menshokikuchi01

爽やかな青空に霞み雲と共に灰色混じる雲が浮くものの陽射しが気温を上げさせて、正午前に各地で30度を超え気象庁が関東地方も梅雨が明けたことを発表していた七月文月二十八日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夏の夜空が八月を待つように広がっていた、そんな午後七時過ぎだった。

つい先日の2016年7月24日から新たな新店が、地下鉄住吉駅からやや歩いた場所の四ツ目通り沿いでオープンしたと知り、通勤帰りに立ち寄れる場所だけにそれならばとなって訪ねることにした。

menshokikuchi02

menshokikuchi03

menshokikuchi04

そんなわけで黄色い総武緩行線電車を錦糸町で途中下車して、四ツ目通りの京葉道路を越えた場所から発車する、都バス錦22系統臨海車庫行きに乗車。

六つ目の千田バス停で降車して、30mほど戻った頃だろうか、右側にこちらが風情もよく営業しているのを見つけた。

menshokikuchi05

menshokikuchi06

menshokikuchi07

menshokikuchi08

さっそく入店して行くと開業まもない店内らしく、開店を祝う花々がそこかしこに飾られていたフロアが広がっていた。ふと見ると一番奥に製麺室が設けられていて、その中に真新しい製麺機械が鎮座していた。

入口寄りのカウンター席に腰掛けながらメニューリストを広げると、味玉が今夜は既に売切れである案内を受けた。そこでラーメンはチャーシュー麺にして、サイドメニューも行くかとなって留萌産の自然卵らしい幻の卵かけご飯もお願いすることにした。

実家が昔から小学校給食調理の仕事をされて来たそうで、家族もフレンチ等のシェフ経験のある方ばかりらしい。それだけに調理経験は豊富にあったそうだが、ラーメン店を開業したい気持ちから、白河手打中華賀乃屋@北上尾で1年半ほど修業経験もある店主だそう。

菊地店主のお祖父さんが定年退職してから2000年より四年近くの間だけ、埼玉県羽生市国道122号の利根川に架かる昭和橋のたもとで屋台営業していたそうだ。そんな家族で運営するこちらで、家族みんなの力を合わせて営業しているそうだ。

こだわりらーめんきくちとして、お祖母さんと一緒に営業していたようだ。こちらで提供するラーメンは、そのレシピを忠実に再現させた言わばリバイバルの中華そばだそう。程なく到着。

menshokikuchi09

menshokikuchi10

menshokikuchi11

menshokikuchi12

menshokikuchi13

それではと行かせて貰えば、その穏やかで愛おしくなる優しい味わいは、大号泣出来るほどで実にたまらない味わい。

国産の生の山口産鶏ガラと背ガラを香味野菜と共に炊いたこだわりの無化調のスープとのことで、カエシは蘊蓄によれば有機醤油と国産特別栽培醤油を使用しているそう。

自家製麺は天然かん水100%の国産小麦に、こだわって製麺しているそうで、本日の小麦粉は北海道産のものだそう。

鶏ガラ背ガラ半々くらいの割合いで、麺は二日程度寝かせた熟成麺と言う風情に、さりげなく確認すると当たっているようだった。

豚チャーシューの持ち味がまた実に素晴らしいもので、肩ロース肉の柔らかい中間辺りの部位を利用して作り上げたものだそう。

今回品切れだった味玉は留萌産でなく山口産のものだが、同様に抗生物質着色料不使用のこだわり抜いたものらしく、メンマも無漂白無添加のものを利用しているのだそう。

menshokikuchi14

menshokikuchi15

menshokikuchi16

menshokikuchi17

その留萌産の生卵の素晴らしさは圧巻かつ驚愕と言える美味しさで、最後にスープを流し更におじやにして愉しみそれだけに気がつけば完食だった。

留萌の玉子は野菜を仕入れる関係から知り合った養鶏農家から直に仕入れたものらしい。

普段都会に流通することはない玉子だそうで、海辺に近いので砕いた貝殻をふんだんに飼料として与えられている平飼いの鶏らしく、その所為だからなのか実にふくよかな味わいがあって良かった。

10年以上前利根川に架かる橋の周辺で提供していた屋台営業の夜鳴きそばの味が、この現代にその店主の孫の手によって劇的に甦ったその様は、梅雨明けの日の夜に相応しくまるで真夏の夜の夢であるかのようだった。

いや、狷介不屈・金剛不壊・百錬成鋼・志操堅固の果てに生まれた中華そばと言えて、かなりとんでもなく絶大に果てしなくそれはしみじみとしていて、実に夜鳴きそばらしさを感じたそんな素敵な中華そばとも言うしかなかった。

menshokikuchi18

★ 麺匠 きくち

※公式ツィッター~https://twitter.com/menshokikuchi
住所/東京都江東区千田22-5 サンハイツ千田101 TEL03-6666-8628 定休日/不定休 営業時間/17:00~未定
※アクセス
地下鉄住吉駅またはJR錦糸町駅下車。どちらの場合も都バス錦22系統臨海車庫行きに乗車して千田バス停で降車。30mほど戻った右側にあり。住吉駅から徒歩圏内(10分)。
   
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m