koshukoenji01

厚い乱層雲から止めどもなく雨が滴るものの、強い風が吹くこともなく気温も幾分やや低めの八月葉月後半二十日週末の土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば雨は小康状態となって、台風11号の影響だろうか湿度の高い夜風がそよぐ午後七時過ぎだった。

揚州商人で修業された方が1994年に広州市場五反田店を開業させて始まったこちらで、その後に大塚店と中目黒店をオープンをさせている。

そんな株式会社ワイ・エス・ケーが運営するワンタン麺専門店だ。ちなみに2008年頃に一時期だけ、平和島店なる系列店が営業していたようだ。

以前に2010年10月27日オープンした西新宿店2011年11月19日にオープンした新宿東口店を訪れているが、その6番目の系列店が先週木曜日の2016年8月11日高円寺駅前にオープンしたようだ。

2店の系列店のワンタン麺どちらも印象が良かっただけに、また訪れたいと考えていた店舗で、その新店と言うことでそれならば本日こそと仕事帰り立ち寄ることにした。

koshukoenji03

koshukoenji04

そんなわけで黄色い総武緩行線電車に乗って高円寺で途中下車し南口に出て、ガード下を右手の阿佐ヶ谷方面に進んで行き、横断歩道を渡って少し直進した右側で営業していたその店頭にやって来た。

入店前にオーダーしてから順番に入店して行くスタイルで営業しているようで、空席が外から見受けられるものの若干待つことに。

オーダーを受けるスタッフが出て来て、それが済むと順次入店の案内を受けて指示されたエリアに着席出来た。

koshukoenji05

koshukoenji06

koshukoenji07

koshukoenji08

koshukoenji09

koshukoenji10

koshukoenji11

午後5時から始まるミニご飯物付きメニューの丸得夕食セットのお品書きから、黒豚雲呑麺の醤油味と魯肉飯のセットメニューを注文した。

その中に夕食雲呑麺と言うのがあり、それって何?と思ったが要するに通常の豚ワンタンが入る広州雲呑麺のようだった。

濃厚海老雲呑麺や油淋鶏わんたん定食にライス付き雲呑入り汁なし担々麺が並ぶメニューで、かなり悩まされたが黒豚の二文字にそこはズドンと来てミニ飯物は前回煮豚飯だっただけに二秒で魯肉飯(ルウロウハン)を選んでいた。

その他に高菜飯も選べる、そんなミニ飯物らしかった。なお魯肉飯は煮豚と高菜が入るご飯だった。周囲の白い壁面には大きな文字で、蘊蓄が書き記されていた。

卓上にはワンタン用のタレが用意されているこちらで、食べるラー油・たまねぎダレ・塩しょうがダレ・にんにくダレが、容器に入れられ整然と置かれていた。程なく到着。

koshukoenji12

koshukoenji13

koshukoenji14

koshukoenji15

koshukoenji16

koshukoenji17

koshukoenji18

大きな肉ワンタンがたっぷり7個も麺の上に乗せられていて、その下に中太平打ちストレート麺が清湯スープに泳いでいた。

それではと行かせて貰えば、これだけの内容でほぼ千円で愉しめるのは嬉しい限りと言うしかないもの。

専門店だからできる清湯スープのこだわりとして、赤鶏がらと新鮮野菜を使い素材の旨味を引き出すよう、手間ひまかけてじっくりと煮込んだ本物の中華スープと言うことらしい。

肉ワンタンは皮をツルッとした喉越しで愉しめ、肉餡は鮮度と手ごねに手包みで湯切りにもこだわっているものだそう。

先述した食べるラー油・たまねぎダレ・塩しょうがダレ・にんにくダレを、順番にワンタン用レンゲで試して見たがどれもなるほどの美味しさで実に良かった。

いわゆるルーローハンもなかなかの美味しさで、それだけに気がつけば完食だった。

koshukoenji19

精算時にありがとうクーポンが1枚貰えて見ると1枚で煮玉子で、10枚貯めると半年広州会員券など幾つかのパターンが用意されていた。

駅に戻ろうとすると高円寺の東京阿波踊りは来週の27日28日に開催されるようで、ガード下にそれを案内するポスターが幾つも貼られていた。

いや、かなりとんでもなく絶大に素晴らしく、途轍もなくとっても間違いなく良かった。

koshukoenji20

★ 広州市場 高円寺店

※公式サイト~http://www.kosyuichiba.com/
住所/東京都杉並区高円寺南4-47-1 TEL03-5327-8077 定休日/無休 営業時間/11:00~24:30(24:00LO)
※アクセス
JR中央線高円寺駅南口下車。ガード下を右手の阿佐ヶ谷方面に進んで行き、横断歩道を渡って少し直進した右側にあり。
       
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m