menyayoshi01

夏の勢いを次第に失いつつある時季の暗い灰色に染まる天空から、微量の雨が注いでは止んでを繰り返していた、秋も間近な空気が薫る八月葉月下旬二十九日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、台風の影響だろうか降雨は幾分本降り気味となって、くすむアスファルトに雨が滴るそんな午後七時過ぎだった。

つい先日の2016年8月25日に西日暮里駅周辺でオープンした新店は、石神秀幸氏が塾長を務めている食の道場出身らしく、浅草開化楼謹製の麺がそこで提供されていると知って気になるしかなかった。

その店主は聴覚に障害を持つ聾唖者だそうで、今年で10周年を迎える聾プロレスイベントプロジェクトの闘聾門JAPAN代表でもある毛塚和義氏と言う方らしい。

menyayoshi02

menyayoshi18

そんなわけでまたしても新宿で山手線外回り電車に乗り換えて西日暮里へやって来た。改札前の道灌山通りを左手に300mほど進んで行った頃だろうか右側に風情良く営業していた。

先日訪れた某店のすぐ傍でオープンしたこちらだった。店内は満員御礼らしく、店先に二人の方がおられて、入店出来るのを待っていた。

店内に4~5人が待ち椅子に座って待っているようだった。店頭にはスープの実にかぐわしい香りが立ち込めていて、口にする前からワクワクさせるものがあった。

その後ろに就いてしばらく並んでいると、7~8人に及ぶ店主の趣味仲間らしき方が来られて、タイミングが良かったようで思わず胸を撫で下ろした。

menyayoshi03

menyayoshi04

menyayoshi05

menyayoshi06

menyayoshi07

menyayoshi08

menyayoshi09

そうしない内に入店出来て、前の先客にならって店内待ち椅子に座る前に券売機で特製義ラーメン(しょうゆ)のチケットを購入。間違えてチケット購入した時の為だろう、お買い間違いと刻まれたプレートが、その券売機にぶら下がっていた。

店主が聴覚障害の関係もあるからだろうが、店主以外の厨房スタッフは普通にやり取り出来るので、普通のラーメン店と変わりなくラーメンが愉しめるこちらだ。

券売機の上にはオープン当日の日付が入った石神秀幸氏のサイン色紙と、漢字が変わってもサインは変わらない不死鳥カラス氏のものも。

程なく空いたカウンター席に促されて着席。22時閉店のこちらだが連日盛況のようで、本日も20時半前ながらスープ切れのため、暖簾が仕舞われてそれを壁面の所定の場所に掛けていた。

卓上に最近では珍しくなって来た、白黒ブレンドのいわゆる銀胡椒が置かれてあった。程なく到着。

menyayoshi10

menyayoshi11

menyayoshi12

menyayoshi13

menyayoshi14

menyayoshi15

menyayoshi16

それではと行かせて貰えば、店先のスープの香りを裏切らない、それはもう実にたまらない味わいと言えた。スープは国産の鶏ガラに丸鶏だそう。揚げネギが入って、その風情がまた素敵だった。

麺は北海道産小麦ゆめちからに、ビタミンやミネラルが豊富な小麦外皮粉のふすまを配合した浅草開化楼謹製のものだそう。その小麦粉のシフトからして、カラス氏のプロデュースでないことが伺えた。

カエシは神戸産の天然醸造醤油や島根産濃口醤油、さらに小豆島産薄口醤油や海の精使用の生醤油をブレンドしたものらしい。これがキリッとした面持ちで、なかなか素晴らしかった。

ちなみに塩ダレは沖縄産の2種類の塩と瀬戸内の塩をブレンドして、山形産白醤油に魚介スープを合わせ熟成させたものだそう。

チャーシューは全て国産生肉使用らしく、自家製のタレに漬け込んだバラ肉を蒸したものと、低温調理で仕上げてからハーブと沖縄産海水塩を利用してローストしたもの。

ネギは千寿葱を使用して、メンマも3~4日かけて戻して作る自家製のものらしい。具材やスープは全て無化調にこだわって仕上げているそうだ。

先客や後続客の多くは同じ障害を持つ店主のお知り合いらしく、店主とその方々との手話のやり取りが店内を飛び交っていた。

目の前におられた方に話しかけると店主のお母さんで、店名は息子さんが自分のお名前が和義なので、その一文字を店名にしたことを教えてくれた。

厨房には店主とそのお母さんに更に女性が一人おられ、そしてもう一人ラーメン店で長い経験がありそうな雰囲気の方がおられ、比較的スムーズにラーメンが提供されていた。

それにしても絶妙な風合いの鶏清湯醤油で、それだけに気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、猛攻怒涛・意気軒昴・感慨無量の素晴らしさと言うしかなかった。

menyayoshi19

menyayoshi20

★ 麺屋 義 menya yoshi

※公式サイト~http://menya-yoshi.com/
※公式ツィッター~https://twitter.com/menyayoshi
住所/東京都台東区谷中3-24-1野口ビル1階 TEL03-6886-3915 定休日/日曜日 営業時間/18:00~22:00 ※スープ終了まで
※アクセス
JR山手線西日暮里駅下車。改札前の道灌山通りを左手に300mほど進んで行った右側にあり。
 
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m