば気温が気温だけに理解出来るそんな八月もそう先ではない七月文月二十五日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、湿度を感じる夜風が幼い頃の夏の思い出を運ぶようにそよいでいた、気温が梅雨明けを左右するであろうそんなことを感じた午後七時過ぎだった。

つい先日の2016年7月20日にオープンしたばかりのハラル認証を受ける予定の、京都に本店がある鶏そば専門店の系列店になるこちらだそう。

鶏白湯ラーメンを提供するラーメン店のAyam‐YAで、サファリグループ なる大阪に本社を置く外食企業が運営する飲食店らしい。

京都下京区に本店とも言える1号店を2015年5月28日オープンさせて、さらにマレーシア・クアラルンプール空港内に2号店 となる系列店が2015年12月16日にオープンしており、こちらはその3号店となるようだ。

そんなわけでハラル認証の京都の鶏白湯専門店と言う、触れ込みにいたく気になるところとなっていただけに、オープン日情報に翻弄されながらもオープンした情報をネットで知り、さっそく仕事帰り立ち寄ることにした次第だった。

ayamya02

ayamya03

ayamya04

ayamya05

ayamya06

と言うわけでまた秋葉原で途中下車して、山手線で御徒町まで足を延ばして、御徒町南口改札口から外に出て昭和通りへ。

少し前に看板が掲げられる前のテナント建物に立っていただけに、迷うこともなく多慶屋5号館脇の路地を入って30mほど進んだ左側にあるその店頭へやって来た。

七月初日のオープンかと思いきや、月末情報にまだ先かと思っていたが、既に20日にオープンしていたようだ。

ayamya07

ayamya09

ayamya10

ayamya11

ayamya12

ayamya13

さっそく入店して行くと入口傍にピカピカの厨房が左手にあり、その前にカウンターテーブルがあるものの椅子は用意されておらず、2階に上がるよう案内受けたので階段を上がるといかにも居抜き店舗らしいフロアが広がっていた。

なかなかの広いフロアで、満員になったら大変そうなほど。ちょうど先客ゼロの店内で、手前寄り右奥のテーブル席に身を落ち着けた。

テーブルに用意されたメニューリストから、悩んだあげくの末にスパイシー鶏そば(醤油)と鶏チャーシュー丼(小)をお願いすることに。

提供メニュー数はいたってシンプルで、鶏白湯スープの鶏そばとスパイシー鶏そばに、それぞれに醤油味と塩味が用意されていたがスパイシーにするかしないかつい悩んでしまった。

そうしない内にモスク帰りのようなイスラム圏らしき女性の方が後続客として来店。実は店舗スタッフの方も、同じような雰囲気の方で、まさしくハラル認証店らしい、そんな雰囲気に浸れる店内だった。店内の案内によれば、今後つけ麺も提供していくようだ。

ayamya14

ayamya15

ayamya16

ayamya17

程なくして風情も豊かなほどに、食欲をそそらせる表面が紅く染まる鶏白湯ラーメンがやって来た。無化調らしい。仮面ライダーのような絵が、ドンブリに刻まれていた。

それではと行かせて貰えば、なんたる素晴らしい味わいの素敵な持ち味の鶏白湯スープなことか。魚介風味に特製ラー油がまた良かった。平打ち中太多加水熟成麺も、なかなかの風合いで、その個性がキラリと光っていた。

特製激辛ラー油は確かにかなり辛い方だが、とんでもないほどではなかった。植物油のゴマ油に一味唐辛子をベースにして、カイエンペッパーなど数種類の唐辛子を入れ込んだものだそう。

ayamya18

ayamya19

鶏チャーシュー丼(小)も実に美味しいもので、それだけに気がつけば完食だった。

ハラル認証とはイスラム諸国のルールにより、ハラールによって定められた処理を行った食品を、定められた調理によって提供していることを証明するものらしい。

豚肉とアルコールを利用しないだけでなく、1羽1羽を決められた文言を唱えながら屠畜して行った鶏を利用しなければいけないそうだ。

店名に用いられるAyamとは一般的にインドネシア語で鶏を意味するものだが、マレーシアなど周辺国で広く利用される言語となっているようだ。

マレーシア団体のハラル認証が国際的に認知度が高いようで、現在京都本店と同じルートでこちらでもその認証団体に申請を既に提出しているそうだ。ネットを開くと近年の動きとしては、そんな周辺国で認証制度を一本化する調整が始まっていると言う。

クアランプール空港店も御徒町店どちらも、運営上はフランチャイズ企業となっているそうだが、どちらもサファリグループの関連企業であるらしい。

店舗の周辺にモスクがあるそうで、そこは日本に到着して一番最初に利用し易い場所らしく、それもあってこの場所に店舗をオープンさせたのだそう。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、猛攻怒涛の良さがあり感慨無量のしみじみさもあり、国際貢献の素晴らしいハラル認証鶏白湯と言うしかなかった。

ayamya20

★ 鶏そば Ayam‐YA 御徒町店

※紹介サイト~https://www.halalgourmet.jp/ja/restaurant/805
住所/東京都台東区台東4-10-1 山田ビル1・2階 TEL03-3834-6656 定休日/無休 営業時間/11:30~15:00中休17:00~22:00
※アクセス
JR御徒町駅ほか下車。昭和通り沿い多慶屋5号館脇の路地を入って30ほど進んだ左側にあり。
  
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m