menuken01

蝉の鳴き声が消えてそれがもう遠い昔のようになって、シンと静まり返る朝方に白む青空から爽やかな陽射しが煌めくものの、遅い時間からまた天候が崩れる予報が出ていた九月長月中旬十七日週末の土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、雨はもうしばらく先となるようで、見上げればまだ雨雲の欠片もない朧月夜のそんな午後七時過ぎだった。

横浜家系ラーメンの横横家が湯島に2016年2月10日オープンして、気になっていたものの二ヶ月ほど営業して4月上旬に閉店してしまったようだった。

そんな跡地店舗にこちらが2016年8月19日オープンして、秋葉原の周辺エリアだけにそこはやはり気になっていた一軒だった。訪問するタイミングを測っていたところ、何気なく公式ツイッターを開けば昨日から豚骨魚介仕様のつけ麺を開始したらしい。

どうやら今月末日まではキャンペーン価格として、通常価格680円のところを580円で提供しているようだ。丁寧にダシを取った魚介の旨味と自慢の完全自店炊き出しと謳う豚骨スープの最高コラボと言うことらしい。

menuken02

menuken03

menuken04

menuken018

そんなわけで土曜日と言うことで、がっつり行けそうなつけ麺がお手頃価格で愉しめるならばとなって、立ち寄ることにした次第だった。

通勤電車を秋葉原で下りて、すぐ来た京浜東北線電車に一駅だけ揺られて御徒町で下車。

北口改札口を抜けて前方の春日通りに出て、湯島方面へ500mほど向かって歩いた頃だろうか、天神下交差点手前歩道の右側に風情も良くこちらが営業していた。

menuken05

menuken07

menuken08

さっそく入店すると入口のすぐ左手に券売機があり、さりげなくその前に立った。チャーシュー増し3枚トッピング150円が付加されたチャーシューつけ麺があり、100円安い730円と言う金額に思わずこれにするかと選んだ。

そしてこの際だしとなって、炙り肉飯と餃子3個入りのボタンを連打。チケットを掴んで奥へ進むと厨房前カウンター席の一番奥の椅子に促されてそこに腰を下ろした。

チケットを手渡しながらも、ゲットしていたチラシを呈示して、味玉をサービスして頂くことに。大盛無料らしく、もちろんそれでお願いすることにした。

大手家系ラーメン店出身らしい店主がツイッターを担当されているそう。伺った時は、ご不在だった。製麺所は非公開のようだった。ともあれ程なく到着。

menuken09

menuken010

menuken011

menuken012

menuken013

それではと行かせて貰えば、なかなか素敵な持ち味が実にたまらないもの。チャーシュー3枚150円にしては、多めで満足度も高かった。

ムチムチしてモチモチした太麺の風情も良く、豚骨魚介のスープも魚粉系ながら風合いも良かった。スープ割りも満足出来た。

menuken014

menuken015

menuken016

menuken017

炙り肉飯に餃子も実に美味しく麺量もなかなか多めながら、それだけに気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、確実に途轍もなく実にとても素晴らしかった。

menuken019

menuken020

★ 麺勇軒 MEN-U-KEN

※公式サイト~http://www.menuken.net/
※公式ツイッター~https://twitter.com/men_u_ken

住所/東京都文京区湯島3-46-2 長谷部ビル 1階 TEL03-3837-0811 定休日/無休 営業時間/11:00~翌5:00(4:30LO) ※日祝~18:00(17:30LO)
※アクセス
東京メトロ千代田線湯島駅下車。2番出口を出たら前方の春日通りを左手に30mほど歩いた左側にあり。またはJR御徒町駅北口下車。前方の春日通りを湯島方面に向い、500mほど進んだ右側にあり。
 
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!