shibuyakiraku1601

青空から爽やかな陽射しが注いで、なんとも過ごし易いそよ風が街を駆けていた、九月と聞けばもう秋とも言えるそんな長月一日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夜風も穏やかにそよいで夏と言う季節を追いやっていた、やはりそこは何処か秋めくそんな午後七時過ぎだった。

このところ渋谷のラーメン店が続いていて、その渋谷へ来る度に1952年創業のこれまで9度訪れて来たこちらを思い出すだけに、仕事帰りまた立ち寄って見るかとなった。

shibuyakiraku1602

shibuyakiraku1603

shibuyakiraku1604

shibuyakiraku1605

shibuyakiraku1606

そんなわけで新宿でまた山手線内回り電車に乗り換えて渋谷で下車して、道玄坂を昇って二つ目右路地の百軒店商店街を入り、その坂道を20mほど進んだ左側にある店頭へほぼ一年ぶりにやって来た。

shibuyakiraku1607

shibuyakiraku1608

特に待ち列もなかったので入店して行くと丁度1階カウンター席の一番奥が空いており、レジ担当でおられた店主にそこへ促されて腰掛けた。

入店してもなおオーダーをどうするか決めかねていたが、悩んだ末に中華麺と焼餃子に注文して、さらに玉子と半ライスも遅れて刻みながらもお願いすることに。

狭い厨房に五人のスタッフがおられて担当をそれぞれに持って対応しているようだった。

茹で上がった麺を湯切りしてドンブリに入れて行く担当の厨房スタッフの方が、テボを一振りだけ振り下ろす度にシュッと言葉を発していた。

周囲にラジオもテレビもない静かなフロアだけに、そのシュッと言う言葉が宙を漂ってそこに充満しているようだった。程なく到着。

shibuyakiraku1609

shibuyakiraku1610

shibuyakiraku1611

shibuyakiraku1612

shibuyakiraku1613

それではと行かせて貰えば、そこはやはり縦横無尽に素敵な喜楽のラーメンで、その風情の良さに変わりなく、しみじみと味わいながら麺を啜って行った。

幾分いつもより麺が太めに感じた今宵で、お聞きすると最近は変えていないそう。麺上げ担当の方によって結構違うそうで、思わずそうだったのかと思うしかなかった。

豚ガラと鶏ガラを7時間炊いたと言うスープに、じっくりと低温で揚げた台湾産の赤玉ネギが適度に浮いて、絶妙な茹で加減のモヤシがまた良かった。

太めに感じられた萬来軒製麺工場謹製のやや太め平打ちストレートの麺も、後半になって来るとそう言えばそうだったと思うものが表出して来た。

その独特な麺の持ち味に、唯一無二の味わいが絡んで来て、やはり素敵以外の何物でもなかった。

shibuyakiraku1614

shibuyakiraku1615

shibuyakiraku1616

shibuyakiraku1617

焼餃子もライスを頬張りながら口にすると、こちらならではの絶妙な風情がやはりあって実に泣けた。

そんなライスに残った醤油清湯スープを注ぐと、底にずいぶんとモヤシと揚げネギが沈んで残っていて、そんな喜楽中華麺でのオジヤにまたしみじみとなって思わず我を忘れて口にして行った。

それだけに、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、純情可憐・簡古素朴・清麗高雅・純粋無雑・高潔無比の素晴らしさと言うしかなかった。

shibuyakiraku1618

shibuyakiraku1619

★ 中華麺店 喜楽@渋谷

住所/東京都渋谷区道玄坂2-17-6 TEL03-3461-2032 定休日/水曜日 営業時間11:30~20:30LO
※アクセス
JR渋谷駅下車。渋谷109左手の道玄坂を昇って行き、二つ目右路地の百軒店商店街を入り坂道を20mほど進んだ左側にあり。
 
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m