kirinkitchen01

高層雲が青空と陽射しを隠した所為で秋を加速させて、本日も降雨の予報なく穏やかなそよ風が街の静けさを留めていた、そんな十月神無月も中旬十一日の休日火曜日だった。

最近は勤務先もあって都内中心にラーメン店を訪れているが、千葉県内も普段からチェックを入れているものの思うように訪れていない状況となっている。

つい先日も何気なく松戸市内のラーメン店をネットで追っている内に、こちらの新店が開業したことに気づかされた。松戸市公設南部市場内の市場食堂棟に、先月の2016年9月10日から営業を開始したようだ。

ネットに映るこちらのラーメンに、それは只ならぬものを感じるしかなかった。洋食のハヤシライスやカレーライスも提供しているようで、それも好評で素敵らしくそのミニ仕様もあるそうだ。居住市内でかなり気になる一店に、本日こそとなって出掛けることにした。

kirinkitchen02

kirinkitchen03

kirinkitchen04

kirinkitchen05

kirinkitchen06

そんなわけで南部市場であれば電車に乗ることなく、路線バスを乗り継いで行くかと東松戸に出て、そこから松9系統の松戸駅東口行きに乗って富士見台バス停で降車。

周辺に位置するオートバックスとスーパーコモディイイダの間にある、なだらかな下り坂の南部市場入口通路からその敷地へ入って行った。

そこから入ると市場らしい壁面のない建物があり、沢山の段ボール箱が積まれた横を通り抜け、一番奥にある市場食堂棟の向こう側に行くとこちらが風情も良く営業していた。やや強くなって来たそよ風が、店先に据えてあったノボリをはためかせていた。

kirinkitchen07

kirinkitchen08

さっそく入店して行くと券売機が右手にあり、そこで来て知ったミートソースまぜそばが気になりながらも、そこは予定通り特製ラーメンのボタンを選択した。そしてカレーやチャーシュー丼が気になりつつも、ハヤシライスミニのボタンを連打した。

振り向けば先客1名に、厨房に燻し銀のお父さんと、見るからに研究熱心そうな30代らしき男性がおられた。チケットを手渡しながら、入口寄りのカウンター席に腰掛ける。

親子で営業しているこちらだそうで、お父さんは脱サラ組らしく、息子さんはずいぶん前に滝野川大勝軒にスタッフとしておられた経験があるそうだ。もしかしたら、お会いしているかも知れない。

滝野川大勝軒におられた時は、よく石神秀幸氏が来られたそうだ。そこを辞めてから、肉の仲卸売りをする企業にずっと勤めていたそう。どうやら息子さんが店主のようだった。程なくして到着。

kirinkitchen11

kirinkitchen12

kirinkitchen14

kirinkitchen15

kirinkitchen16

kirinkitchen17

kirinkitchen18

それではと行かせて貰えば、もうここまで素晴らしいラーメンとは?と驚くしかないもの。なんたる美味さなことか。思わず黙々とひたすら味わい、それに酔いしれるしかなかった。

鶏ガラベースでモミジや香味野菜を入れて、そこへさらにカニと干し海老も投入し強めの火力で4~5時間炊いたスープだそう。

本日はオープンして一ヶ月を記念してなのか、さらに桜海老も追加投入されたようだが、他にも幾つかの旨味を感じた気がしたものの公表してくれたのはそこまでだった。ともあれ鶏と甲殻類で築き上げたスープであって、煮干しや節類は一切使用していないそうだ。

そのスープに泳がせていた麺が、またスープと同じく大号泣出来るもので、絶妙なモチモチむちむちツルツル感。思わずお聞きすると、活龍などを展開する天辺ダッシュカンパニーが運営する、つくば製麺謹製の中太ストレート麺だそう。

飽くまでも個人的な見解だが、はっきり言ってこの麺は凄いの一言に尽きた。そして程よく煮込まれた豚バラチャーシューに、軟骨の煮込みらしき豚肉と味玉やメンマなどの具材もまたどれもが素晴らしかった。

半盛りのハヤシライスもこれまた、しみじみと来る心洗われる美味しさで、お聞きすると何日も掛けて煮込んだものだそう。それだけに、気がつけば完食。

kirinkitchen09

kirinkitchen19

神保町覆面智の常連さんらしい店主だそうで、その店主の及川智則氏から開店祝いでサボテン鉢を今回頂いたそうだ。

お父さんいわくガンコな息子さんだそうで、まさしくがんこ系の同店を彷彿とする、何処かその系統も感じられる気がした一杯と言えた。

ミートソースまぜそばに利用する、ミートソースも味見させて頂いが、これまた素敵で素敵な素敵極まる味わいだった。赤ワインを惜し気もなく利用しているそうだ。

利用製麺所といいサボテン鉢の贈り主といい、甲殻類のみの魚介出汁といい只ならぬ気配を感じた、市場内食堂のラーメンというしかなかった。

いや、もうとんでもない完全無欠の大型新人店と言えるこちらで、それはもう意気衝天・英華発外・絢爛華麗・余韻嫋嫋の風情で、恐悦至極・拍手喝采・驚心動魄・猛攻怒涛の持ち味だった。かなり美味し!

kirinkitchen20

kirinkitchen21

★ キリンキッチン@松戸南部市場

※公式ツィッター~https://twitter.com/cross_chop3
住所/千葉県松戸市松戸新田30 松戸南部市場食堂棟 TEL非公開 定休日/水曜日のみ 営業時間/9:00~16:00 ※ラーメンは11時より提供
※アクセス
イトーヨーカドー右手寄り前の松戸駅東口バス停から松1・松2・松3・松5・松9・松10系統、または東松戸駅から松9・松10系統に乗車して、富士見台バス停または野菊野団地バス停などで降車。松戸南部市場敷地に入り、その食堂棟の管理事務所棟側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです