akbmarukyu01

層積雲が朧気な夏の残り香を断ち切るように陽射しを淡くさせて、そよ風がその分だけ秋を加速させていた、風立ちぬ九月長月末日の休日金曜日だった。

昨日の夜は末広町駅周辺の油そば店を訪れて界隈に多くの店舗が開業したことに触れたが、そんな秋葉原末広町エリアに更なる新店がつい先日の2016年9月27日にオープンした。

実は昨夜もその店頭に立ったがどうやらまだ昼営業のみらしく、閉店していると看板が一つも無くそこに店舗が昼営業しているのか判らない状況だった。

秋葉原エリアで昼のみ営業している新店ならば、ともあれ休日を利用して訪ねて見るかとなった。

akbmarukyu02

akbmarukyu17

akbmarukyu18

akbmarukyu03

akbmarukyu04

akbmarukyu05

そんなわけで黄色い総武線緩行線電車に乗車し、気まぐれで秋葉原で下車せずに御茶ノ水駅から向かうことにした。

聖橋を渡り湯島聖堂の横を歩いて行き、更に直進して清水坂下交差点を右折。都道の銀杏の黄葉も、まだわずかながら始まっていた。

蔵前橋通りを末広町方面へ進んで行き、妻恋坂交差点の横断歩道を渡り少し先の左路地を入ると、程なく開店祝いの花で埋まるこちらの店舗が営業していた。

1968年までは妻恋町と呼ばれた周辺で、その名残りから妻恋坂交差点があり、現在も清水坂の傍には旧町名ゆかりの妻恋神社が鎮座している。

akbmarukyu06

akbmarukyu07

akbmarukyu08

akbmarukyu09

akbmarukyu10

さっそく入店して行くと厨房を囲むようにしてカウンター10席が設けられた客席フロアの手前右側に券売機が設けられていた。

こちらを紹介するブログにオープン記念で750円のラーメンが500円で提供されていたが、本日も同じような案内の貼紙が店頭と券売機の上になされていてその金額で愉しめるようだ。

今後はつけめんや、チャーシュー丼に大葉のおにぎりなるサイドメニューも提供する予定らしく、券売機にボタンが用意されていたがそれらはどれも押せないようになっていた。

オープンから提供されているのはその丸久らぁめんのみらしく、それどころか押せるボタンはそれのみで追加トッピングやご飯ものにドリンクに至るまでどのボタンもバツ印が付いていた。

秋葉らぁめんと言う冠に今春の2016年4月頃閉店してしまった、秋葉らーめん一花の面影を感じてしまうところだ。

ふと見ると券売機の上に地元金融機関である、興産信用金庫秋葉原支店からささやかな開店祝いの花が来ていた。それだけに、秋葉原エリア外食店の関連店と言う見方が、大勢を占めるところだろうか。

そう言えば元都利久店長なる方からの開店祝いの花が、店頭の一番目立つ場所にセットされており、都利久と言えば今はなき秋葉原エリアの人気定食店だった。

ずいぶん前には麺酢゙倶楽部なるラーメン店を営業していたが、同店でもつけ麺も提供していたようで、どうやらその関連性が一番濃厚なところだろう。

卓上にはお酢や胡椒などと共に、一味唐辛子ベースらしき自家製辛子が用意されていた。程なく到着。

akbmarukyu11

akbmarukyu12

akbmarukyu13

akbmarukyu14

akbmarukyu15

比較的大判のチャーシューが2枚と共にメンマにキクラゲに刻みネギが横たわり、そこに海苔が刺さってラー油が軽く垂らされ小梅がちょこなんと添えられて異彩を放っていた。

それではと行かせて貰えば、塩豚骨生姜スープにサッポロ製麺謹製の中太ちぢれ麺が泳ぐラーメンで、これがなかなかの持ち味で実にたまらないもの。

最近界隈の青島食堂に端を発する生姜スープが流行傾向だが、こちらもまたその流れを乗った感じだろうか。それにしても風情の良さが際立ってクセになりそうなほどで、チャーシューも美味しく麺も意図的な太めシフトで良かった。

後半になってから自家製辛子も入れて見たがこれまた素晴らしく、プリプリのキクラゲの食感が愉しめ、小梅がまた清涼感を与えそれだけに気がつけば完食だった。

まもなくすればつけ麺やご飯ものも提供する予定で、落ち着いて来れば夜営業も検討するそうだ。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、感慨無量・虚心坦懐・拍手喝采・観感興起・猛攻怒涛・新進気鋭の素晴らしさと言うしかなかった。

akbmarukyu16

akbmarukyu19

★ 秋葉らぁめん 丸久 まるきゅう

住所/東京都千代田区外神田6-13-2 TEL非公開 定休日/日曜日 営業時間/11:30~スープ無くなり次第終了(訪問時15:00頃迄)
※アクセス
東京メトロ銀座線末広町駅下車。外に出たら蔵前橋通りを本郷方面に120m程度進み、妻恋坂交差点手前右路地の五軒町通りを右折。20mほど歩いた右側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m