sorenari01

幾分だけ穏やかになって来た陽射しが秋の青空に煌めいて、巻層雲が広がり曇りがちな天気予報が出ていた、そんな九月長月下旬二十八日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れてから若干の降雨が見られるようで、にわかに微量の水滴が感じられた午後七時過ぎだった。

先日訪れた錦糸町新店の周辺に、また何とも気になる新たなる新店が、本日の2016年9月28日からオープンするらしい。

店名を初めて知った時にそれなりなのかとつい思ったものだが、よく調べて見ればこだわりのラーメン店のようで、それゆえに思わず何処よりも気になるところとなった。

当初よりも遅れて開業するようで、待ちに待ったオープン日となって、仕事帰り立ち寄ることにした次第だった。

sorenari24

sorenari04

そんなわけで通勤電車を、また錦糸町で途中下車。先日も歩いたばかりのタワービュー通りを歩いて、蔵前橋通りを左折。先日訪れたばかりの某新店は、定休日でその店頭を通過して行く。

120mほど進んだ頃だろうか、通り沿いの左側で太平一丁目バス停の目の前にこちらが営業していた。

sorenari05

sorenari06

sorenari10

sorenari11

さっそく入店して行くとすぐ左手に券売機が設置されていて、そこでは悩んだ末に鶏そば醤油味と炙りチャーシュー丼を選んだ。

一番奥のカウンター席が空いていてスタッフの方にそこへ促されて腰掛けようとすると、ちょうどすぐ隣りの先客の方がオーダーしたつけ麺がその目の前に置かれる所だった。

そのビジュアルの良さとそこから感じられるオーラの神秘さに、つけ麺美味そうですねとつい口をもらすと、スタッフから変更します?の問いに思わず可能であればとなった。

先客の麺量は中盛だそうで、同じ麺量を希望するとプラス200円だそうで、その金額の支払いをそこで済ませた。

基本的なラーメンは鶏ガラと豚骨をオーブンで焼いたものを炊いたスープだそう。鶏そばはそこに花椒と生姜で臭みをさらに抑えて、鶏脂を利用したものだそう。

また煮干しそばは基本のスープに、煮干しを映した香味油を投入したものらしい。なお、モヤシの惣菜が卓上にある容器に入れられ、自由に利用出来るこちらだった。

昨年末に黄金麺点なる新店がオープンして気になっていたが、そちらが残念ながらいつの間にか閉店してしまい、その跡地店舗にオープンしたこちらだがそちらとは全く無関係であることを教えてくれた。

10年近く様々なラーメン店で修業されて来た店主だそうで、一番長い期間在籍していたのは、その中でも人気ラーメン店として名高い麺屋空海さんだそう。

昨年の2015年3月27日から際コーポレーション株式会社が主要株主となった、株式会社リファインフーズが運営する2002年に渋谷区参宮橋で創業した麺屋空海さんだ。

ゲンコツロースト製法といい炭火で炙るチャーシューといい、なるほどそこはやはりと言うしかなかった。それにしても店名由来が気になるところで、この際なのでそこら辺を聞いて見ることに。

sorenari09

sorenari08

すると仁王立ち的な店主とはまた違った店主でありたいそうで、そんな気軽に本格派のラーメンを愉しんで貰いたいと言う一念から命名したものだそう。

なるほど、こだわってます!と言う主張をしないでしっかりこだわっているようで、それはまるで大衆中華店のそれで、良ければ自ずと常連客はついて来るもの。

そんな大衆中華イズムを、そのまま店名にしてしまったこちらだった。壁面には提供メニューの案内と共に店主の調理師免許証が掲示されていた。程なく到着。

sorenari13

sorenari14

sorenari15

sorenari16

sorenari17

それではと行かせて貰えば、感じたオーラ通りの風情の素敵さに、それはもう実にたまらないもの。なんと言う美味さなことか。

やはり焼きガラでとった豚骨スープを煮詰めて特製燻製醤油のタレで仕上げたものだそうで、そのモチモチした太麺が絶妙極まる素晴らしさと言うしかなかった。

麺は周辺の製麺所を利用する主義で行こうと決めていたことから、墨田区向島の朝日製麺から取り寄せて使用しているそう。

特筆すべきは真空低温調理炭火焼きチャーシューで、肉から旨味を逃がさないで安全面も考慮し、調理肉中心温度63度を維持して30分加熱したチャーシューをさらに炭火で1枚1枚焼き上げたものだそう。

sorenari18

sorenari19

スープ割りをお願いすると小茶碗にラーメンの出汁スープが注がれたものが来て、つけ汁に入れて口にすればそのしみじみとした風合いがまた良かった。

sorenari20

sorenari21

つけ麺で後半になってからモヤシ惣菜と共に愉しんで、炙りチャーシュー丼でもやはりそれを入れて愉しませて貰った。それだけに麺量300gながら、気がつけば完食だった。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、気韻生動・恐悦至極・驚心動魄・観感興起・拍手喝采・文質彬彬で実にとても良かった。

sorenari22

★ ラーメン Sorenari ソレナリ

※公式サイト~http://ramen-sorenari.com/
住所/東京都墨田区太平1-12-4 TEL03-6326-9728 定休日/日曜日 営業時間/11:00~15:00中休18:00~22:00
※アクセス
JR総武線錦糸町駅下車。北口側に出てロータリー奥の道路を左手へ進み、一つ目の信号周辺にあるタワービュー通りを入り歩いて行く。500mほど先の蔵前橋通りに出たら左折。さらに120mほど進んだ通り沿い左側にあり。徒歩およそ7分。
        
ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m