susurankai01

日暮れてから外に出るといつの間にかアスファルトが軽く湿っていて、月を隠す雨雲が夜風も濡らしてその所為か気温の落ち込みは無かった、そんな十二月師走中旬十三日の午後六時過ぎだった。

実は先日お会いしたいけ麺さん から、過日メールでこちらの試食会をご招待頂いたことがあった。

普段あまりこうした場が苦手だけにあまり参加しない試食会だが、今回ばかりは好都合もあって是非ともとお願いさせて頂き出掛けることにした。

G麺7@上大岡などを運営されている後藤将友氏が、プロデュースされた新小岩南口新小岩栄通りに開業するラーメン店らしく、まもない2016年12月15日オープン予定のこちらだそう。

後藤将友氏と言えば製麺に精通している方らしく、2002年7月に開業した横浜の行列人気店である麺場浜虎で開業の時からおられたようだ。

そんな方が独立して1号店となるG麺7@上大岡を2009年1月7日に開業させて、その後2011年12月13日に啜磨専科@上大岡、2015年8月17日にロ麺ズ@弘明寺、そして2016年10月6日にG麺7-01@平塚をこれまでにオープンさせて来た。

susurankai02

susurankai03

そんなわけでJR総武緩行線電車に数駅だけ乗車して、夜の帳(とばり)が降りた北口パチンコ店のネオンがやたら目立つ新小岩にまたしてもやって来た。

車内で今日はまだ見てなかった天気予報サイトを開けば、これから本降りの雨が落ちて来る周辺だった。南口側の改札口を抜けてロータリーの中央通路を横切って行くと、クリスマスイルミネーションがあり年の瀬が近いことを意識させた。

その奥のルミエール商店街のアーケードを入り進んで行き、二つ目の十字路を左折。その新小岩栄通りを20mほど歩いた頃だろうか、左側にこちらが招待客のみ入店出来るプレ営業をしていた。

その店先には大きな提灯が吸えられていた。その横に案内担当の方がおられたので、紹介者とハンドルネームがゼータシゲッチであることをお伝えし、しばし店頭で待っていると名前が呼ばれて入店を促された。

susurankai04

susurankai06

中へ入って行くと券売機が待ち受けていて、どのボタンでも押せるようになっていたので確認させて頂くと、ラーメン1種とサイドメニュー1種とトッピングは自由とのこと。

そこでラーメンは、らーめん醤油・清(きよい)、らーめん醤油・濁(にごり)、らーめん塩・碧(あおい)の中から、らーめん醤油・清(きよい)を選択。

サイドメニューは生姜だれ味玉焼豚丼・牛そぼろ丼の二つがあり、トッピングは味付玉子・豚チャーシュー・メンマとあったので、そぼろが牛とは面白いとその丼ものにして、押していいならばと、味付玉子と豚チャーシューを一つずつ押させて貰った。

そして振り返り案内されたカウンター席に腰掛け、来られたスタッフにチケットを手渡してその到着を待った。店内の内装デザインは極めてモダンでありシックでもあり、そして何処か清楚な一面も見られた。

susurankai07

susurankai05

入口周辺にあった冷水ボトルには、ミネラルウォーター・烏龍茶・ジャスミン茶の三つが充填されていたので、アイス烏龍茶を選びコップに注いで席へ戻った。

大提灯の最下部に翔和なる手書き文字があったのでお聞きして見ると、こちらをプロデュースされた後藤将友氏が運営する企業が株式会社翔和麺業であることから書き入れたものだそう。

株式会社SCHEME(スキーム)なる企業が運営する、そんなこちらのラーメン店だそう。

自家製麺のこちらであることがフロアに幾つも山積みされた小麦粉の大袋からも理解出来た。ふと見るとすぐ傍には、柄木田製粉の幸せのめぐみなるブランドのものがあった。

卓上調味料は混合粒胡椒・煎り白胡麻・昆布等を漬けた酢が用意されていた。

券売機の上には、さりげなく鶏の陶製の置き物があった。それでネットにこちらが鶏ガラベースのスープであることが紹介されていたことを思い出した。程なく到着。

susurankai08

susurankai09

susurankai10

susurankai11

それではとラーメンから行かせて貰えば、鶏清湯の絶妙可憐な風情が、それはもうとんでもなく実にたまらないもの。

低温調理らしき分厚い豚チャーシューの持ち味の良さと言ったらなかったし、中細ストレートの穏やかな中に芯のある主体性を感じた自家製麺の風合いがまた素晴らしかった。

ザク切り白菜や赤胡椒・千切りキクラゲ・柔らかメンマ・青ネギに砂肝らしきトッピングが入っていて、オリジナル性も実に素敵と言うしかなかった。

susurankai12

susurankai13

牛そぼろ丼も甘辛いタレで煮付けた牛そぼろに、こちらにもザク切り白菜が入って、そこにトマトペーストと粉チーズが絡んで来て、これまたなかなかだった。それだけに、気がつけば完食。

いや、恍恍惚惚・光彩奪目・恐懼感激・感恩戴徳、軽妙洒脱・英姿颯爽・錦心繍口・山紫水明、新進気鋭・前途洋々・気炎万丈・意志堅固、星河一天・絢爛華麗・秀色神采・風光明媚、絶妙可憐・切磋琢磨・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

susurankai14

susurankai15

★ 自家製麺 啜乱会 SUSURAN-KAI

※公式ツィッター~https://twitter.com/susuran_kai
住所/東京都葛飾区新小岩1-50-12 TEL03-6231-4303 定休日/火曜日 営業時間/11:30~15:00中休18:00~翌1:30
※アクセス
JR新小岩駅南口下車。ロータリー奥のルミエール商店街のアーケードを入り進んで行き、二つ目の十字路を左折してその新小岩栄通りを20mほど歩いた左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです