orandaken01

雲一つない青空から爽やかな陽射しが煌めいて、やや強い南寄りの風がそよいで気温はやや上昇するものの日蔭に入ればそこは肌寒い、そんな十二月師走上旬二日の休日金曜日だった。

春日部駅から少し離れた住宅街の一角で今春の2016年4月20日にオランダ亭として開業したこちらで、店頭に石膏で出来た白亜のライオン像が何故かありともあれ程なくして話題の人気店となって行った。

ところが突如として10月末日に閉店してしまい、TRYラーメン大賞2016-2017で新人総合部門4位と新人しょう油部門2位を受賞したばかりだっただけにファンは只々驚くばかりだった。

程なくして周辺の東岩槻駅界隈に移転し、店名も新たにして再開する情報が店主からネットで伝えられ、そこは安堵の息をつくところとなった。

2016年11月19日から三日間のみプレ営業した後に、どうやら2016年11月25日から本開業を果たし、オランダ亭ならぬオランダ軒として無事再開したようだった。

orandaken03

orandaken05

orandaken06

そんなわけで、本日こそ行って見るかとなって、出掛けることにした。東松戸に出てJR武蔵野線で南越谷まで行き、そこから東武スカイツリーラインに乗り換え春日部へ。

そこから更に東武アーバンパークラインに乗車して、大宮方面へ向かう電車で初めて下車する東岩槻にやって来た。

改札口を出たら右手の南口に下り、駅前ロータリー手前左手線路沿いの道路を進んで行く。少し歩くと突き当たりでそこを右折。クルマが行き交う通りに沿うような道路を歩いて行くと信号交差点の先の左手歩道にこちらが営業していた。

中華店等で出前時に使用する岡持ちが店先の入口左手に飾ってあった。新潟長岡生姜醤油の某実力店で修業経験もある、山本店主が厨房に立つこちらだ。

店頭に到着すると満員のフロアに店内の三席の待ち椅子にも人が腰掛けていて、さらに入口に二人の方が入店出来るのを待っていた。

その後ろへ確認してから、就いて待つことに。厨房では行列店ながら菜@本八幡店主のように、こちらも店主お一人で、精算・麺茹で・調理・盛付け・サイドメニュー対応・配膳・下げ膳・食器手洗い・挨拶全てをこなしていた。

orandaken07

orandaken08

orandaken09

orandaken11

orandaken10

外列の先頭となって店内椅子の末席が空いたので入店しそこへ腰掛け、カウンター席へ店主に案内を受けるまで待つことに。

先客の規定した分のラーメン提供を終えると、それまでに帰って行った客の下げ膳をしてから店内椅子先頭の来店客を空いた席に誘導して、オーダーを聞いて金銭のやり取りを。丼などを手洗いしてから、ラーメン調理に取り掛かっていた。

先客の一人がカウンタトップに丼を置かず一人帰って行き、そうした一連の流れを普段から見ているその隣りにおられた常連さんらしき方が、それを見兼ねて丼を上に上げ台拭きで自分のその隣りのスペースを軽く拭いていた。

名店はいつもながらわがままな常連客でない、こうした有り難い常連客によって成り立っている。

しばしすると自分がカウンター席に呼ばれて、挨拶しながらTRY大賞受賞を祝う言葉を掛けつつ、しょうゆチャーシューメン大盛とチャーシュー丼もお願いすることに。覚えて頂いていて、嬉しい限りだった。

なぜ移転したのか事情をお聞きしたかったが、お忙しいさなかだけに確認出来ずじまいなものの、おそらくは行列が店頭に出来る人気店にありがちな理由からだろうか。程なく到着。

orandaken12

orandaken13

orandaken14

orandaken15

orandaken16

orandaken17

それではと行かせて貰えば、やはり大号泣出来る猛攻怒涛の持ち味が実にたまらない味わい。大盛にして大正解でその分チャーシューも多めに盛り付けてあり、しばしの間至福のひとときに只々酔いしれるしかなかった。

豚チャーシューはモモ肉に肩ロースのような部位もあったり、さらにバラ肉のような部位も見受けられたので店主にお聞きすると、腕肉とその周辺の部位を使用した豚チャーシューだそうでなるほどだった。

豚骨背ガラベースで鶏ガラも若干利用してじっくりと炊いたスープに、濃厚な醤油ダレがじわんと来る風情で、これぞ新潟長岡生姜醤油インスパイアと言えるものでそれにしても良かった。

orandaken18

orandaken19

肉の海に溺れながらもそれを堪能してチャーシュー丼も実に素敵で、ラストにスープをライスに注いでオジヤとしても愉しみ、それだけに気がつけば完食。

後続常連客と店主のやり取りを聞いていると、端きれ肉だろうか賄い肉トッピング100円と言う裏メニューがあるようだ。

いや、有頂天外・歓天喜地・欣喜雀躍・手舞足踏・猛烈号泣の嬉しさで、気韻生動・英華発外・気炎万丈・気宇壮大・一往深情の素晴らしさで、恐悦至極・完全無欠・感慨無量・拍手喝采・新進気鋭の満足度で、絢爛華麗・観感興起・驚心動魄・余韻嫋嫋・猛攻怒涛、以下省略の美味しさだった。

orandaken21

orandaken20

★ 新潟長岡生姜醤油ラーメン オランダ軒

※公式ツィッター~https://twitter.com/punpui93
住所/埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻6-5-3 イケダ第一コーポ1階2号室 TEL非公開 定休日/木曜日 営業時間/11:00~14:00中休17:30~19:30 ※但し日祝は11:00~16:00営業
※店舗専用パーキング~店舗右手駐車場BエリアNo.3~6利用可
※アクセス
東武アーバンパークライン(野田線)東岩槻駅南口下車。駅前ロータリー手前左手線路沿いの道路を進んで突き当たりを右折。250mほど歩いた通り沿いの左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです