sakuraimitaka01

少し前まで南寄りの風がそよいでいたのか節気も節目を迎える頃ながら気温が緩んでいた午前中なものの、午後は北寄りの強い風で次第に冷え込んで行く予報の十二月師走上旬六日の休日火曜日だった。

三鷹駅北口界隈に無化調をウリにして2016年11月17日にオープンしたこちらで、昨夜訪ねると店内に人が居るものの終業となってやむなく諦めるしかなかった。

先日偶然お会いしたいけ麺さんも絶賛してお奨めして頂いただけに、やはり気になるところとなってそれならばと休日を利用して出掛けることにした。

sakuraimitaka02

そんなわけで昨夜同様に、三鷹北口に降り立った。周辺は体が持って行かれるくらいの強い北寄りの風がふぶいて、駅前は黄色く色づいた銀杏の落ち葉が分厚いカーペットのように歩道に落ちるほどだった。

ともあれ銀杏の枯れ葉が舞うなか、ロータリーより延伸する中央大通りを歩いて行き、三鷹通りに合流した先の中央通り交差点をさらに直進。

横断歩道がある左路地を入り道なりに進んで行くと前方に鍼灸院がが見えて、その鍼灸院がある城山通りを右折すれば直ぐ左側にこちらが風情よく佇んでいた。

sakuraimitaka04

sakuraimitaka06

sakuraimitaka07

六人ほどが店頭に並んでおり、すでに界隈の人気店として、認知されている様子のこちらだった。

その後ろに就いてしばし待っていると、それほどせずに入店出来て入口左手に券売機があった。醤油らぁ麺・塩らぁ麺・煮干らぁ麺の三本柱となる提供メニューが用意されていた。

sakuraimitaka08

sakuraimitaka09

sakuraimitaka10

sakuraimitaka11

券売機の上には色紙に極彩色の鯛が描かれたものと、花飾りが成された手作りらしきオブジェが飾られている。煮干しらぁ麺のチャーシュー+2枚味付玉子海苔+1枚が追加される特製仕様を選んで、煮干らぁ麺専用らしいいわゆる和え麺タイプの味付き替え玉も。

空いたカウンター席に腰掛けて、タイミングを見計らって店主に話し掛けると、麺処夏海@赤羽出身のこちらの店主だそうで、夏海と言えば2012年1月24日 オープン当日に訪れたものだ

一時期は東京駅ラーメンストリートにも出店していた、2008年2月15日開業の麺屋こうじグループ人気店の一翼を担う麺処ほん田@東十条のセカンドブランド店としてオープンした系列店だ。

今回見送った醤油らぁ麺と塩らぁ麺は、大山鶏の丸鶏とはかた地鶏のガラから取ったスープに、豚骨・煮干・昆布・椎茸等の食材も合わせた奥深い味わいに仕上げたものらしい。程なく到着。

sakuraimitaka12

豚チャーシューは肩ロース肉の低温調理仕様のものに、豚バラ肉の煮豚仕様も乗せられていた。その美しいビジュアルに、思わずうっとりするしかなかった。

この煮干らぁ麺は京都産アゴ煮干をベースに、北海道産真昆布と数種類の節類も合わせたものらしく、最近流行傾向の動物だし不使用の魚介オンリースープだそう。

sakuraimitaka13

sakuraimitaka14

sakuraimitaka15

それではと行かせて貰えば、醤油の風情の良さがもう実にたまらない味わいで、三河屋製麺謹製らしい硬質気味の中細ストレート麺がまた素晴らしかった。

利用している醤油は和歌山産の火入れ・ろ過をしていない生揚げ仕様に、滋賀産濃口仕様や島根産再仕込仕様など6種類に及んで使用するこちらだそう。

ちなみに塩だれは海塩・岩塩をベースに4タイプをブレンドし、そこへ煮干や昆布の旨味を抽出したものを乗せ、さらに愛知産の白醤油も合わせて仕上げたものらしい。

それにしてもビジュアルも然ることながら、2種のチャーシューはどちらも大号泣出来る持ち味で、さすが名店ほん田出身の店主と言うしかなかった。

sakuraimitaka17

sakuraimitaka18

sakuraimitaka19

そして煮干らぁ麺専用味付き替え玉も愉しむことに。岩海苔に揚げネギ刻み玉ネギに細切れチャーシューなどが乗せられてあり、麺の下には少量のタレと油にスープを忍ばせてあった。

これまた絶大なる素敵な美味しさで、店主のアドバイス通り後半になってから替え玉ドンブリに少しずつスープを注いで愉しんだがなるほど良かった。

sakuraimitaka20

炊き込みご飯(並)も所望したかったものの売切れランプが灯っていたので諦めたが、勘違いだったようで平日昼営業ランチ120円券で食せるとのことで更にそちらも美味しく頂くことが出来た。はかた地鶏のスープに、醤油だれと塩だれを使って炊いたものだそう。

らぁ麺の雰囲気を壊さないで愉しめる相性抜群のものとあったが、濃い味付けでないのでそうしたことに間違いなさそうだった。

特製煮干らぁ麺、煮干らぁ麺専用味付き替え玉、炊き込みご飯、どれもが味わい深く優しい美味しさで、それだけに気がつけば完食。

いや、星河一天・絢爛華麗・百花繚乱・軽妙洒脱・英姿颯爽・秀色神采・風光明媚の華麗なビジュアルで、威風堂々・公明正大・一心不乱・終始一貫・謹厳実直・質実剛健の精神性。

そして感涙随喜・気韻生動・英華発外・一往深情・観感興起・余韻嫋嫋・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

sakuraimitaka21

sakuraimitaka22

★ 麺屋 さくら井

※公式サイト~http://www.io-sacra.com/MenyaSakurai.html
※公式ツィッター~https://twitter.com/menya_s?lang=ja
※麺量~並盛140g・中盛190g・大盛280g


住所/東京都武蔵野市西久保2-15-27 TEL非公開 定休日/水曜日 営業時間/(火日祝は昼営業のみ)11:30~14:30中休18:00~21:00 ※材料なくなり次第終了のため20時閉店多し
※アクセス
JR中央線三鷹駅北口下車。ロータリーより延伸する中央大通りを歩いて行き、三鷹通りに合流した先の中央通り交差点をさらに直進し、横断歩道がある左路地を入り道なりに進んだ突き当たりの鍼灸院がある城山通りを右折して直ぐ左側にあり。   


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです