emotoshinsen01

久しぶり渋谷神泉周辺に来て、もう一軒行けるのであればとなって、悩んだ末にこちらを訪ねることにした。

今春の2016年5月20日に、2号店となるこの神泉店がオープンして気になっていた。

emotoshinsen02

emotoshinsen03

そんなわけでこちらも神泉駅から少し歩いた、そんな場所にある建物の1階で営業していた。その建物の入口にノボリと立て看板があり、その中へ入って進んで行くと一番奥寄りで店名を見つけた。


emotoshinsen04

emotoshinsen05

emotoshinsen06

emotoshinsen07

emotoshinsen08

さっそく入店して行くと店名にもなっている店主がこちらにおられて、ご挨拶しながらも手前の空いていたカウンター席に腰掛けた。

本日からこの神泉店でも提供を開始したらしい海老まぜそばが気になりながらも、ラーメン気分だったので悩んだ末に伊勢海老煮干ラーメンを選んで、醤油味の方を特製トッピング入りでお願いすることにした。

創業店となる中目黒店は、2014年9月30日にオープンしたようだ。そこはお好み焼き「まっか」中目黒店で、昼営業を間借りして営業しているようだ。

店主はラーメン凪に1年ほどおられたことがあるそうで、その生田智志大将と同じ福岡小倉出身であることを教えてくれた。

ふと見ると一番奥の壁面に、ロイ・リキテンシュタインの「クリスチャンルブタン」のポップアートポスターが飾られてあった。程なく到着。

emotoshinsen09

emotoshinsen10

emotoshinsen11

emotoshinsen12

emotoshinsen13

辛子色のドンブリが、独特なオーラを発していた。それではと行かせて貰えば、こちらもかなり素晴らしい持ち味があってとんでもなくたまらないもの。

鶏ガラがほど良く効いて、煮干しを凪とはまた違った手法で味わい深さを表現させていて、凪製麺謹製らしい中太ストレートがまた実に素敵と言うしかなかった。

低温調理のレアチャーシューがこれまた爆涙もので、味玉とメンマも実にかなり良かった。

多種類の厳選煮干しをじっくりと炊いたものらしく、かえしはかめびし醤油とヤマロク醤油を利用したオリジナルのものだそう。

伊勢海老を移した香味油と、その殻をローストしてミルサーで粉砕した粉末を掛けて、伊勢海老を醸し出したそうだ。

伊勢海老と煮干しがバランスよく表現されており、その麗しい風合いの良さに号泣するしかなかった。それだけに、気がつけば完食だった。

何年か前に中野坂上で営業していた、50年近い歴史があった中華ほうぶん軒と言う中華店で、三年ほど修業していたこともあった店主だそう。

中華店だけにその時によくチャーハンを作っていたそうで、現在こちらでも提供するか検討をしていることを教えてくれた。

いや、かなりとんでもなく絶大に素晴らしく、これぞ新進気鋭・勇猛果敢・大胆不敵・拍手喝采・綾羅錦繍・高山流水の素晴らしき伊勢海老煮干と言うしかなかった。

emotoshinsen14

emotoshinsen15

★らーめん恵本将裕(えもとまさひろ) 神泉店

※公式ツィッター~https://twitter.com/ramen_emoto
住所/東京都渋谷区円山町第18宮庭マンション1階 TEL非公開 
定休日/日曜日 営業時間/11:30~15:00中休18:00~23:00
※アクセス
京王井の頭線神泉駅南口下車。踏切道路を右折し通りに出たら右手に進み、右カーブの途中にある左路地を入る。大通り直前左手ビル1階の一番奥にあり。
   
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m