ichiken01

上陸しなかった台風5号の影響だろうか、なま温かい強風が街角の木々を揺らしながらそよいでいた、気温がグングンと上昇して行き午前中からすでに猛暑日の様相に日蔭を探して歩いていた、そんな真夏の女神が微笑む八月葉月九日の休日火曜日だった。

店名が刻まれた白い暖簾の左隅に小さく生粋グループであることが記されている煮干しをウリにする新店が、つい先日の2016年8月2日からJR埼京線板橋駅東口周辺に開業したとして気になっていた。

生粋グループと言えば、地元本八幡に輝宗なる店舗が少し前にオープンしており、思わずその関連性が気になるところだ。

ichiken02

ichiken20

ichiken04

ichiken05

ichiken17

そんなわけで休日を利用して出掛けて見るかとなって、本日も都内に出て訪ねることにした。本八幡に出ると総武線電車が動いてなかったものの、都営新宿線の振替輸送の対応が既に始まっており、特に問題もなく新宿に行きそこから池袋を経由して埼京線の板橋で下車。

東口の改札口を出ると前方のロータリーに池と噴水があり、折りからの猛烈な暑さに子供らが噴水と戯れてはしゃいでいた。

そんな駅前ロータリー噴水奥の道路のさくら通りを、右手に50mほど進んで行った頃だろうか、桜の街路樹が立ち並ぶその通り沿いの左側に風情も良くこちらが佇んでいた。

ichiken06

ichiken07

外に入店を待つ先客も居なかったので、さっそく入店して行くと盛況なフロアが広がっていた。左手に券売機が待ち受けていて、そこで予定通りこってり煮干し白湯そばを選んだ。

てっきり特製仕様があるかと思えば特に用意されておらず、デフォルトで乗る具材をお聞きすると比較的素敵な内容に、それならばと追加トッピングで煮玉子のボタンだけを連打することにした。

右寄り奥の空いたカウンター席に促されて、そこにチケットを手渡しながら腰掛けた。

提供メニューはこってり煮干しの白湯そばとつけそばに、あっさり煮干しの清湯醤油がラインナップされていた。現在はオープン記念価格として、50円安く提供しているようだ。

池袋生粋で三年間修業された経験のある店主だそうで、生粋グループ店としているが今回独立した形で開業したそう。輝宗@本八幡と関連店と言う間柄ではあるものの運営は全く関係ないそうだ。

さりげなく店名由来をお聞きして見ると、乾燥した煮干しが剣のように鋭かったのに気づいてそこからその店名が浮かんだのだそう。

何気なく振り返ると村上朝日製麺と刻印された橙色で樹脂製の麺箱と、何種類もの煮干しの段ボール箱が幾つも積まれて置いてあった。程なく到着。

ichiken08

ichiken09

ichiken10

ichiken11

ichiken12

ichiken13

それではと行かせて貰えば、溺れてしまいそうな程と言える、怒涛のビターな煮干し感がそれは実にたまらないもの。

焼き上げた秋刀魚を粉砕して清湯醤油へ入れる池袋生粋出身店主だけに、これまでの濃厚煮干しスープに修業先のアレンジも加えられているようなイメージを受けた。

と言うのも何処よりも魚介のビターが感じられるものの、それが実に風情豊かな持ち味となっていて、思わず心揺れる美味しさと言うしかなかった。

村上朝日製麺謹製らしい中細ストレート麺も煮干しスープとの相性が良く、低加水の分麺量が多く感じられその分満足度も高かった。

隣りの後続客はつけそばを口にされていたが、かなり太いストレート麺で、そちらもそそるものがあって美味しそうだった。

煮干しスープは時季によって魚質を考慮して仕上げているそうで、ここ最近は背黒と平子をベースに伊吹いりこなど5種類の煮干しに、アジ・サバ・アゴの魚介も投入したものだそう。

煮干しそば人気店と言うと煮干中華ソバイチカワ@つくばや、都内であれば中華ソバ伊吹@志村坂上が思い浮かぶところだが、店主自体は伊吹に一度訪れた程度だそう。煮豚とメンマに菜の花も、かなりとても美味しかった。

ichiken14

ichiken15

ichiken16

カウンターテーブル周りに替玉の案内があり、その仕様を確認するとやはり単体でも愉しめる和え玉らしくこの際だからとそちらも試して見ることに。

程なく到着して、見ると刻みチャーシューに小口切りされた長白ネギ、さらに微塵切りの玉ねぎ・高菜が具として添えられていた。

底には和えダレが多めに入っておりよく掻き混ぜてから食して行き、後半になってからそこへ煮干しスープを投入し、煮干しまぜそばとしても実に素晴らしかった。それだけに、気がつけば完食。

濃厚ビター煮干しにプラスして魚介食材で仕上げているそうで、その黄金的な風味に思わずこれぞニボビタゴールド魚介スープと思うしかなかった。

ともあれそんな煮干しスープの世界に、また新たな一手が加わった感じで、大号泣出来た素晴らしさと言えた。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、伝家宝刀と百戦錬磨・不惜身命から生じた雲蒸竜変の味わいで、なんとも紫電一閃の事態さえ起きそうな予感を感じるほどの美味しさだった。

ichiken18

ichiken19

★ 煮干し中華そば一剣 ICHIKEN

住所/東京都北区滝野川7-7-5 TEL03-5980-7255 定休日/不定休 営業時間/11:00~14:30中休17:30~21:30
※アクセス
JR埼京線板橋駅東口下車。駅前ロータリー噴水奥の道路のさくら通りを、右手に50mほど進んで行った通り沿いの左側にあり。
     
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m