jirorian01

青空を隠す灰色に染まる高層雲の薄い雲から陽射しが時折りだけ注ぐものの、午後から雨の予報も懸念されていた枯れ葉が日々増えて行く九月長月下旬二十四日週末の土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、午後早い時間から雨模様となったようだが、帰宅する頃にはそんな雨も上がって濡れるアスファルトながら歩き易い午後七時過ぎだった。

2016年2月15日に京成線町屋駅傍の高架下側道沿いでオープンしたこちらで、オープン初日と翌日は200杯限定で100円で提供されたようだ。麺は浅草開化楼特製麺の二郎系ラーメン店らしい。

ラーメン二郎のラーメンを愛してやまないそんなオーナー店主が、二郎が営業していない赤坂にも爆盛で定評ある二郎系のラーメンを提供したいと言う熱い想いから、2015年7月6日に本店と言える赤坂店を開業させたそうだ。

こちらはその2号店で、オープン当時から気になっていたものの、結局なおざりになっていた。

そうしたところに2016年8月4日都内北区にも浮間店がオープンして、そう言えばとなってその頃から再度その訪問を模索するようになっただけに本日こそと仕事帰り立ち寄ることにした。

jirorian02

jirorian03

そんなわけで中央快速の通勤電車を御茶ノ水で改札口を出て、東京メトロ地下鉄千代田線電車に乗り換え、久しぶりとなるネオン煌めく夜の町屋にやって来た。

都電荒川線の乗換駅だけに、ふと見ると目の前を可愛いらしい都電が通り過ぎて行った。それを横目にしながら京成線町屋駅改札口前の通路を通り過ぎて、その先にある高架下前道路へ。

その通りを右手に100mほど歩いた頃だろうか、黄色い店名看板にニンニク入れますかと大きく謳う、こちらの店舗が左側に風情もよく営業していた。

jirorian04

jirorian05

jirorian06

jirorian07

jirorian08

jirorian09

さっそく入店して行くとすぐ右手券売機があり、レギュラーメニューとして、ラーメン・ラーメン豚入り・ラーメン豚入りダブルのラインナップに麺量200g・300g・400gのボタンが用意されていた。

その他に6月21日から始まったらしいアオサの香りがクセになると言う汁なしそばもあり、それが気になりながらもラーメン中豚入りを選んで、追加トッピングするかと味玉のボタンを連打することにした。

振り返ると雨上がりの週末夜の二郎系店もあってか、それともたまたまなのか先客ゼロの店内が広がっていた。店長さんらしき厨房スタッフの方にチケットを差し出し、以前から訪問を考えてやっと来れたことを告げると笑顔で迎えてくれた。

厨房には浅草開化楼の麺箱がさりげなく置かれて、傍の壁面には浅草開化楼特製麺と刻印された木板が掛けられてあった。その周辺には来月の2016年10月より定休日が、月曜日から日曜日に変更することも案内されていた。

カウンター席に腰掛けると、なるほどジロリアン3箇条なる、そんな覚書が案内されていたこちらだった。そこには、一 濃厚スープと浅草開化楼特製麺の最強コンビを堪能すべし、二 無料トッピングの野菜を食すべし、三 ニンニク入れるべし、で締められていた。

無料トッピングは、ヤサイ・ニンニク・アブラのみで、カラメは卓上調味料にタレが用意してあり自由に好みに応じて利用出来るようになっていた。

それだけでなく粗挽きブラックペッパーと一味唐辛子に、最近色々な二郎系店で見られるようになって来た辛揚げまで。

まもなくするとコールとなって、それならばと、ヤサイ増し・ニンニク少なめ・アブラ・・・ついクセでカラメと続けてしまった。すると醤油のタレが卓上にあるのでそれを利用して下さい、と言う主旨の丁寧な言葉がすぐに返って来た。

ちなみにジロリアンとはラーメン二郎のラーメンをこよなく愛するファンのことで、その一人の方が表現した「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」と言う言葉はあまりにも有名だ。

赤坂が本店のこちらだが、3号店の浮間店同様に直営店だそう。程なく到着。

jirorian10

するとなかなかのオーラを感じる、完全無欠の二郎系ラーメンがやって来た。

jirorian11

jirorian12

jirorian13

jirorian14

jirorian15

jirorian16

jirorian17

それではと行かせて貰えば、怒涛猛攻の絶大なる味わいの濃厚スープに、浅草開化楼謹製オーション仕様の極太縮れ麺のどちらも素敵な風情が実にたまらないもの。キャベツも多めの野菜の持ち味も素晴らしく、豚肩ロース肉チャーシューも号泣フルスロットルの美味しさ。

あらためて先ほど記述した3箇条を見る。さて何処かで見たことがあり、それを話題にしつつ世間話しをすると、やはり本店にはラーメン大で修業された方がおられるそう。

なるほど豚骨ベースの豊かなスープの味わいは、堀切系ラーメン大のその系統に近い風合いがあるもの。前半早めから、醤油ダレ、辛揚げ、一味唐辛子、ブラックペッパーを、自分好みで多めに振り掛けて喰らえば、もう大満足極まるものと言うしかなかった。

それだけに、気がつけば完食だった。いや、かなり果てなくとんでもなく大号泣極まる素晴らしさで、拍手喝采、恐悦至極、驚心動魄、一往深情、観感興起、猛烈号泣したくなるしかなかった。

jirorian18

jirorian19

★ ジロリアン 町屋店

※公式ツィッター~https://twitter.com/jirorianakasaka
住所/東京都荒川区荒川7-39-3 シティーハイム1階 TEL080-9449-2626 定休日/月曜日 ※2016年10月より日曜日に変更 営業時間/11:30~15:00中休18:00~24:00
※アクセス
東京メトロ千代田線・京成本線・都電荒川線 町屋駅下車。京成線駅の改札を右手に出たとした場合で、前方の高架下道路を右手に100mほど歩いた左側にあり。
   
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m