afurishinjuku01

夏と言う季節さえ遠い過去の出来事であったかのように冷え込みが増して、暗い灰色の空が広がり北風が我が物顔で吹いていたそんな十一月霜月前半九日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば日暮れた街の夜風だけに、身に染むほどの寒さのそんな午後七時過ぎだった。

11月3日グランドオープンした新宿駅ルミネ1地下2階のルミチカフードデポに、本日からこちらが新たに開業したと知り、気になるところとなってさっそく仕事帰り立ち寄ることにした。

2001年9月3日に本店となるZUND-BARを厚木市七沢にオープンさせ、以降開業させる系列店のブランド名をAFURIとして展開しているAFURI株式会社が運営するこちらだ。

代表の中村比呂人氏は二つ下の弟が、天空落としで知られる1999年創業の中村屋店主中村栄利氏であることで知られている。双方とも代表的な神奈川淡麗系のラーメン店だが、その経営は全く異なるようだ。

2003年6月に訪れている恵比寿店、2009年8月8日に原宿店、2011年8月4日に中目黒店、2013年2月4日に麻布十番店、2014年2月16日に六本木交差点店。

さらに2014年3月19日に三軒茶屋店、2014年4月23日に六本木ヒルズ店、2015年5月21日に横浜ジョイナス店がそれぞれ開業して今日に至っている。

afurishinjuku02

そんなわけでまた通勤電車の中央線快速を新宿で途中下車し、通勤客でごった返すなか南口改札から外へ出て、エスカレーターで都営地下鉄新宿線改札へ向かって行った。

途中からエスカレーターで無く階段で下りて行けば、その手前にルミネ1地下2階の入口があった。わたしらしくをあたらしく、と言うことらしい。

そんなキャッチコピーを横目にしながらも入って行き、奥へ進むと本日オープンしたばかりのこちらが営業していた。

afurishinjuku03

afurishinjuku04

afurishinjuku05

afurishinjuku06

afurishinjuku07

右手に券売機があり、そこにおられたスタッフに相談しながらも、柚子醤油らーめんにサイドメニューも行くかと肉ごはんのボタンを連打。

ふと見ると麺変更と言うカテゴリがあり蒟蒻麺と言うボタンと共に真空手揉麺なるボタンがありそちらに反応すると、麺が通常の細麺に対して太い麺になることを教えて頂いた。太麺の一言に、気がつけば無意識の内に、そのボタンも選んでいた。

そして振り向くと大盛況なフロアながらタイミング良く先客が帰って行かれ、それもあって直ぐにカウンター席へ案内されその促された椅子に腰を降ろした。

鶏油の量が選べるこちらだそうで、通常のスタンダードな量のバランス重視の淡麗と、少し多めのより鶏を感じるその深い味わいのまろ味(あじ)から選択するものだそう。

それならばと、鶏油多めでお願いすることに。目の前には卓上調味料があり、七味唐辛子・合挽き粗粒胡椒・ビネガーが並んでいた。程なく到着。

afurishinjuku08

afurishinjuku09

afurishinjuku10

afurishinjuku11

afurishinjuku12

それではと行かせて貰えば周囲は賑やかな人が行き交う場所ながら、一瞬そんな周りが静寂になって行くほどに、その味わいが新鮮な感動となって驚かされるもの。

そしてそれが柚子のフルーティな旋律にも似た穏やかな持ち味が原因であることに気づく頃、その後に来る種々の味わいがそよ風のように五感で捉えられて、その包み込まれるような感覚が実に良かった。

それはまるで阿夫利の山に宿る、神々の漲るパワーを実感するようでもあった。まさしく繊細な出汁と柚子の香りをまろやかな醤油の味わいで包み込んだ絶妙なバランスで仕上げた一杯と言えた。

国産の丸鶏・魚介・昆布・香味野菜など厳選素材を、神奈川県丹沢山系の大山(通称・阿夫利山)より湧き出る天然水で仕込む淡麗系スープだそう。

今回麺は真空手揉麺にしたが、それは真空ミキサーで余分な空気を入れずに製麺した、モチモチ食感を考慮した手揉み仕様の平打ち麺らしくその麺がまた素晴らしかった。

通常の細麺は北海道産小麦春よ恋の全粒粉とライ麦を配合したヘルシーを考慮するもので、仄かな麦の香が上品に際立つものらしくそうした配合は同じだろうか。

開店祝いの花が三河屋製麺さんから来ていただけに、時に変化が目まぐるしいケースもある利用製麺所だが以前と変わらないこちらだった。

ちなみに蒟蒻麺は低カロリーで食物繊維豊富な国産コンニャクに白出汁を効かせたものだそうで、細麺以外にもつけ麺用に太麺もあるようだ。

afurishinjuku13

afurishinjuku14

また肉ごはんは国産豚バラ肉をフルーティな特製ダレに漬け込み、じっくり味を染み込ませてからカットして炊いたものを、ご飯にたっぷり乗せ白髪ネギをアクセントに添えたものだそうでこれまた良かった。

それだけに、気がつけば完食。いや、一往深情・英華発外・観感興起・驚心動魄・感慨無量・猛烈号泣・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

afurishinjuku16

afurishinjuku15

★ AFURI 新宿店

※公式サイト~http://afuri.com/
住所/東京都新宿区西新宿1-1-5 新宿ルミネ1 B2階 TEL03-3348-5211(ルミネ代表) 定休日/不定休 営業時間/11:00~22:00
※アクセス
JRほか新宿駅下車。新宿ルミネ1地下2階ルミチカフードデポ内にあり。都営新宿線改札口周辺に入口あり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです