shichisai201

冷たい描写を思いつくような青い表層は何処までも水色に透きとおって、北寄りの風がか弱くそよいでいるからなのか、一月上旬にしては気温がやや高めのそんな平成29年松の内も三日の火曜日だった。

ご無沙汰しているこちらもまた元旦から営業していると知り、訪問を考えている店舗が何処も年始休業中だけにそれならばとなるもので、本日も好天のなか出掛けることにした。

shichisai202

shichisai203

そんなわけでJR総武線緩行電車で秋葉原に出て、地下鉄日比谷線電車に乗り換えて久しぶりの八丁堀へやって来た。

A5出口から外に出て前方信号交差点を左折し、その八重洲通りを100mほど進んだ頃だろうか、八丁堀二丁目交差点手前の左側に本日も風情も良く営業していた。八丁堀店には今回で二度目となるが、麺や七彩としては十一度目となるこちらだ。

shichisai204

shichisai205

麺匠むさし坊出身の藤井吉彦氏と阪田博明氏が共同経営で、2007年2月27日に都立家政駅周辺で開業させた店に端を発する株式会社アール・エー・アールが運営するこちらだ。

その創業店舗は2012年5月23日より、食堂七彩としてリニューアルし営業している。

2011年4月8日から2015年5月10日まで営業していた東京ラーメンストリート店だったが、そこを卒業してその移転店舗として2015年7月7日にこの八丁堀店を開業させた。

2010年9月8日に開業した立ち呑み居酒屋金町製麺は、居酒屋色が濃そうなので七彩直営店ながらいまだに訪れていないが、はんつ遠藤氏とのコラボでオープンしたものだそう。

麺や河野@中村橋東京味噌らーめん鶉(うずら)松屋食堂@つくば麺みつヰ@浅草、これらのラーメン店はこの数年開業して訪れているが、どちらもこちらで修業されたり関連したりする店舗だ。

都立家政時代から営業していた、TOKYO味噌らーめん江戸甘は現在休業しているが、その代替店のように鶉が営業している。

shichisai206

shichisai207

shichisai209

shichisai208

店頭に数人が居て店内は席は盛況なものの外列が出来ているほどではないようだった。そこで入店して行くとたまたまなのか、藤井店主・阪田店主どちらもおられなかった。

券売機の前に立ち以前は喜多方らーめん煮干だったのでつけ麺が気になりながらも今回は喜多方らーめん醤油味玉入りを選んで、サイドメニューにちゃーしゅー飯があったのでそのボタンを連打することに。

取引先の精肉店が休業している所為なのか、ボタンを売切れ等にして肉増しは出来ないようになっていた。振り返り奥へ進むと、空いていたカウンター席に促されて、そこへ腰を下ろした。チケットを手渡す際に、味濃いめを希望して見ると可能だそうで、それならばとお願いすることに。

入口右手に神棚が設けられているこちらで、ふと見るとその直ぐ下にある縁起物の熊手が新年を迎えたこともあってか刷新されていた。なんと大入赤札の中央に笑顔が可愛い招き猫が手を合わせて拝んでおり、これはもうすでに恐るべしと言うしかなかった。

直前に麺を打つこちらで、小麦粉にカンスイを合わせて木製の太い棒で麺帯状にしてそれを麺状に切り上げて行くもの。程なく到着。

shichisai210

shichisai211

shichisai212

shichisai213

shichisai214

shichisai215

それではと行かせて貰えば、縦横無尽に素晴らしい絶大なる味わいが実にたまらないもの。そのカエシは埼玉坂戸の弓削多醤油と、小豆島のヤマロク醤油にもう1種類の醤油をブレンドして仕上げたものだそう。

どこまでもシンプルで、そしてどこまでも素直に素材の魅力を引き出してやれば、余計な仕事はいらないと掲げられた蘊蓄ボードの通りで、無添加・無化調・自家製麺だからこそ感じられる壮大な浪漫のように感じられた。

深紫色に赤茶がかった至極色とも言えるその鶏清湯醤油から解き放たれるオーラは、神秘な光の束となって幻想的な交響楽を耳元に届けて来るようだった。

鶏食材は、九州産らしい引き締まった肉質である種鶏の丸鶏を、メインに利用しているそうだ。煮干しの穏やかな持ち味がそこにクロスして、しみじみとした風情を造作していた。

shichisai216

shichisai217

豚バラ肉と豚モモ肉が1枚ずつ横たわるチャーシューに素敵な色合いの半熟玉子の持ち味もなかなかで、サイドメニューのちゃーしゅー飯も号泣ものでそれだけに気がつけば完食だった。

いや、一意専心・堅忍不抜・剛毅果断・意気衝天・百花繚乱・光彩陸離・威風堂々・公明正大・気韻生動・英華発外の素晴らしさ。そして、上下一心・品行方正・空前絶後・号泣喝采・当代無双・至大至高・一心不乱・終始一貫・最上無二・英明果敢と言えるもの。

さらに、星河一天・絢爛華麗・絶妙可憐・切磋琢磨・天真爛漫・天衣無縫・清浄潔白・純真無垢・錦心繍口・山紫水明。続けて、拍手喝采・恐悦至極・感謝感激・感涙号泣・恍恍惚惚・光彩奪目・恐懼感激・感恩戴徳と言うしかなかった。

shichisai219

shichisai220

★ 麺や七彩 SHICHISAI 八丁堀店

※公式サイト~http://shichisai.com/
※公式ツィッター~https://twitter.com/ys0829ys1006
住所/東京都中央区八丁堀2-13-2 ドミノビル1階 TEL03-5566-9355 定休日/第3火曜日 営業時間/11:00~15:30LO中休17:30~22:30LO ※土日11:00~21:00LO
※アクセス
東京メトロ日比谷線八丁堀駅下車。A5出口から出て前方信号交差点を左折してその八重洲通りを100mほど進んだ八丁堀二丁目交差点手前の左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです