narutomenma01

遥かな表層は生々しいほどに爽やかなイージアンブルーに染まる青空が広がって、陽射しは夏の煌めきを想い起こさせるほど輝いていた、そんな気持ちだけ気温が上がった一月睦月も中盤間近な10日の休日火曜日だった。

ほとんどのラーメン店は年始明け営業が始まっていて、こちらもまた大晦日まで営業した後に三日まで年始休業だったらしく、すでに四日から営業を再開したようだ。

一度見たら忘れられないインパクトある店名に、ネットでの評判も良かっただけに気になるところとなっていて、もう一軒とセットにして本日こそと出掛けて見ることにした。

そんなこちらは2016年12月12日東急東横線元住吉駅界隈にオープンしたばかりの新店で、ウリは塩らーめんながら味噌らーめんも提供メニューにラインナップしているそうだ。

narutomenma02

narutomenma03

そんなわけで市川に出て、そこから横須賀線直通快速電車に乗車。久しぶり武蔵小杉で下車し、長い連絡通路を利用して東急東横線目黒線ホームへ。

目黒線の各駅停車が程なく入線して来て、それに一駅だけ乗って元住吉駅で下車。改札口を右手の東口側に出て、階段を降りたらそのまま前方のガード下道路を歩いて行く。

頭の上から電車が勢い良く通過する音が聞こえて来た頃、その100mほど先にある右路地が在り、その路地を入ってさらに先へ急ぐ。

道なりに200mほど進んだ頃だろうか、左側に単行本の活字がイメージ出来そうな見易い店名ロゴと洗練されたマークが掲げられたこちらが風情も良く佇んでいた。

narutomenma04

narutomenma05

さっそく入店して行くと右手に券売機が設置されていて、その前にさりげなく立つと店主の快活で爽やかな掛け声に迎えられた。

先述した味噌らーめんが気になりながらもイチ押しが塩ならばとなるもので、そこは迷うことなく特製塩のボタンを選ぶことにした。

振り返り店主の前のカウンター席に腰掛けながらチケットを手渡すと、ランチサービスとして麺大盛かチャーシュー1枚が無料サービスであることを教えてくれた。

この後でもう一軒訪ねる予定だけに、そこはチャーシューをお願いすることに。ちなみにラーメンの麺量は、並盛が150gで大盛は225gのようだった。

narutomenma06

narutomenma07

株式会社力の源カンパニーが運営している博多一風堂の東京進出1号店として知られる1995年にオープンした恵比寿店で2年ほど修業経験がある店主だそう。

夜はセカンドブランドとなって「ナルトもメンマもあるけれど。」として営業し、文字通り具材にナルトとメンマを乗せた醤油らーめんを提供しているそうだ。

奥田民生さんの大ファンであるらしく、そんなところから奥田さんがユニコーンに提供した楽曲である、「車も電話もないけれど」からヒントを得て発想した店名だそう。程なく到着。

narutomenma08

narutomenma09

中央に垂らされチャーシューの隅にある赤いタレは、韓国唐辛子・清涼感高いハーブ・エキストラバージンオリーブオイル・太白胡麻油・鰹節粉末によるものだそう。

特製具材として、チャーシュー2枚に玉子1コと海苔3枚、さらにトマトとシイタケの炒めものが添えられていた。

これにデフォルト具材の刻みねぎと千切りピーマンにフライドオニオンがあしらわれて、もはやメンマとナルトも置くスペースは残されていなかった。

ここ最近は淡麗系清湯醤油が流行傾向にあるだけに、一時は存亡の危機を感じるほどだったが、自然回帰とばかりにかなり盛り返して来たメンマとナルトと言えた。

narutomenma10

narutomenma11

narutomenma12

narutomenma13

ともあれそれではと行かせて貰えば、すっきりした風合いながらしみじみとした何とも言えない、味わい深い持ち味が実にたまらないもの。

鶏ガラ・鶏節に数種類の野菜と豚挽き肉・鰹節も利用したスープらしく、その芳醇なスープを絡める麺は麺屋棣鄂謹製だそうでその中細ストレートがこれまた良かった。

なるほど直ぐ傍にその運営企業である瑞穂食品工業の段ボール箱が見えた。麺屋棣鄂は企業名でなく屋号であり、その創業は昭和6年で現在は実父の二代目から受け継いだ知見芳典氏が三代目当主として製麺業を営んでいる。

国産豚の肩ロース肉を炭の遠赤外線で焼き上げた、そんな低温調理チャーシューは大号泣するしかなかった。そんな蘊蓄にカエシはどんなだろうとその案内を見ると、秘蔵中の秘蔵らしく墓場まで持って行く旨が記述されていて、既に恐るべしと言うよりここで恐るべしと言うしかなかった。

オリーブ香味油仕様の赤ダレが垂らされていて一風堂赤丸新味を彷彿とするもので、それにしても実に素晴らしい美味しさでそれだけに気がつけば完食だった。

ナルトもメンマもないけれど、そこには店主のラーメン愛に満ちた、そんな新進気鋭の素敵な中華そばが提供されていた。

いや、一心不乱・終始一貫・剛毅果断・意気衝天・謹厳実直・質実剛健・闘志満々・意気軒昴・虚心坦懐・一所懸命の素晴らしさ。そして、絶妙可憐・切磋琢磨・天真爛漫・天衣無縫・拍手喝采・恐悦至極・恍恍惚惚・光彩奪目・驚心動魄・感慨無量と言えた。

narutomenma14

narutomenma15

★ ナルトもメンマもないけれど。

※公式ツィッター~https://twitter.com/tfXE1mQmwR7qozg
住所/神奈川県川崎市中原区木月住吉町4-19 フローラルヤエザワ1階 TEL044-920-9468 営業日/土曜・日曜のみ営業 営業時間/11:00~15:00 ラーメン麺量/並盛150g・大盛225g
※アクセス
東急東横線・目黒線元住吉駅下車。改札口前方を右手の東口側に出て、階段を降りたらそのまま前方のガード下道路を歩いて行く。100mほど先にある右路地を入り、道なりに200mほど進んだ左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです