kigenmon01

夏の色を失いかけては取り戻して、ともあれ以前よりは幾分だけ涼しい、そんな十月神無月二十一日の休日金曜日の正午過ぎだった。

以前から訪ねて見たかったつくば市内の人気宿題店 を訪れて、これならばもう一軒も予定通り立ち寄れるかとなって、そんな研究学園駅周辺で営業しているこちらの店頭へやって来た。

kigenmon02

kigenmon03

店舗入口の左手にある駐車場が専用パーキングらしく、それを確認してから空いていた奥のスペースに入れて入店。

kigenmon04

kigenmon05

kigenmon06

あらかじめ常連さんに鶏脂そばが好評であることを調べていて、その醤油味の方を選び、この際だからとチャーシュー肉増しボタンを連打することに。

チャーシューが選べるこちらのようで、そのそれぞれのタイプが紹介された案内があり、それを見てどれにするかとなった。チャーシュー増しで二つ選べるようにした。

そのラインナップは、炭火焼きでじっくり4時間かけて焼き上げた炭火焼きチャーシューに、上質な豚の外モモ肉を低温調理で仕上げた低温チャーシュー。

さらには豚バラロールを香ばしく炙って焼いた柔らか食感のバラチャーシューに、専用スチームオーブンでローストした本来の旨味が感じられるローストチャーシュー。

まだあって吊し焼きでこんがりジューシーに仕上げた食べ応えある直火焼きチャーシューの5種類らしかった。悩みに悩んで、低温チャーシューとローストチャーシューをお願いした。

以前土浦に本店が在った小櫻系列店のLittle Cherryが営業していた場所で感慨深いものがあった。

たまにラーメン店の厨房内に全自動洗濯機を見掛けることがあるが、こちらにも見受けられた。キクラゲを洗うためなど、その用途が店舗によって様々だが、こちらの使用目的が気になるところだ。

kigenmon07

kigenmon14

2004年に小美玉で創業したこちらだそうで、2013年5月29日につくばサイエンス大通り店、2015年9月21日にひたち野うしく店がそれぞれオープンして営業しているようだ。

なお、つくば市稲岡で2010年6月30日にオープンした喜乃壺(きのこ)は、こちらの常連客だった方が一番弟子となって独立開業したラーメン店だそう。

ちなみに2011年4月4日につくば研究学園店が開業したが、小美玉本店が道路拡張のため立ち退き閉店ちとなり、そのため2012年4月17日より本店となったこちらの店舗らしい。

また2010年8月4日に柏店、2010年9月3日につくば東光台店も開店したがそちらは長く続かずに閉店してしまったようだ。程なく到着。

kigenmon08

kigenmon09

kigenmon10

kigenmon11

kigenmon12

kigenmon13

それではと行かせて貰えばこれが熱々のスープで、独特な面持ちの魚粉が入りなかなかの太さの自家製麺で、これが何とも言えない風合いで実にたまらないもの。

チャーシューがまた大号泣出来るもので、しみじみと味わうしかなかった。それだけに、気がつけば完食だった。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、恐悦至極・拍手喝采・質実剛健・謹厳実直・気宇壮大・剛毅果断の素晴らしさと言うしかなかった。


kigenmon15

kigenmon16

★ 喜元門 kigenmon 本店

※公式サイト~http://kigenmon.com/
※公式ツィッター~https://twitter.com/kigenmon_med
住所/茨城県つくば市研究学園5-6-6(旧・苅間1223) D12ビル TEL029-854-7940 定休日/無休 営業時間/11:30~14:00中休17:30~21:00
※アクセス
つくばエクスプレス研究学園駅下車。北出口駅前ロータリーの左手奥から延伸する道路を進み、まもない左路地で通りの裏手に出て右手に見えるD12ビルの1階にあり。
           

ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです