nisou01

梅雨明けらしい爽やかな青空から陽射しが燦々と煌めいて、白く浮かぶ綿飴のような雲を眩しくさせていた夏本番を迎えた七月文月二十九日の休日金曜日だった。

東急池上線蓮沼駅五反田方面ホーム改札口の目と鼻の距離の場所に、煮干しラーメンをウリとする新店が2016年7月20日オープンしたとして気になっていた。

気になるもう一軒の新店もその周辺で営業しており、こうなればセットにして出掛けるかとなった次第だった。

nisou02

nisou15

nisou03

nisou04

そんなわけで秋葉原に出てそこから京浜東北線快速電車に乗り換え、蒲田でさらに東急池上線電車に一駅乗って、こちらの最寄り駅である蓮沼で下車。

改札口を抜けて踏切道路に出ることなく目の前の道を左手に進むと、なるほど程ない左手に風情も良くこちらが佇んでいた。

nisou05

nisou06

nisou07

さっそく入店して行くと目の前に、小型券売機が待ち受けていた。煮干し醤油や冷やし塩ラーメンが気になりながらも、あらかじめ決めていた濃縮煮干し醤油並を選んだ。そして追加トッピングするかと、さらに味玉のボタンを連打。

ふと見ると辛み増しのボタンが、小20円・中50円・大80円と三つも用意されていた。強いこだわりがひしひしと感じられて、思わずその辛みボタンの小ボタンをもう一つ押すことにした。

煮干し醤油は、平子・かたくち・アジをふんだんに使用した鶏白湯らしく、選んだ濃縮煮干し醤油は煮干しを強くして苦みやえぐみを前面に出した仕様のようだ。

ちなみに限定らしき冷やし塩ラーメンは、煮干し・鰹・昆布・香味野菜でダシをとった昆布で瀞みを付けたものだそう。

味噌麺処花道@野方で麺処花田@池袋の店主と同期で、銀座路地裏の某有名店では麺処きなり@駒込の店主と同期だった店主だそう。程なく到着。

nisou08

nisou09

nisou10

nisou11

nisou12

nisou13

nisou14

それではと行かせて貰えば、なかなかの優雅な煮干しの持ち味が実に素晴らしい味わいがたまらないもの。チャーシューも適度なサイズのものが二枚入ってこれがまた素敵だった。

後半になってから辛みをスープへ投入して愉しめば、スープとは違う魚介感が感じられたので店主にお聞きすると、唐辛子ベースらしき辛みにも煮干しを入れているそう。

そして少し間を空けてから、実はアンチョビも入れていることを教えてくれて、なるほどアンチョビだったのかと霧が晴れるところとなった。

三河屋製麺謹製の縮れ気味の中太平打ち麺は特注ではないそうだが、濃厚煮干しスープに良い相性となっていて、その手の麺が好みだけに嬉しい風情を造作していた。それだけに、気がつけば完食。

いや、猛攻怒涛の猛烈号泣の美味し濃厚煮干し系で、気品さえ感じられる煮干しの持ち味が大変に素晴らしかった。

nisou16

★ 麺処にそう

※公式ツィッター~https://twitter.com/rojiura3111
住所/東京都大田区東矢口3-1-11 TEL非公開 定休日/日曜日・他 営業時間/11:00~15:30
※アクセス
東急池上線蓮沼駅下車。五反田方面ホーム改札口前の道路を左手に進んで程ない左側にあり。
 
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m