yukikage01

清々しい青空から爽やかな陽射しが煌めいて、そんな秋陽が木々の紅く染まる木葉を照らしていた、十月神無月下旬二十七日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が月夜に漂っていた、いつもより1時間遅い午後八時過ぎだった。

仕事の関係でシフトが1時間ずれて、ともあれ今夜もラーメンと言うことで、浅草寺雷門大提灯の傍で2016年9月17日にプレオープンしたこちらへ仕事帰り立ち寄ることにした。

面長で大きい白提灯が店頭にぶら下がる鶏白湯専門店だけに、某系統であろうと思わせるこちらでそれだけに気になるしかなかった。

yukikage02

yukikage03

yukikage04

そんなわけで総武線の通勤電車を浅草橋で降り、都営地下鉄浅草線電車で久しぶり夜の浅草にやって来た。地上に出て少し歩けばビルの谷間の隅田川の先に、東京スカイツリーがそそり立っていた。

外人観光客が多く見受けられる雷門の右手側道を歩いて行き、程ない右路地を曲がればこちらの店舗が右手に風情も良く佇んでいた。

yukikage07

yukikage05

yukikage06

さっそく入店して行くと、そこそこに盛況なフロアが広がっていた。客席フロアの左手中ほどに券売機があり、そこでチケットを購入するよう促されてその前に立った。

そこで比内地鶏の白湯そば・煮干し醤油と添え書きされた特製珀黒を選んで、サイドメニューはこれと決めて来た鶏天丼セットのボタンを連打した。

ちなみに特製仕様の内容はデフォルトの具材に、鶏ムネ肉チャーシュー・鶏モモ肉チャーシュー・鶏つくねが一つずつ追加されてさらに奥久慈卵味玉も付くものだそう。

そしてこの際だからとなって、そのメニュー名もあってか、肉汁溢れる鶏餃子5個も選ぶことに。チケットを店舗スタッフの方に手渡して、右手の空いていたテーブル席に腰を下ろした。

yukikage08

yukikage09

yukikage10

yukikage12

北海道の札幌出身2人と釧路出身1人の3名の方が、代表者となって営業しているラーメン店のこちらだそう。

武一系らしき鶏白湯専門店のこちらながら、結局はっきりしたところは判らなかったが、武一で修業経験がある方がおられたものの違うラーメン店でも修業経験がある方だった。

それにしてもゆきかげとは、なんとも風流な店名だ。ふと見ると、壁面にそんな店名に関する蘊蓄を、案内する張り紙を見つけた。

代表三名の地元北海道と言えば雪国で、主力提供メニューの一つである塩だれベースの濃厚鶏白湯そばの塩は雪にも通じる白さ。

そしてもう一つの主力提供メニューの醤油だれベースの濃厚鶏白湯そば醤油と、いせ勘の浅草海苔それぞれに黒く影と言えるもの。そんな白い雪と黒い影から、店名を雪の影としたものだそう。

そんな意味合いの文章が綴られていた。ラーメン店にも光り輝く店とその陰に回る店があるもので、そんな光と影を表す店名に表舞台を目指す意気込みにも似たものを感じることが出来た。程なく到着。

yukikage13

yukikage14

yukikage15

yukikage16

yukikage19

yukikage17

かなり大判の海苔がラーメンドンブリに突き刺さってやって来た。思わず一蘭の味集中カウンターのつい立てかと思うほどだった。すでにおそるべし。

それではと行かせて貰えば、これがなかなかの持ち味で、実に素敵でたまらないもの。国産カタクチと3種の節をブレンドした煮干し出汁に、比内地鶏のガラを丁寧に炊いたあっさり白湯スープを合わせたものだそう。

細ストレートの麺の風合いもやはり良く、鶏肉のチャーシューや肉団子に味玉がまたとても素晴らしかった。

創業享保二年(1717年)九代目店主が営む、直ぐ周辺に店舗が在る浅草仲見世海苔問屋いせ勘の浅草海苔は、ラーメンに入る海苔でこれ以上のものはないだろうと確信出来るほど。

その海苔の極上感に、打ちひしがれるばかりだった。鶏天丼も大号泣出来る美味しさで、肉汁溢れる鶏餃子も満足出来るものだった。それだけに、気がつけば完食。

まだしばらくはプレオープン営業を続けて行く予定だそうで、その提供メニューなどが落ち着いたら、営業時間をさらに遅くしてグランドオープンさせるそうだ。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、新進気鋭・拍手喝采・感慨無量・恐悦至極の素晴らしさと言うしかなかった。

yukikage20

yukikage21

★ 濃厚鶏麺 ゆきかげ

※公式ツィッター~https://twitter.com/YukikageAsakusa
住所/東京都台東区浅草1-2-12
 TEL03-5830-7945 定休日/無休
営業時間/11:00~16:30(16:00LO)中休18:00~23:30(23:00LO)◆土日祝日11:00~23:30(23:00LO)
※アクセス
地下鉄浅草駅A4出口下車。浅草寺雷門右手側道を進んで行き、程ない右路地を曲がって行った右側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです