komori01

節気は霜降を過ぎた所為か気温が20度を下回るようになって、わずかな層雲が青空に広がるものの爽やかな陽射しが燦々と煌めいていた、秋めく十月神無月下旬二十四日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、また涼しさが一つ進んだような夜風がそよぐ、そんな午後七時過ぎだった。

もう10年以上ラーメンを食べ歩いているが、それでもかなり前から気になりながらもまだ一度も訪ねていないラーメン店がまだ多く存在している。

四ツ谷駅前のしんみち通りの一番奥の方で営業しているこちらもそんな一軒で、もう今夜こそはとなって仕事帰り立ち寄ることにした。1994年創業になるこちらだそう。

komori02

komori03

komori04

komori05

komori06

そんなわけで通勤電車の中央線快速を途中下車して四ツ谷口から外に出て、大通りの横断歩道を渡ってそこからそう遠くないその店頭へやって来た。

こちらもまた入口に券売機が設置されておりその前に立とうとすると、どうやら満員御礼らしく先客が一人その店先で入店出来るのを待っていた。

並んでいることをその方に確認してからその後ろに就いて待っていると、程なく数人の先客が帰って行き待ち客が入って行くのを見届けてから店頭撮影を済ませた。

味噌カリーらあめんや味噌らあめんに、正油らあめんと塩らあめんと多彩なつけ麺メニューもあるこちらだった。

そんなラインナップに券売機で何にするかしばし悩んでから、常連さん用の裏メニューだった辛味噌らあめんをレギュラーメニューにした案内に、それで行くかとなってその全部入りを選んだ。

komori07

komori08

さっそく盛況なフロアへ入って行き、チケットを厨房に一人おられる方に手渡しながらも、奥寄りの空いたカウンター席に腰掛けた。その際に平打ち麺が提供出来る張り紙が券売機に見受けられたのでそれでお願いすることにした。

厨房におられた方は店主の息子さんらしく、言わばこちらの二代目となる方だった。昼営業では親子で二人して営業して、夜は息子さん一人で対応しているそうだ。

利用する製麺所は何処かと思っていたが新潟のめんつうだそうで、ふと見ると傍にあった段ボール箱に見覚えがあるマークがあり、なんと京橋に本店を置くど・みそと同じ製麺所だった。

ネット等によれば随分前に新中野駅周辺で系列店を営業させていたこともあったこちらだそう。味噌蔵らーめんまるしゅう@武蔵小金井など、店主がこちら出身になるラーメン店が都内等に数軒あるようだ。

何枚もの絵が飾ってあると思っていたが、よく見ると全ての絵にはタイトルと価格が表示しており、店内で絵画販売をしているようだった。程なく到着。

komori09

komori10

komori11

komori12

komori13

komori14

それではと行かせて貰えば豚骨ベースで鶏ガラと野菜も若干利用した感じのスープで、鯵の丸干し等の魚介食材で旨味をプラスしたものらしくその絶大なる風情が実にたまらないもの。

幅広で薄い厚みながらほど良いコシもある平打ち麺もまた素敵で、7種類の香辛料を練り込んだらしい辛味噌ダレを後半になってから味噌スープに溶かし込んで口にすれば、その猛攻怒涛の持ち味に酔いしれるしかなかった。

バラロールチャーシューに味玉にネギの風合いも素敵で、それだけに気がつけば完食だった。いや、号泣出来る美味しさで、謹厳実直・質実剛健・恐悦至極・感慨無量・拍手喝采の素敵な味わいだった。

komori15

★ 旭川らあめん こもり

住所/東京都新宿区四谷1-20 岩井第一ビル1階 TEL03-3341-5305 定休日/無休 営業時間/平日11:00~23:00◆土日祝11:00~14:00中休18:00~22:00
※アクセス
JR中央総武線四ツ谷駅四ツ谷口下車。大通りの横断歩道を渡り新宿通り右手路地の駅前しんみち通りを入り、200mほど歩いたその通り一番奥寄りの右側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです